柔整・鍼灸豆知識 負傷原因の記載を具体的にどう書いたらいいのか

★知っているようで知らなかった保険請求のルール

Q.負傷原因の記載を具体的にどう書いたらいいのか?

A.
療養費支給申請書の中で文章を記載する代表的なものの一つが負傷原因です。その負傷原因記載は、『平成22年9月施術分から受領委任の取扱規定により3部位目を所定料金の100分70(現在は100分60)に相当する金額により算定することとなる場合は、全ての負傷名にかかる具体的な負傷の原因を記載すること』となっています。負傷原因が詳細でなかったり、負傷部位から見て負傷原因が不自然であるものは疑義を持たれてしまいます。

例えば......

(例1)どのように負傷したかが不自然4.1.gif

左膝関節捻挫
×「公園で散歩をしていて足を踏ん張り捻り負傷」
「公園で散歩をしていて石に躓き踏ん張った際に膝を捻り負傷」


頚椎捻挫

×「自宅にてドアにぶつかり負傷」

「自宅にてドアにぶつかった際、反動で体が反り返り首を負傷」

必要かつ十分な記載をし、あいまいな表現にならないように注意してください。

  

(例2)疲労や筋肉痛を疑う内容 
右膝関節捻挫
×「長時間歩いた時、急に痛くなり負傷」
         

腰椎捻挫
× 「マラソンの練習中に負傷」


→この場合は、具体的な理由の記載もなく疲労を疑う内容のため、療養費の支給対象外の請求内容になります。また、負傷原因に「電車で~」「仕事中~」の記載があれば通勤災害や労災と判断されます。

では、具体的な負傷原因とは、どのようなものなのでしょうか?

(例)
左手関節捻挫
4.1.1.gif
「私用で自転車に乗って買い物に行く途中、縁石に乗り上げ転倒し手をつ い
際に負傷」
臀部打撲

「自宅で階段を踏み外し尻餅をつき負傷」   

左足関節捻挫
「学校でサッカーの部活中、ボールを強くキックしたときに軸足に負荷が加わり負傷」 

★ポイント
負傷原因は、保険者等での確認が容易になるように「どこで、どうして、どうなったか」など、負傷に至った状況が分かるような記載が必要です。 


slide0106.jpg


【お問い合わせ・ご相談】(整骨院開業・分院開業・団体変更等)
全国柔整鍼灸協同組合 営業推進係
 担当 杉本・川島・松永

TEL06-6315-5550  無料開業相談

siryo.gif  
入会、開業に関するお問い合わせ、ご相談等、何でもお気軽にお問い合わせください。




【関連記事】

全国柔整鍼灸協同組合


全国柔整鍼灸協同組合

全国柔整鍼灸協同組合

資料請求・お問い合わせ

全国柔整鍼灸協同組合
東北事務所 TEL024-991-0032
東京事務所 TEL03-5745-9030
大阪事務所 TEL06-6315-5550
広島事務所 TEL082-236-9696
福岡事務所 TEL092-418-2200
【開業相談会】
【お問い合わせ】
【資料請求無料】

アーカイブ