健康ニュース12月号 ダウンロード開始

健康ニュースの最新号が下記サイトよりダウンロードできるようになりました。
※来月1日時点で休会・退会されていない先生全員分をご用意しています。

ダウンロードは健康ニュースサイトまたは組合員ひろばから

健康ニュースのダウンロードには「組合員ひろば」へ入るためのユーザー名とパスワードの入力が必要です。
 
お問い合わせ先:広報係 
担当/濱野・杉田 電話 06-6315-5401
「スマホ保有率が年々増加し、78%になった」そうです。

ますます手軽にインターネットでの検索ができるようになり、検索結果の重要性がより高くなっています。

GoogleやYahoo!で患者さんが整骨院を探すとき、どのようなキーワードで検索しているのでしょうか。

全柔協卓上カレンダー2018ができました!

全柔協卓上カレンダー2018が完成しました!
組合員のみなさまには11月末に発送します。
ほねつぎ紳士のイラストは全月描き下ろしです。お楽しみに♪

ca12.jpg



第12回柔道整復療養費検討専門委員会配布資料が厚労省HPに掲載されています。

施術管理者の要件について(案)

兵庫支部会・講習会・懇親会開催のご案内

11月23日(木・祝)
会場:チサンホテル神戸
神戸市中央区中町通2-3-1

※⽋席される場合も必ずご連絡ください。TEL06-6315-5530

hyogo_shibukai01.jpghyogo_shibukai02.jpg
年末年始の期間中に保険取扱開始(新規開業、移転、施術管理者交代)をお考えの方は、12月8日(金)までにご連絡ください。
年末年始は行政機関が休業になります。そのため、通常よりも書類などの締切が早くなります。
kagamimochi.jpg
<行政機関の年末年始期間>
平成29年12月29日(金)・30日(土)・31日(日)    
平成30年1月1日(月)・2日(火)・3日(水)・4日(木)


この期間中に移転・施術管理者交代・開業などをお考えの方は、遅くとも12/8(金)までに会務係TEL06-6315-5550へご連絡ください。
直前にご連絡いただいた場合は、希望日からの保険取扱いができない場合がありますので、くれぐれもご注意ください。

また、年始から新しい施術管理者で保険取扱をお考えの方は、12月中の入会講習の受講が必須となります(※要予約)。

【入会講習の日程】
福島 12/15(金)
東京 12/15(金)
大阪 12/13(水)
広島 12/20(水)
福岡 12/14(木)

詳しくは
全柔協会務係までお問い合わせください。 
TEL06-6315-5550

治療院のための動画活用セミナー

~スマホ動画×YouTubeで新規&リピーター獲得~

1page.gif


<講習内容>

スマホ1台で集客動画の撮影→編集まで!
治療院が作るべき動画5パターン
ホームページ・ブログ・SNSがよみがえる動画連携テクニック
YouTube動画活用事例

 

日時:平成30年1月28日(日) 10:00~16:00
会場:全国柔整鍼灸協同組合 大阪事務所
講師:酒井祥正 ハピネスムービー代表
対象:会員・関係者のみ
費用:1,000円(税込1,080円)
定員:40名(先着順)
締切:平成30年1月18日 (木)
キャンセル締切:平成30年1月25日(木)17:00 


<講師プロフィール>

koushi.jpg

1980年 福井県生まれ。37歳。20歳から東京を中心にフリーランスの映像ディレクターとして活動。映画、TV、CM、舞台、アニメなど様々な作品に携わる。同時にタレント活動もスタート。声優、俳優、ラジオDJなどで様々なメディアに出演し、映像に関する全ての業務を経験する。26歳からは福井県にある丹南ケーブルテレビ局に所属。カメラマン、リポーター、記者、映像編集など番組制作に関する業務全般を担当。これまで携わった作品は5000本以上。自らもYouTubeチャンネル『動画集客チャンネル』で様々な動画集客のノウハウ・テクニックを発信中。スタートから2年で動画数400本 チャンネル登録者3500人 総再生回数50万回以上。33歳で独立企業してからは、全国でのセミナー、研修会などを実施。中小企業、小売店が独自で効果的な情報発信を行うためのノウハウ・スキルを伝えている。動画マーケティングに必要な【企画・撮影・編集・発信・集客導線・話し方・最適機材】をトータルで教えることができる動画集客専門のアドバイザー。



