反響率だけではない!チラシを配布する3つの意味

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
おてがるチラシ

 

折込チラシの反響率は業種によって異なりますが、一般的に0.01~0.3%といわれています。整骨院の場合は、0.01~0.03%程です。つまり、チラシを10,000枚配布すると、1~3人から反響があるという計算になります。

10,000枚も配布したのに、たったの1~3人にしか興味を持ってもらえないのでは、折込チラシはほとんど意味がないと感じる人もいるかもしれませんが、決してそうではありません。

チラシには目に見える数字だけではない大きな3つ意味があるからです。

チラシを配布する3つの意味

1、地域の方へ向けての情報発信

患者さん2,000人に聞いたアンケートによると、治療院を選んだ決め手の50%が「自宅・職場から近い」という理由でした。チラシを配布するメリットの1つはズバリ地域に向けてピンポイントで情報を発信できるという点にあります。

予算を抑えたい場合は、チラシ配布エリアを施術所周辺に絞って配布することで、低予算でも効果的に宣伝することができます。

2、患者さんに知ってもらい、選ばれる整骨院になる

どんな良い院でも「名前も聞いたことがない整骨院」のままではなかなか患者さんに選んではもらえません。しかし、名前を知っている整骨院になれば、その後も集患が見込める可能性が飛躍的に高くなります。

心理効果の1つに「単純接触効果」と呼ばれているものがあり、人と人との関係は接触頻度によって親密度が増していくといわれています。これは体験や見聞きしたものすべてが対象となります。

受付さんや施術者が患者さんの顔を見て患者さんの名前を多く呼んだほうが親しみを持ってもらえるのと同じで、患者さんは「名前も聞いたことがない整骨院」と「名前を知っている整骨院」があれば、より親しみがある「名前を知っている整骨院」を選ぶのです。

つまり、集患に必要なのは、第一に「整骨院の存在を知ってもらうこと」、そして「患者さんに1度は整骨院に来てもらうこと」です。
チラシは、患者さんに選ばれる最初の一歩として、患者さんにとって名前を知っている整骨院になるための効果的なツールの1つなのです。

3、家族や友人からの紹介によって整骨院は選ばれる

患者さんへのアンケートで、整骨院に来院する患者さんの3人に1人は、家族や友人など、誰かに紹介されて整骨院に来院していることがわかっています。

患者さんに整骨院を気に入ってもらえれば、その患者さんが家族や友人に整骨院をすすめてくれるかもしれません。すすめられて来院したその家族や友人が、また友人や知人を紹介してくれれば、その口コミの輪はどこまでも広がり、さらに多くの集患が見込めるようになります。

10,000枚のチラシで来てくれたのが1~3人の患者さんだったとしても、その1~3人をスタートに、多くの集患に繋がる可能性は十分に広がっているのです。

チラシの配布によって得られるこの集患チャンスを無駄にしないために、1度来院したらまた相談したくなる院、誰かに紹介したくなる院にしておくことが大切です。そのためにも、普段から患者さんとの信頼関係を築くための土台をしっかりと作り、万全の状態で患者さんを迎えましょう。

チラシは地域に根付いた整骨院になるための最初の1歩

このように、チラシには単純な反響率以外にも、いくつもの大きな役割があります。
一時的に患者さんに来てもらうに留まらず、リピーターを増やし地域に根付いた整骨院になるための最初の1歩として、チラシはとても有効なツールです。

「過去に1度チラシを出したけどあまり反響がなかった」という方も、たった数回の反響に惑わされず、まずは患者さんに整骨院を知ってもらうために、上手にチラシを活用してください。

 

こちらの記事もお読みください

⇒  宣伝効果を最大限に発揮できるチラシの印刷枚数の決め方

⇒  チラシ配布の成功のカギは3回以上配布すること!

⇒ 新規の患者さんが整骨院を選ぶ3つのポイントとは

広告規制があっても整骨院の集患にチラシが有効な3つの理由

新患獲得のために「時間」と「広告費」を使っていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

手軽に整骨院のチラシを作成しませんか?

全柔協では、作成した8種類29パターンのデザインの中から、ご希望のものを選んでいただき、整骨院のチラシを作成する「おてがるチラシ」作成サービス(組合員限定)を行っています。

決まったデザインを使うことでコストと時間を大幅に削減できます!!
さらに、整骨院の基本的な情報をお送りいただくだけでOKなので、手軽にチラシを作れます!


おてがるチラシ

SNSでもご購読できます。