保存版!個人開業と法人開業の違い!

整骨院を開業するとき、個人で開業しますか? 法人を設立して開業しますか?

「違いがよくわからない」といった意見をよく耳にします。
個人と法人とでは一体何が違うのでしょうか。
まずはお互いの違いを早見表で確認しましょう!


個人と法人の比較早見表

個人法人
開業・設立手続き開業届提出(0円)定款作成・登記必要(10~30万)
事業の廃止廃業届け提出解散登記(数十万)
税金所得税(累進課税)法人税(一律)
経費経費の範囲狭い経費の範囲広い(経営者への給料や保険料等)
赤字繰越3年9年
信用低い高い
会計個人で簡単な確定申告法人決算書・申告(税理士に依頼)
生命保険所得控除全額経費
社会保険なしあり



では、具体的に開業されている方がどうしているのか、気になりますよね。

全柔協の組合員の皆様の多くは、まず開業当初は費用が少なくてすむ個人事業主として開業し、事業拡大に伴い、法人化されるケースが多いです。

また、その切り替えの目安となるタイミング(売上)は大きくわけて二回あります。


①売上が500万円を超えたら
個人の場合、
所得税率が上がるためです。


②売上が1,000万円を超えたら
個人の場合、消費税の納税が必要になるためです。

※①②とも健康保険の売上は除外です。


他にも従業員が5人以上になったら等、判断基準は人それぞれですが、目安として参考にしていただければと思います。

今回は簡単に法人化について紹介していますが、実際はより複雑で専門的な知識が必要になります。また、法人化は個人では決して出来ませんので、お近くの税理士や行政書士に必ず相談してください。


089071.jpg




参考資料 個人事業主と法人の違い
https://www.zeiri4.com/c_4/h_50/


【お問い合わせ・ご相談】            

整骨院開業・分院開業・団体変更等) 
入会、開業に関するお問い合わせ、ご相談等、何でもお気軽にお問い合わせください。

全国柔整鍼灸協同組合
営業推進係 担当 杉本・川島
TEL06-6315-5550
無料開業相談

siryo.gif
★全柔協では 整骨院開業・経営支援 無料メルマガを配信中♪
⇒ 『治療院経営・開業デジタル読本』登録





【関連記事】
yubana.png siryo.gif

全国柔整鍼灸協同組合


全国柔整鍼灸協同組合

全国柔整鍼灸協同組合

資料請求・お問い合わせ

全国柔整鍼灸協同組合
東北事務所 TEL024-991-0032
東京事務所 TEL03-5745-9030
大阪事務所 TEL06-6315-5550
広島事務所 TEL082-236-9696
福岡事務所 TEL092-418-2200
【開業相談会】
【お問い合わせ】
【資料請求無料】

アーカイブ