柔整・鍼灸豆知識  交通事故で健康保険って使えるの??

交通事故で健康保険って使えるの??  
10.13.1.gif
    
使用可能です。健康保険使用は、患者から申し出があればお断りすることはできません。

交通事故で負傷した場合、基本的には加害者側が負担するべきものですが、健康保険を使用して治療を受けることが可能です。後日、加害者側に請求されるので、健康保険としては、一旦立て替えるという形になります。
ただし、健康保険を使うには、手続きが必要となります。加入されている健康保険に「第三者行為による負傷届」の提出をしなければなりませんので、患者から、健康保険で交通事故の治療を受けたいと希望された場合は、届け出をされたか確認をしてください。

健康保険を使用した施術の多くは下記の場合になります。
・交通事故の加害者
・過失割合が大きい場合
・自賠責の上限120万を超えている(超えそうである)
・自損事故


第三者行為による傷病届はどこで手に入れられるの?
患者ご自身の加入されている健康保険組合にあります。
健康保険組合から取り寄せてください。患者自身でご用意していただくのは、「交通事故証明書」になります。もし、警察の届け出を物損事故扱いや事故の届け出をしていない場合は、「人身事故証明書入手不能理由書」の提出が「交通事故証明書」の代わりになります。

届出に必要な書類
・第三者行為による傷病届
・負傷原因報告書
・事故発生状況報告書
・念書
・同意書
その他、保険者によって必要な書類がある場合もあります。


10.13.gif
※自損事故(単独事故)を起こされた際も手続きをする必要がありますので、問診時に患者から聞いた場合は、提出していただくようにお伝えください。

全国柔整鍼灸協同組合
                 

          


【関連記事】


全国柔整鍼灸協同組合


全国柔整鍼灸協同組合

全国柔整鍼灸協同組合

資料請求・お問い合わせ

全国柔整鍼灸協同組合
東北事務所 TEL024-991-0032
東京事務所 TEL03-5745-9030
大阪事務所 TEL06-6315-5550
広島事務所 TEL082-236-9696
福岡事務所 TEL092-418-2200
【開業相談会】
【お問い合わせ】
【資料請求無料】

アーカイブ