【報告】☆ 軟部組織の評価と治療(広島事務所) ☆

☆ 軟部組織の評価と治療 ☆(広島会場) ('◇')ゞ
日時 : 平成30年8月19日(日) 13:00 ~ 16:00
講師:松本不二生 高野台松本クリニック院長

☆からだを駆使した手技療法(評価法から実際の治療まで)
☆軟部組織をきちんと評価するには
☆評価から治療の流れを実践的に(ハンズオンを中心に)
☆頚肩腕部痛・腰下肢痛などの症状へのアプローチ






今回の講習会のキーポイントは下記4項目
手技療法は全て軟部組織のストレッチである(急性期には痛みのない治療をする)
慢性期は手技療法(痛みがあっても良い)
どちらか迷ったら信号テスト
痛みを感じる部位より、原因となる部位を治療するのが原則

講師の実演と受講者の実技をふんだんに取り込んだ講習が行われ、
講師は各ベッドを回りながら受講者一人一人にアドバイスをされていました。

受講者の感想
・痛みの評価・関節の可動域の評価が参考になりました。
・講師の実技により、手技・検査法どちらも参考になりました。
・リハビリはネバーギブアップと言われたのが心に残った。
・「手技をしてはいけないと判断をするも治療のうち」という考え方。




今後の日程についてのお問い合わせ (^^)/~~~  
 ほねっしーは見た!
 ほら貴方の後ろに...
連絡先 : 広島事務所
〒732‐0052  広島市東区光町2‐8‐2 第1今井ビル101
TEL 082‐236‐9696 FAX 082‐236‐9698

  

アーカイブ