返戻レセプトを再提出する基本的なルールについて

【返戻付箋】が添付された返戻レセプトに二重線で訂正(訂正印を押印)して再請求することが原則です。

新たにレセプトを作り直すと、保険者は再請求分なのか、以前のものが提出漏れで、追加提出されたものか区別ができません。

【返戻付箋】のない返戻レセプトを再提出した場合も不備内容が訂正されているか確認できないことから提出しても再度、返戻されることもあります。

ただし訂正印が多くなり訂正内容が分かりづらくなる場合などは、一概に言えません。
保険者によっては、「新しいレセプト(再作成)と【返戻付箋】が添付された返戻レセプトも一緒に提出してください」と言われるところもあります。

全国柔整鍼灸協同組合




1月
【業界】 厚生労働省より平成27年度の療養費の推計を公表。
    柔道整復は年間3,789億円、対前年比より0.9%減と4年連続マイナスの伸び率
    となりました。一方、鍼灸は394億円(+3.6%)・マッサージは700億円(+4.4%)と増
    加する傾向となる。
【全柔協】1/20理事会報開催 今後の実務経験に関する通知内容や専門委員会で協議
    される予定の亜急性問題について対策を報告。

2月
【業界】 2/26鍼灸あんまマッサージ師国家試験の開催。
12.21.3.gif
【全柔協】阪奈和支部会、中国・四国合同支部会開催。

3月
【業界】 3/4柔道整復師国家試験の開催。
【全柔協】3/4柔整国家試験会場で回答速報が確認できるポケットティッシュ配布。
【通知】 柔整国家試験の合格率が58.4%になり(合格者数3.690名)昨年より低下。

4月
【業界】 平成30年施術管理者の用件である『実務経験』と『研修』制度が開始。
【業界】 鍼灸師の機能訓練指導員への適応開始へ(一定の要件あり)
【全柔協】4/8 (日)第15回柔道整復の日記念イベントの開催(梅田クリスタホール)
           河野通明先生による『サイクルロードレースにチャレンジ』、杉山仁美先生によ
    る『しっかり食べて健康ダイエット』の特別講演会を開催。
    その他は手作り体験コーナーを設けるなどしてたくさんの方に来ていただきまし
    た。
【全柔協】春の開業セミナーを実施。

5月
【通知】   5/24付 厚生労働省通知より、療養費支給対象について留意事項の改定がなされ
    る。『急性および亜急性』が削除され『外傷性』の文言が追加。
【業界】  厚生労働省より「第1回広告ガイドラインを決めるための検討会を開催。
【全柔協】5月27日(日)全柔協会館にて通常総代会を開催。

6月
 ※大阪北部地震の発生、多くの交通網に多大な影響が出た。
【通知】6/12付 療養費検討委員会にてあはき受領委任取扱い開始に伴う詳細な取扱規定
    が出され本格的に開始する運びとなる。
【業界】療養費料金改定により0.32%UP、柔整再検料400円に! 
【全柔協】受領委任開始に伴う案内を組合員へ通知を開始。

7月
【業界】施術管理者用件である2日間の研修が全国で開始。
【全柔協】理事会にて豪雨による災害見舞金について検討がなされる。

8月
【業界】8/9付 厚生労働省が柔整の擬義解釈資料について発出しました。
【全柔協】8/25(土)あはき受領委任制度の開始に伴い、あはき受領委任講習会を開催。

9月
 ※台風21号が関西を直撃し、多大な影響を受けることとなりました。
【全柔協】阪奈和支部会、北海道・東北支部会を開催。

10月
【業界】鍼灸マッサージの同意書の取扱い方法の変更。
    再同意は口頭での同意が不可となり、同意書の添付が義務化となりました。
    一方で、施術報告書交付料を請求できるようになりました。
【全柔協】関東・甲信越支部会を開催。秋の開業セミナーを実施。

11月
【業界】第4回 柔整師・あはき師等の広告検討会が実施。
【全柔協】京滋福支部会、九州・沖縄支部会を開催。
【全柔協】『大阪マラソン2018 』 医療ボランティアを行う。

12月
【業界】12/17付 柔整審査会における柔道整復師への面接確認について発出される
【全柔協】中部支部会を開催。
     札幌青葉、名古屋トライデントの生徒へ向けて、業団説明会を開催。
     