<講師からのメッセージ>
【動画はあなたのかわりに24時間 365日働いてくれる最強の営業マン】
「難しそう」「時間がかかりそう」「コストがかかりそう」動画に関してこんなイメージを持っていませんか? でもご安心ください。このセミナーに参加すれば「なんだ簡単じゃないか」そう思っていただけるはずです。同じようなことをこれまで600名以上の方が体験しています。 セミナー終了後には売上に繋がる動画を【スマホ1台 コスト0 たった15分】で作ることも可能です。 【動画を作れる】ということは情報発信力を何百倍にも高め、これまで以上に多くの方にあなたの魅力・治療院の良さを知ってもらうことができます。

さらに!下記は講師のメルマガサイトです。事前に登録しておくと当日はかなり予備知識が付いた状態で参加できます!

講師フェイスブック


<こんな人におすすめ>
スマホ1台で動画の撮影から編集までする方法を身につけたい
ホームページ、ブログ、SNSからの問合せを増やしたい
丁寧な施術・充実した設備をもっと多くの人に知って欲しい
リピーターをもっと増やしたい方

 

<受講に求めるスキル他

 スマホの基本操作ができる方(当日は実際に作成します)

 アプリのインストールが必要です(iphoneの方はパーフェクトビデオ、Androidの方はPowerDirector)

 ※スマホの機種によってはアプリが動かない場合があります。必ず事前にインストールしておいてください。


<お申し込み>

申込フォームからお申し込みください

全国柔整鍼灸協同組合 TEL06-6315-5530


協会けんぽ広島が記録帳配布

協会けんぽ広島支部が、濃厚施術を受けた患者に対して「施術の記録帳」を配布し、施術の実態を書きとめていくよう案内していることがわかった。冊子の中には人体図もあり、負傷部位を参照させるようになっており、強制ではないが自主的な記録を促し、医療費通知と照合して不正がないか確認させたり、照会時に使用させるものである。

kiroku_03.png
(事務局だより305号より抜粋)

鍼で長胸神経麻痺は生ずるか

読売巨人軍の澤村拓一投手が鍼治療で長胸神経麻痺を生じた可能性があるとして、球団側が本人に謝罪した問題に対し、鍼灸関連の9団体が9月21日付で質問状を巨人軍に送付して因果関係の是非を問うた。マスコミ報道により、鍼治療全般に対する不安が煽られており、業界にとっても大打撃だからだ。
未だ巨人軍からの回答は得られていないが、施術前から肩の違和感を訴えていたこともあり、プロの選手であればすでに損傷していた可能性も十分ありうる。また極細の鍼で果たして神経損傷が起きるのかという、医療過誤の世界でしばしば起こる議論だが立証は極めて困難だ。
(事務局だより305号より抜粋)

11月8日読売巨人軍回答
はり治療による長胸神経麻痺に関する報道についての照会に対する読売巨人軍の回答について 公益社団法人 全日本鍼灸学会
https://ssl.jsam.jp/contents.php/010000tuEC44/
厚生労働省は9月29日、各都道府県の医政担当者に対して文書を発し、柔道整復師が超音波画像診断装置(エコー)を使用した際に、健康被害の例があったので注意するよう連絡を行った。

柔道整復師による超音波画像診断装置の使用について(注意喚起)

本来、柔道整復師が「施術に関わる判断の参考」にするためにエコーを使用することは何ら問題がないが、今回の注意喚起では実例を3件挙げ、柔整の施術後に骨折や脱臼の見逃しの疑いがあったとしている。
しかし具体的な発生日時や場所、また柔整師がエコーを実際に使用したことと医療過誤との因果関係も書かれておらず、しかも当事者しか手に入らないはずの具体的な被害箇所写真を添えており、何らかの団体や人物が厚労省へ意図的に情報提供した可能性も否定できない。
これを踏まえて日本医師会が10月4日、都道府県医師会へ同様の内容の注意喚起をするとともに、厚労省への情報提供を求めている。

