「個人の感想です」と書いても違法になる場合も

宣伝や広告でよく見る「※○○に限る」や「あくまで個人の感想です」という、いわゆる「打ち消し表示」について、消費者庁は表示されていても景品表示法違反になる可能性を公表しました。

例えば、打ち消し表示が

  • 文字が小さい
  • 背景との区別がつかない
  • 離れた場所にある
  • 専門用語
  • 明確でない

など、広告を見た人がきちんと認識できないと考えられる場合が挙げられています。

そもそもこうした「例外」や「条件」に気が付かなかったり、読まない割合が97%にもなる場合があることから公表された経緯があります。

具体例

  • 文字が小さい

  • 背景に溶け込んでいる

  • 書かれている場所が遠すぎる

  • 専門用語

  • 何についてなのかわからない

「体験談」や「声」でも要注意

体験談や患者の声などをウェブサイトや広告に使うことが効果的といわれますが、体験談を読んだ人は「だいたいの人に効果がある」と思いがちです。
ですから「あくまで個人の感想です」といった文言を載せていたとしても、読みにくい大きさや場所では違法になる可能性があります。
また、体験談から良い印象の部分しか見られないようにしたり、内容にウソ・大げさな表現がある場合は違法性が高いです。
そして効果のない人が多数になる場合、「個人の感想です」と書かれていても違法になる場合もあります。

体験談や患者の声で誤解を与えないようにするには、全体数、同じような効果があった割合、効果がなかった割合などをわかりやすく表示する必要があります。

どうすればいい?

消費者庁は、広告を見る人は「例外」「条件」「個人の感想」は見ないものとして、こういったことを書かなくても良いような広告をするべき、としています。

今できる対応策としてはこういった打ち消し表示を掲載している場合、

  • 小さすぎないか
  • 背景に溶け込んでいないか
  • 離れすぎていないか
  • 意味は伝わるか
  • 全員に効果があると思われないか

といったことを見直してみましょう。

参考:

打ち消し表示に関する実態調査報告書 消費者庁(PDF)

広告:「例外」「条件」の注意書きに気付かず97% – 毎日新聞

施術所の電気料金を1円でも安くしたい先生方へ

関西電力の値下げに対応する新プランが登場!従量電灯も低圧電力も - 電力切り替えは全柔協で


停電が増える?電気の質が悪くなる?
大丈夫です。何も変わりません!
料金を比較して、切り替えを申し込むだけの2ステップ!
さらにキャッシュバックキャンペーンも!


今すぐ電気料金明細を持って、料金を比較してみてください。⇛シミュレーション


電力販売ページへ

SNSでもご購読できます。