平成30年12月7日(金)名古屋市のトライデントスポーツ医療専門学校の柔道整復師科で春、国家試験を受験される3年生に向けて全柔協の業団説明会を行いました。

担当させていただいたのは、全柔協・事務局長代理の塚原康夫で、平成医療学園の教員も兼務しています。

tsukahara.png


今回の説明会は、教員の立場と業団の立場も踏まえ、国家資格取得後、医療人として患者さんとの向き合い方を授業形式でおこないました。
また保険請求する場合はちょっとした心得で不正請求にもなり、正しい請求にもなることを先輩施術者の立場からお伝えしました。

平成31年4月から
トライデントスポーツ医療看護専門学校
            ↓
変更になります。

全国柔整鍼灸協同組合



施術管理者の柔道整復師の皆さんは、レセプト請求に あたり3部位以上の請求に負傷原因の記載が必要なことは ご存知だと思います。 
ただし3部位以上の請求にもかかわらず、負傷原因が不要な例が1つあります。 

【療養費の支給基準】では、負傷原因の記載について
【3部位目を所定料金の 100 分の 60 に相当する金額により 算定することとなる場合は、すべての負傷名にかかる具体的な負傷の原因を申請書の「負傷の原因」欄に記載すること】
となっています。 

「100 分の 60 に相当する金額」とは何か?
100 分の 60 に相当する金額は3部位目の多部位逓減を意味します。 多部位逓減は3部位目に後療、冷罨法、温罨法、電療を 算定する場合にかかります。 
初回処置料(施療料・整復料・固定料) には逓減は かかりません。 

以下は3部位でも負傷原因が不要な事例です。
 「負傷部位数」=3部位、「負傷日」=1月29日、 「初検日」=1月31日で1月の通院日が1回しかない場合 です。 
ちなみに冷罨法の算定は負傷日が初検日の前日もしくは 当日です。 この例では2日前の負傷日になりますので冷罨法の算定は できません。 
また温罨法、電療は負傷日より6日目よりの算定となります。 

結論
この例では3部位目の逓減をかける対象の後療、冷罨法、温罨法、電療の算定がありません。 よってレセプトに負傷原因の記載は不要となります。 こちらのケースは月末の最終日の初検の患者さんに起きやすいですね。

全国柔整鍼灸協同組合
今年も残すところ1ヶ月をきりました。
今年は柔整・鍼灸マともに制度改正があり、多くの業界情報であふれました。
業界情報を追うにも、理解するにも一苦労したところです。

そこで今回のブログでは、今年の業界情報をおさらいするため
柔整・あはき業界情報」 「整骨院保険請求豆知識」 「整骨院経営のヒント」
  の項目別にアクセス数の多かった人気ブログ記事をご紹介します。

年末のお時間があるときゆっくり見ていってくださいね。

【 柔整・あはき業界情報 】



【 整骨院保険請求豆知識 】



【 整骨院経営のヒント 】
4.jpgのサムネール画像




11月4日(日)11:00~「デザイン事務所が提案するこれからの整骨院づくり ~内外装のブランディングの方法と意識改革~」セミナーを全柔協購買部(セラピ株式会社)主催で開催しました。

近年、整骨院の保険請求は保険財政の悪化と整骨院の
増加により競争が激化、保険請求だけだと経営が厳しい環境下にあります。

そこで整骨院業界の課題は自費施術導入です。

自費導入する上で「清潔感のあるオシャレで入りやすい整骨院」患者さんから支持されています。

すでに実践し成功している美容業界、歯科業界の実例を示しながら、デザイナーの立場から新たな整骨院造りの提案をいただきました。

sanada.png
  1.  ブランディングとは          
  2.  消費者は見た目で判断する
  3.  集客力の高い店舗をつくるには
  4.  ブランディングの方法
  5.  店舗作りとコストのかけ方
  6.  SNSやHPの活用
  7.  まとめ

・消費者は見た目で判断する

・消費者を動かせるには高揚感と優越感 

・「ブランド」を明確にする

・トータルコーディネートでブランディング

・店舗の見栄えは技術料に直結します

・公示コストは多い少ないではなくメリハリ

・「見えるか」して自ら発信していく

・新規、既存問わずアプローチし続ける

これらのテーマでご説明いただきました。

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!

