【開業レシピ】 成功できる治療院場所の選定!!

今回は、『開業場所の選定のポイント』です。整骨院も立地産業!!

前回、開業太郎さんは、掘り出しものの物件を見つけました。
見つけた物件は、駅前で人通りも多い物件です。
では、この物件は果たして良い物件なのか?

intyo2.gif成功する整骨院経営をするために、開業場所や物件を選定するのにあたり重要なポイントが3つあります。
Q1 どんな場所を選んだらいい?
Q2 コンセプト(施術方針)から開業場所を選ぶには?
Q3 物件の選定ポイントは?


まずは
Q1 どんな場所を選んだらいいの?

A1 開業場所の決定は非常に重要です。
立地条件や自宅からの通勤距離等を考慮しながら、もっとも有益だと思える場所を探してみたいものです。例えば、駅前、商店街、オフィス街、住宅街などの立地によっての特徴やどのような施術技術を提供できるのかイメージしてみましょう。
  
⦅立地別の特徴⦆
【駅前】      
1.乗降客が多い特急、急行が停車する駅前
→遠方からの集患を見込めるので実費の比率を高める事が可能ですが、同業・類似業者(整体、カイロ、リラクゼーション)も多くなります。

2.普通電車が停車する駅前
→地元密着Ⅰ型
住宅地に程近い立地が多いため、幅広い患者層をターゲットにすることができます。このような場合はテナントが少ないので、こまめに空き状況を把握する必要があります。
   

【商店街】
1.大きな商店街
→実費の比率が高く遠方からの集患も見込めます。買い物のついでに家族の通院治療が出来るので、同家族内の患者を増やすことが可能になります。ただしテナント賃料が高くなる傾向があります。

2.地域の商店街
→地元密着Ⅱ型
子供から高齢者まで永く地域の患者に愛される施術所を目指すことが出来ます。最近では、テナント料が手ごろの為、同業者が多く出院しています。

【オフィス街】平日の
集患 
職場の近隣で利便性が高く、昼間や帰宅時に通院しやすい立地なら集患が期待できる。比較的、実費施術の要望が強い患者が多い。

【ロードサイド】
幹線道路(ファミレス、コンビニ等)
→車での移動を主とする集患
インパクトが高く、治療院と患者の利害が一致すれば予想以上の集患が可能です。その反面、運転に集中しなければならない場所では、治療院の存在に気付かないこともあります。

【住宅街】
一戸建て住宅
→幅広い年齢層の集患
メリットとしては駅前より家賃を抑えることが出来ます。反対にデメリットとしては、住宅地に該当する物件のため、地域以外の患者に知っていただく工夫が必要になります。

集合住宅店
→主に高齢者の集患
限られたテナント数しか存在しないので、借りることが出来れば集患が見込めます。その反面、高齢者が多いので実費の割合が低くなります。

気になるエリアがありましたら、一度、商圏を分析してみましょう。

♪ ♪ ♪ 分析のポイント ♪ ♪ ♪
人口分布(世代別)
昼夜間の人口差
ターゲットとする患者層の確認(性別・高齢者・運動部学生)
最寄り駅、バス停の確認 
行政区、学区の確認
信号、大通り、高架、河川、橋の確認
スーパー・郵便局・銀行・役所など施設の確認

                26.12-1.gif


人口分布は市役所、図書館など調べることもできます。また駅やバスの乗降客は鉄道会社、バス会社に聞いてみましょう。

全柔協では、専門業者が分析する市場圏調査表をご相談いただいた方に無償で作成させていただいております。

 
Q2 コンセプト(施術方針)から開業場所を選ぶには?

A2 まずコンセプト(施術方針)を決めます。
ご自身が得意とする技術が生かされる場所をイメージしてみてください。

⦅コンセプト別から探すポイント⦆
  • 高齢者をターゲットに保険を中心にしたい→住宅街、集合住宅
  • 保険をメインとし自費も積極的に取り入れたい→駅前、商店街
  • 自費をメインとし一部保険も取扱い→大きな駅前、オフィス街
  • スポーツ外傷 → 通学路 

Q3 物件の選定ポイントは?

A3 立地・物件選定は、理想と現実が複雑に絡み合い悩まれる方が多いのでは...。結果的には、意外と身近な理由での動機が多くなっているのが現実だと思われます。

★物件選定のポイント
理想のレイアウトは可能か
資金的に無理のない物件か(家賃、保証金)
tenpo17.gif 視認しやすいロケーションか
駐車場、駐輪場の確保ができるか
近隣の医療機関、整骨院の所在は確認できているか。
通院の利便性があるか
近隣の理解が得られるか

                          


やはり理想の物件との出会いはそう簡単に訪れませんが、そこは、創意工夫です。

不利と思われる立地や物件の場合は、それを補う工夫ができるかが重要です。
仮に、同じビルでも1階と6階では、大きく賃料が異なります。
1階の路面店は視認性も高く、宣伝広告費も少なくてすみます。
逆に6階は、同じ集患をしようとすると宣伝広告を大量に投入しなければなりません。

そこで考え方として、6階の物件は集患数という数字でなく、客単価を高くする工夫が必要となります。それは施術技術であったり、きめ細やかな接遇であったりと様々な方法があります。

開業場所・物件選定は、施術コンセプト、立地、物件の条件などパズルを当てはめるように難しいものです。

整骨院の開業場所選定にあたり、迷ったら一度相談することも大切です。相談して色々な問題点のアドバイスを受けることで、不利な点もメリットへとつながります。

【お問い合わせ・ご相談】

(整骨院開業・分院開業・団体変更等) 
入会、開業に関するお問い合わせ、ご相談等、何でもお気軽にお問い合わせください。

全国柔整鍼灸協同組合
営業推進係 担当 杉本・川島
TEL06-6315-5550
無料開業相談

siryo.gif
★全柔協では 整骨院開業・経営支援 無料メルマガを配信中♪
⇒ 『治療院経営・開業デジタル読本』登録



【関連記事】

全国柔整鍼灸協同組合


全国柔整鍼灸協同組合

全国柔整鍼灸協同組合

資料請求・お問い合わせ

全国柔整鍼灸協同組合
東北事務所 TEL024-991-0032
東京事務所 TEL03-5745-9030
大阪事務所 TEL06-6315-5550
広島事務所 TEL082-236-9696
福岡事務所 TEL092-418-2200
【開業相談会】
【お問い合わせ】
【資料請求無料】

アーカイブ