養成学校のカリキュラムが検討され、柔整療養費検討専門委員会が再開されようかというこの時期に、イメージダウンのような文書が出されることとの関係性が気になるところである。厚労省がわざわざ写真付きで文書を出す真の意味は何か、今後の動向に注意したい。また医科でもレントゲンによる見逃しの例はあるので、一方的に柔整側だけが取り沙汰されている。
(事務局だより305号より抜粋)

審査会へ権限強化の問題点を抗議

全柔協は10月6日、全国47都道府県の協会けんぽと国保連の審査会へ、審査会の権限強化などの問題点を指摘した文書を送付した。

審査会自体が委員の構成や審査基準を整備していない中で、権限だけ強化するのは問題であると指摘。患者や柔道整復師に対して調査を行うのはあくまで保険者権限であり、審査会を独立した行政機関のようにみなすのは健康保険法上認められず、また受領委任は医師と違い法令に基づくものでないので単に事務処理の取扱いに過ぎなく、審査以外の行為の権限を審査会にもたせるのは医療保険各法により違法である。半数以上の審査会においては審査基準も定められておらず、現状のままの権限強化はおかしく、9月4日付の通知は受け入れられないと強く主張した。

受領委任の取扱規程上、支給の決定権限を有するのは保険者である。柔整審査会には保険者への報告義務はあっても支給決定権限はない。
(全柔協事務局だより305号より抜粋)
こんな業者は気を付けましょう!
 
  • 電話勧誘・飛び込み営業
  • すぐ契約するようにせまる
    (例:先着、○○限定、今だけ、今月だけ、今日まで、キャンペーンで残り1社、他社がキャンセルになった)
  • 「モニター・キャンペーンで△万円」という営業トーク
  • 成功報酬型の料金が高くて採算が取れない
  • 契約期間が数年に及び途中解約できない(例:月額△円で2~5年契約)
  • ○百万円という高額な料金かつリース、ローン契約である
  • 交通事故や自費施術などの患者を紹介するサービスであるといった(ローン)契約
  • 担当者がすぐ変わる
  • 大手・一部上場企業であることを強調する
  • 「確実に」「必ず」「絶対」「半永久的に」という言葉を使用する

  • 1つでもあてはまれば必ず悪徳業者というわけではありませんが、多くあてはまるようなら注意が必要です。

    内容に見合った金額でなかったり、効果がみられなかったり、途中で連絡が取れなくなったりする場合があります。

詳しくは⇒ こんな業者は気を付けましょう!<ホームページ作成・SEO対策業者・ポータルサイト>


全国柔整鍼灸協同組合

saibanjo.pngのサムネール画像

今年3月に判決が確定した大阪市国保が行っていた、いわゆる相殺処理問題。

全柔協が補助参加した裁判は「全面勝訴」となりましたが、この問題について、何が問題でどういう経緯で裁判に至ったのか、正当性を主張するためには何が重要かなど、あらためて振り返ってみます。


相殺処理の問題点

事の発端は、平成25年3月頃に行われた支給済みの平成23年度分のレセプトの大量返戻。

そして、この返戻分を全く関係のない平成25年5月の施術療養費から相殺されるというものでした。

◇照会から相殺までの流れ

  1. 点検業者が患者に2年前(平成23年)の支給済みの施術についての照会文書を送付
  2. 患者の回答で不適切な請求と判断
  3. 施術者から承諾を得て返戻、関係のない患者(平成25年)分から相殺処理

全柔協としては以下の問題点を挙げて、大阪市に対して相殺処理をやめるように要望書や抗議文書を送ったりしてきましたが大阪市の相殺処理は続き、点検も続きました。

◇問題点

  • 相殺自体が医科の診療報酬債権(※)をもとにしており、柔道整復師の受領委任では療養費の請求権は患者にあり柔道整復師は受取代理人にすぎない。
  • 患者は2年前の施術の詳細、負傷原因などを正確に覚えているのか。

※医科の診療報酬債権
健康保険法第61条で「保険給付を受ける権利は、譲り渡し、担保に供し、又は差押えることができない」となっていますが、医師の診療報酬債権については昭和27年の国税庁長官通知によって、法が定める「保険給付を受ける権利」に含まれなくなりました。


民事訴訟で全面勝訴

全柔協は複数回、対策講習会を開催しカルテを確認するなどの注意を促す一方、原告となる患者を探すなど、民事訴訟の準備を進めました。そして、平成26年に大阪市を相手取り大阪地裁に訴訟を起こしました。