【講師】

デザイン事務所 Atelier Clapet(アトリエ クラペ) 代表 眞田貴司 


全国柔整鍼灸協同組合



11月4日(日) 13:00~

全柔協大阪事務所では「 秋の整骨院開業セミナー」を開催しました。

秋の晴天のお出かけ日和、整骨院開業セミナーに多くの先生方がご参加いただきました。

ご参加いただきました先生方、ありがとうございます。

今年、4月より「施術管理者の要件」が変更になり整骨院開業できる環境が大きく変化しました。

秋の整骨院開業セミナーでは、この様な環境の変化をとらえたタイムリーな演題をご用意いたしました。

 

● 整骨院「柔整業界の現状」 全柔協営業推進係 杉本

→施術管理者の要件を徹底、解説

sugimoto.png


● 整骨院「開業タイムスケジュール&自費の取組み」セラピ株式会社 西村

→開業タイムスケジュール、ここがキーポイント&自費施術導入の成功事例紹介

nishimura.png


● 整骨院『効果のある広告と広告規制について』 全柔協広報係 濱野

→開業スタートダッシュを成功させる広告戦略の指南

hamano.png


● 整骨院開業前「事前準備&創業計画書の書き方」
      日本政策金融公庫大阪広域営業推進室村山様

→融資担当者はここを見ている、融資の最重要ポイントの解説

kouko.png

整骨院開業セミナー参加された方に、お配りした資料です。
DSC06537.JPGのサムネール画像

協賛いただきました医療機器メーカー様の展示・体験コーナー

DSC06550.JPGのサムネール画像

11月18日(日) 整骨院開業セミナー開催!
仙台会場
広島会場
好評につき、お申込みお待ちしております。


あなたの身だしなみ、それでOK?整骨院の第一印象アップ大作戦

◆「身だしなみ」よりも「技術」が大事?

柔整師・鍼灸師の方の中には

「何よりも技術が大事。
技術があれば患者さんが喜び、また来院してくれる」

と考えて、ケガや痛みの改善のために技術の向上を目指し
患者さんのため日々邁進している方が
多いのではないでしょうか。

患者さんにとって技術と同じくらい大事なのが
施術者やスタッフの「第一印象」です。

もちろん患者さんを治す技術がないと話が始まりません。

ところが、その技術を使って施術するまでに

患者さんは「第一印象」であなたやスタッフを
どのような人なのか判断しています。

たとえ腕がよくても「第一印象」が悪ければ
2度と来院しなくなる可能性が高くなります。

その第一印象を決める「身だしなみ」が
治療院選びの大切なポイントになっていることを知り、
今すぐ改善できるところから行っていきましょう。

【▽詳細はこちら】
https://www.zenjukyo.gr.jp/koukoku/impression

9ae98d5b7e1778007a622d2c2bf51138_s.jpgのサムネール画像

平成30年6月1日に柔道整復療養費の改定が実施され、「亜急性」の文言が整理されました。

300524tuuti.png

 

改定前は、 「急性又は亜急性の外傷性」と記載されていますが、改定後は 「外傷性が明らかな」 という文言に代わっています。

このことにつきまして、30年8月9日付で厚労省保険局医療課より発出された事務連絡の疑義解釈で、以下のように答えられています。

【留意事項通知関係】 (問15)

(問15)「亜急性」の文言が整理されたが、療養費の支給対象の範囲が変更になったのか。

(答)療養費の支給対象の範囲の変更はない。

*************

上記のことから、今までと取扱いは変わりはありません。ただし(注)に負傷原因は、いつ、どこで、どうして負傷したを施術録に記載しなければならない。と補足されています。

全国柔整鍼灸協同組合

今や整骨院のPRにホームページは欠かせません。

ホームページを掲載する以上、Googleの検索結果の上位に表示されたいものです。

今年の8月より、Googleのコアアルゴリズムと呼ばれるものが変更されました。

その結果、今までGoogleの検索で上位に表示されていたのに、急に上位表示されなくなったとお話をお聞きします。

それは一部、Googleのコアアルゴリズムの変更によるものと思われます。それでは再び、上位に表示される対策は・・・・

こちらの対策につきまして、全柔協購買部(セラピ株式会社)のブログでご紹介させていただている内容が好評を得ています。

とても分かりやすい内容ですのでリンクしてご案内します。

goole.png


全国柔整鍼灸協同組合


全国柔整鍼灸協同組合

全国柔整鍼灸協同組合

資料請求・お問い合わせ

全国柔整鍼灸協同組合
東北事務所 TEL024-991-0032
東京事務所 TEL03-5745-9030
大阪事務所 TEL06-6315-5550
広島事務所 TEL082-236-9696
福岡事務所 TEL092-418-2200
【開業相談会】
【お問い合わせ】
【資料請求無料】

アーカイブ