【業界情報】平成31年1月1日~ 鍼灸マの受領委任制度が始まります!!

29.5.26.1.gif

6月12日に厚生労働省より「はり師、きゅう師及びあん摩マッサージ指圧師の施術に係る療養費に関する受領委任の取扱いについて」の通知が発出され、鍼灸マも柔整と同じく受領委任制度が設けられることになりました。

詳細については厚労省のホームページをご覧ください。

厚労省ホームページ


受領委任契約の取扱いは、柔整と同様に煩雑な書類の手続きが必要です。今回は、受領委任の申請についてお伝えします。

柔道整復師の方で、今後鍼灸マの免許取得を予定されている方、また、鍼灸マ師を雇用して併設される時に必要な事項になりますので、是非一読下さい。

<受領委任制度について>

参照:大阪府HP


鍼灸マの施術管理者について

・はり、きゅう・あん摩マッサージ指圧の施術について、それぞれの施術毎に施術管理者1人を配置する必要があります。また、1人の施術者で個々の施術管理者になることもできます。


取扱いについて

受領委任の取扱いをされる施術者は、地方厚生(支)局へ療養費の申出に関する書類一式を期日までに提出する必要があります。


平成31年1月1日から受領委任の取扱い希望 ➡平成30年7月2日から10月31日までの間に地方厚生(支)局へ申出に関する書類を一式を提出


平成31年1月4日以降に受領委任の取扱いを希望➡平成31年1月4日以降に随時地方厚生(支)局へ提出となります。

取扱いをする方は、期限内に必ず必要書類の届出をしなくてはなりません。


必要な書類

確約書 (受領委任の取扱規定を遵守することを確約するもの)

施術管理者選任等証明(施術所の開設者が施術管理者として選任したことを証明するもの)

療養費の受領委任の取扱いに係る申出(施術所の申出)

療養費の受領委任の取扱いに係る申出(同意書)施術所に勤務する他の施術者として施術管理者以外に受領委任の取扱規定を遵守することまた、その他規定の適用を受けることについて同意するもの)

療養費の受領委任の取扱いに係る届出事項の変更等(届出内容に変更があった際は変更の届出も必要です)

勤務形態確認票(複数管理又は複数勤務の場合)

・施術所開設届又は開設変更届

・鍼灸マの免許証の写し

・住民票(出張専門の施術者のみ)


上記の書類の提出が必要となり、少しでも遅れると取扱いが遅れてしまいますので、早めに手続きをしてください。

また、提出書類に不備などがあるときも手続きが遅れてしまいます。開設届の住所、氏名、電話番号など変更がないか確認しておくことが大切です。また、団体に加入の方は、所属団体を通して手続きをすることが主ですので、加入団体に確認してください。

soudan.gif


【お問い合わせ・ご相談】(整骨院開業・分院開業・団体変更等) 

入会、開業に関するお問い合わせ、ご相談等、何でもお気軽にお問い合わせください。

全国柔整鍼灸協同組合
営業推進係 担当 杉本・川島・堂園
TEL06-6315-5550
無料開業相談



【関連記事】

yubana.png siryo.gif

全国柔整鍼灸協同組合


全国柔整鍼灸協同組合

全国柔整鍼灸協同組合

資料請求・お問い合わせ

全国柔整鍼灸協同組合
東北事務所 TEL024-991-0032
東京事務所 TEL03-5745-9030
大阪事務所 TEL06-6315-5550
広島事務所 TEL082-236-9696
福岡事務所 TEL092-418-2200
【開業相談会】
【お問い合わせ】
【資料請求無料】

アーカイブ