その結果、平成28年2月の判決で、「(大阪市の行う)相殺処理は認められない」という趣旨の判決が下りました。3月には1審に続き2審でも原告が勝訴し、大阪市が上告しなかったことから1審判決が確定。

療養費の相殺処理は適切ではなかったことが明確になりました。


カルテの整備が大切

今回の相殺処理問題は、柔整の受領委任を医科の診療報酬と同じものとして扱ったことから起こったもので、大阪市国保の認識不足が原因だったといえます。

これに対抗できたのは、やはりきちんとしたカルテを整備していたことに尽きます。
カルテがなければ、不適切な請求ではないことの主張すらできません。
今後、こういった認識不足の保険者が同じような問題を起こした時に正当性を主張するためにも、カルテの整備を怠らないことが大切です。

全国柔整鍼灸協同組合

全柔協では、入会講習にて健康保険、生活保護、労災、交通事故等の各種保険請求実務、レセプト作成方法、カルテの書き方、各種サービスのご案内などを行っています。 

11月
福島 17日(金)
東京 15日(水)
大阪 15日(水)
広島 15日(水)
福岡 16日(木)

12月
福島 15日(金)
東京 15日(金)
大阪 13日(水)
広島 20日(水)
福岡 14日(木)


時間 10:00~15:15(入会講習)15:30~17:00(鍼灸マッサージ保険講習会) 

入会講習はご入会いただく方が対象ですが、既存会員、スタッフの受講も承っております。 また、入会講習後に、鍼灸マッサージ保険講習会も行っています。受講希望の方は事前に全柔協会務係までご連絡ください。

☆施術所の届け出内容に変更(住所、施術所名称、施術時間、開設者など)がある場合は事前にご連絡ください。手続きが必要です。 
☆勤務する柔道整復師がいる場合は「勤務する他の柔道整復師」の届け出が必要です。
☆はり・きゅう・マッサージの保険請求をする場合は、事前に登録と講習会の受講が必要です。

▼入会のご案内
http://www.zenjukyo.gr.jp/post_13.html

10.25.gif
koe_03.png

【開業のご相談・お問い合わせ・個別相談】
全国柔整鍼灸協同組合
東北事務所 TEL 024-991-0032
東京事務所 TEL 03-5745-9030
大阪事務所 TEL 06-6315-5550
広島事務所 TEL 082-236-9696
福岡事務所 TEL 092-418-2200
taihu2.jpg床上・床下浸水がおきた場合、災害見舞金の対象になる場合があります。 ※組合員の施術所限定

台風の影響で強烈な風雨が続いていましたが、皆様方の施術所等はご無事でしょうか。被害が最小でありますこととを心よりお祈りいたしております。

近年、大雨による被害のニュースを多く耳にします。過去、施術所でおこった浸水による被害には、以下のような事柄がありました。

taihu.jpg・レセコンを床に置いていたら浸水によりデータが破損
・高価な医療機器が濡れて壊れてしまった
・雨漏りでカルテが滲み、読むことができなくなった
・カーペットや畳が濡れてしまい取替えが必要になった
・床に置いていた医療用品が濡れて使えなくなった
(注:雨漏りは見舞金の対象外です)

このように、浸水被害は思っているより大きな損害になるため、できるだけの備えをしたいものです。施術所が低地に建っている場合など、少しの雨でも浸水する可能性がありますので、各々の土地柄にあった対策や備えをお願いいたします。また浸水だけでなく、雨漏りや排水口の逆流なども考えられますので、定期的に水周りや屋根などのチェックをしてはいかがでしょうか。

そして万一、浸水や破損などが発生した場合は、事務局までお問い合わせください。「状況が確認できる写真」などをもとに理事会に諮り、災害見舞金の対象となった場合は申請書をお送りします。被害状況は必ず写真などに撮って残しておきましょう。

【お問い合わせ先】 
全国柔整鍼灸協同組合

東北事務所 TEL 024-991-0032
東京事務所 TEL 03-5745-9030
大阪事務所 TEL 06-6315-5550
広島事務所 TEL 082-236-9696
福岡事務所 TEL 092-418-2200

現在、1日、1カ月のなかで新規患者獲得のために何か行っていることはありますか?

