第3回 ホームに投稿してタイムラインに表示させる

患者さんへメッセージ送信や保険外施術のクーポンを配布することなどができるLINE@。
前回は基本設定をしました。

今回はホーム投稿してタイムラインに表示させます。

ホーム投稿とは

お使いのLINEの時計マークの部分(タイムライン)を見ると、友だち登録した個人や企業からのメッセージが表示されます。
LINE@では「ホーム投稿」で、このタイムラインにメッセージを表示させることができます。

とても簡単なので、早速始めてみましょう。

ホーム投稿ページへ

パソコンで管理ページを開きます。

 

 

LINE@2015.9-01

赤枠部分をクリックすると移動します。

投稿画面の説明

 

LINE@2015.9-02

赤枠部分ですが、無料プランでは「PRページ」と「リサーチページ」は利用できません。

テキスト

一番よく使います。
文字を入力する場合はこちらから。

LINE@2015.9-03

テキストをクリックすると文字の他に「絵文字」も使えます。

 

LINE@2015.9-04

絵文字

 

LINE@2015.9-05

顔文字

スタンプ

LINEではおなじみのスタンプも使えます。

 

LINE@2015.9-06

画像

写真など、先生のお好きな写真を掲載できます。

URL

ウェブサイトなどをお持ちであれば、これで誘導できます。

場所

住所を入力するだけで地図を掲載できます。

注意点

ホーム投稿は1回に3個までです。
例えば、1.メッセージを掲載。2.URLを掲載。3.地図を掲載。
ということです。

ホーム投稿する

メッセージを書く

ホーム投稿のページから「テキスト」をクリックして、下のボックスに文字を入力します。
今回は「これはテストです(絵文字)」として掲載してみます。

LINE@2015.9-08

絵文字の部分が(content)となっており、何の絵文字かわかりません。
そこで、赤枠部分のプレビューをクリックします。

LINE@2015.9-09

どんな絵文字かわかりました。

投稿する

これで良ければ「投稿する」という緑のボタンをクリックします。
このとき、投稿日時を指定して投稿することもできます。

結果を見る

「投稿する」を押すと「投稿済み」に移動します。
これで投稿が完了しました。

 

LINE@2015.9-10

以上のように投稿できました。

LINE@2015.9-11

スマホで見るとこんな感じです。

終わりに

ホームへの投稿は制限がないので、毎日投稿しても制限されることはないのですが、あまりに頻繁だと嫌がられるかもしれません。

次回は、ここぞという時の「メッセージ送信」です。

患者さんが来院しなくなる理由をご存知ですか?

「治るのに時間がかかった」、「自分に合っていなかった」……。
実はそれは大きな原因ではありません。

ケガが治った患者さんが日常生活の中で治療院を目にする機会は多くありません。
例えば、通勤途中で必ず前を通るとしても、街の風景に溶け込んでしまっていると……。

そうです。
患者さんに忘れられてしまうことこそが、来院しなくなる理由なのです。

治療院を忘れてしまった患者さんを来院に結びつけるには、定期的にアプローチすることが大切です。
健康ニュースなら毎月発行しますので、SNSやメルマガ、ブログ、ポスティングや新聞折込などで定期的に目に触れる機会を増やせます。

もう一つ。
患者さんは来院しなければいけないことを忘れているのです。

定期的にアプローチすることで、どういうときに先生の治療院に行くのかをインプットできます。
また、先生が患者さんのことを気にかけていることもアピールできます。

ぜひ、健康ニュースを活用して、患者さんを呼び戻しましょう。

健康ニュースをダウンロードする

SNSでもご購読できます。