カイロプラクティック&オステオパシー研究会

H29.8.27『胸部の矯正、ほぐし、テーピング』(広島)レポート

総合テーマ「実技を中心に矯正、ほぐし、テーピングを反復練習」 講師:山根寛治 山根接骨院 院長 第3回目「上肢のモーションパルペーション、ほぐし、テーピング」 肩、肘、手関節の関節の動きの見分け方とほぐし、テーピングの練…

Continue reading

H29.7.9 『脊柱部 復習及び頸椎・肩甲骨部(検査法及び矯正法) 』(大阪)レポート

岡村先生による講義も、今回で4回目です。 念入りな復習からスタートしました。    下肢長分析の講義および実技では、各部位を検査し、下肢の長さの差異を確認し、 それぞれの矯正に必要な矯正について説明がありました。    …

Continue reading

H29.7.23『胸部の矯正、ほぐし、テーピング』(広島)レポート

  総合テーマ「実技を中心に矯正、ほぐし、テーピングを反復練習」講師:山根寛治 山根接骨院 院長 第2回目「胸部の矯正、ほぐし、テーピング」胸部、頸部の矯正とほぐし、テーピングの練習(チェスタードロップ、クロス…

Continue reading

H29.6.18『簡単な検査法と腰部の矯正、ほぐし、テーピング』(広島)レポート

  “実技を中心に矯正、ほぐし、テーピングを反復練習”を大テーマに掲げ、 第1回目の講習会が行われました。            山根先生の明るい雰囲気に受講者もリラックスしながら、 「とにかく実技あ…

Continue reading

H29.6.11 『脊柱部 復習及び腰椎・胸椎・肋骨部(検査法及び矯正法) 』(大阪)レポート

H29.6.11 『脊柱部 復習及び腰椎・胸椎・肋骨部(検査法及び矯正法) 』(大阪)レポート

  3回目となる今回は、アクティベーターガンについて(正しい持ち方・メンテナンス方法・使用方法)と下肢長検査方法を中心に講義が進みました。下肢長検査方法では講師が実演し、受講者はテキストを片手に熱心に話を聞かれ…

Continue reading

H29.5.14『骨盤部 復習及び骨盤部(アイソレーション・長短のルール説明及び検査法・矯正法)』(大阪)レポート

2回目の今回は、前回(脚部)の復習と骨盤部のアイソレーションテストと長短のルール説明及び検査法・矯正法でした。           可動域検査や可動痛…

Continue reading

H29.4.9『脚部 概論・レッグチェック・脚部(プレッシャーテスティング説明及び矯正法)』(大阪)レポート

10回コースの前半5回は、アクティベーター・メソッドです。 初回は、概論ということで座学中心の講習で受講者たちは集中して受講されていました。      座学では、「アクティベーターベーシック」のテキストを用いて講習が始ま…

Continue reading

H29.3.12『足部・膝部の見方とアプローチ方法』(大阪)レポート

H29.3.12『足部・膝部の見方とアプローチ方法』(大阪)レポート

全10回の最終回は「足部・膝部の見方とアプローチ方法」をテーマに、前回までのおさらいも含めて講義が始まりました。 解剖学の本や骨模型を使用して関節の動きや筋肉などを詳細に説明されました。 講師は手の指での押さえ方や動きの…

Continue reading

H29.2.12『上部頸椎の評価とアプローチ方法』(大阪)レポート

H29.2.12『上部頸椎の評価とアプローチ方法』(大阪)レポート

前回に引き続き上部頸椎についての講義でした。 まず、解剖学の書籍を用いて、後頭部・顔・胸部の筋肉の解説と手技方法を説明後、受講者同士で実技の練習に入りました。 お互いの実技に対して確認し合い、その手技について意見交換をし…

Continue reading

H29.1.15『上部頸椎の評価とアプローチ方法』(大阪) レポート

H29.1.15『上部頸椎の評価とアプローチ方法』(大阪) レポート

「上部頸椎の評価とアプローチ方法」の講義として頸椎全体の屈曲伸展、頸椎全体の回旋、頸椎全体の側屈についての座学、その後に講師のデモンストレーションが ありましたが、合間に骨模型や解剖学の本を使った解説が入り、丁寧でとても…

Continue reading