整骨院の院長は施術者であり経営者です。
新規獲得のために時間をかける習慣をつけましょう。

月末会員送金口座としてご利用の金融機関が合併したり、支店名が変更になったりした場合、全柔協では自動で変更することができません。お早めに全柔協まで連絡いただき、変更の手続きを行ってください。
bank_gappei.jpg
連絡のないまま送金日がきてしまうと、指定日に送金できなくなる可能性があります。

また、月末会員送金口座を変更したいときは、変更希望月の前月までにはお知らせください。当月になってからのご連絡は変更処理が間に合わない場合があります。


【ご連絡先】
全国柔整鍼灸協同組合
会務係 TEL 06-6315-5550
pr12.png
●接骨院・ 整骨院ってどんなところ?

接(整)骨院では、専門の課程を修了し国家試験に合格した「柔道整復師」が施術を行います。
※整体・リラクゼーションなどは民間資格です。

接(整)骨院には、健康保険が適用される保険適用施術と保険適用外(自費)施術があります。


● あなたの症状は健康保険が使える? 使えない?

まずは柔道整復師が痛みや症状などについて問診します。
打撲・捻挫・挫傷であるか確認するため、負傷した原因や現在の症状、既往症などを伺いますので、ありのままお答えください。

IMG_0578.JPG
保険適用施術例
打撲・捻挫・挫傷・骨折・脱臼

保険適用外施術例
・不定愁訴(原因不明の諸症状) 
・自律神経失調症
・疲れからくる倦怠感
・単なる肩こり
・筋肉疲労

骨折・脱臼の場合
応急処置を施すことが可能です。応急処置後、病院での受診をお願いします。その後、そのまま病院で治療されるか、当院で治療されるかをお選びいただけます。
当院で治療される場合は受診された医師に、整骨院での治療についての同意をもらってください。

●施術の流れ
受付にて保険証、診察券の提示 ⇒問診票の記入 ⇒問診・施術内容の説明 ⇒施術(保険適用施術・自費施術・保険適用施術と自費施術を組み合わせた施術) ⇒施術計画の説明⇒支給申請書の記入(保険適用施術の場合) ⇒お会計

自費施術は、必要に応じて希望される方に行います。

鍼灸マッサージで来年度より受領委任払い制度の導入が検討されているが、保険者にも動きが出始めている。例えば、人材派遣健康保険組合が全柔協に文書通知してきた内容によると、9月施術分より償還払いから代理受領方式へ変更となっている。前倒しの運用開始をすることで受領委任導入時の混乱を回避し、被保険者を保護する見地からとのこと。

一方、健保連が健保組合に実施したアンケートでは、鍼灸マッサージに受領委任が導入された場合でも、償還払いを実施する方針の組合が48.1%と約半数。現在償還払いを行っている38.7%の組合数よりもかえって増加することになる。受領委任払い制度での不正請求を危惧する向きの表れである。

もし受領委任の取扱いがあくまで保険者の裁量にゆだねられてしまうのならば、受領委任払い・代理受領・償還払いのいずれにするか、保険者によって考え方はさまざまであり、来年見直しが行われる時に結局償還払いばかりになってしまえば、業界にとって決して有利な展開とは言えない。
(全柔協事務局だより304号より)

全柔協で初めての堀内秀憲先生(日本オランダ徒手療法協会認定徒手療法士)による講習会を開催しました。『下肢の障害への多角的な考え方』として7月、8月の2回講習でした。

平成29年7月30日(日)

下肢の障害への多角的な考え方 ~足関節捻挫の捉え方~

DSC05251          DSC05259

初めに問診の捉え方と、問診から完治までのスケジュールの組み立てについて講義がありました。

講師からは「患者の状況と周辺の環境を視野に入れ、現在の状況→経過→治癒までのプロセスを考えましょう。」と声掛けがあり、その点を踏まえて問診を行いました。講師の問診の方法は、治癒に近づけるために、多数有る技術の中から選択するやり方だったので、基礎知識の再確認にもなり、組織学、神経生理学的アプローチも知ることができました。

DSC05267           DSC05280

実技練習では、講師が受講者のベッドを回り患者の足の向きや力のかけ方と方向など細かな指示を出していました。理論をしっかりと学んでから実技に入ったので、スムーズに実技に落とし込めたように感じました。

DSC05332           DSC05456

「足関節捻挫の怪我はしやすく、治ってしまうと放置しがちになる部位ですので、その部位を知りつくしていることで、他の治療者と差をつけることができます。しっかり練習し習得しましょう。」と力強く話されていました。

講師はとても明るい方でしたので、実技中は笑い声も出ていましたし、問診での難しい場面でも受講者は、気負わず取り組めたと思います。

 

平成29年8月27日(日)

下肢の障害への多角的な考え方 ~膝痛の捉え方~

DSCN7730            DSCN7658

始めは、前回の足関節捻挫の復習の実技を約1時間行い、その後の膝関節前方の内側と外側のストレッチのデモンストレーションと実技では、講師は各ベッドを周り受講者の実技指導をされていました。

DSCN7777            DSCN7742

午後からは、ケーススタディの座学を約2時間行いました。ケーススタディは、年齢・性別・症状を設定した架空の患者を例に挙げ、問診から評価や治療に至るまで様々な思考や過程を想定していく座学でした。

DSCN7854

「過去の病歴」「負傷した部位」「どういう時に痛みが出るのか」「過去の競技歴」「どのレベルの痛みなのか(軽度・重度)」「入眠の有無」「自律神経の乱れの有無(手足の冷えなど)」「食欲や体重の増減」など、受講者達は一人ひとりの意見を出し合い、講師からは問診時に様々な視点・要因から負傷に向き合う重要性を説明されていました。

その後、下肢のバランスチェックと大腿部のトレーニングの実技がありました。

DSCN7878

下肢のバランスチェックのポイントの講義では、講師が受講者の足の動きを撮影した動画をスクリーンに写し、スローモーションで再生しながら筋肉の動きや膝の向きなどの要点を解説されました。

その後、大腿部のトレーニングを行い、トレーニング前後の筋肉や膝関節の動きの変化を動画と比較して目で確認できる講義は受講者にとって分かりやすい内容だったと思いました。

DSCN7884

最後の質疑応答の時間では、積極的に質問する受講者もいて、それに対して講師も一つ一つ丁寧に回答や意見を述べられていました。講師と受講者が和気あいあいとした雰囲気のまま、講習が終了しました。

全国柔整鍼灸協同組合

支部会・懇親会開催のご案内

京滋福支部会
11月12日(日)
会場:京都タワーホテル
京都市下京区烏丸通七条下ル(JR京都駅徒歩2分)
出欠のご連絡をお願いいたします ※⽋席される場合も必ずご連絡ください

kyoto2017.JPG

兵庫支部会
11月23日(木・祝)
会場:チサンホテル神戸
神戸市中央区中町通2-3-1(JR神戸駅より徒歩3分)
詳細決まり次第お知らせいたします。


中部支部会
11月26日(日)
会場:名古屋マリオットアソシアホテル
名古屋市中村区名駅1-1-4(JR名古屋駅に直結)
講習会講師:鶴田昇、松本不二生
中部支部会出欠連絡フォーム ※⽋席される場合も必ずご連絡ください

tyubu1.JPG

tyubu2.JPG
tyubu3.JPG

お申込み・お問い合わせ
全国柔整鍼灸協同組合 TEL06-6315-5530 ※⽋席される場合も必ずご連絡ください
9月4日付けで厚生労働省から4通知が発出された(10月1日から適用)。
その内容は柔整審査会の権限強化にかなり踏み込んだものになっている。今まで保険者のみの権限だった調査を、これからは審査会も行えるようになる。審査会の権限強化はこれまで何度も専門委員会の議案にあがり、その内容が今回の通知に反映されている模様だ。

全柔協ではこの通知に関する情報を、メール・文書等で組合員には既に周知しているが、改めて以下に主な改正点と条文を列記する。
(<新設>は青字、太字が追加事項)

①通院履歴の提示及び閲覧
 「地方厚生(支)局長及び都道府県知事との協定及び契約又は関係通知等により、保険者等又は柔整審査会から、療養費の請求内容に不正又は著しい不当があるかどうか確認するために施術の事実等を確認する必要がある場合に領収証の発行履歴や来院簿その他通院の履歴が分かる資料の提示及び閲覧を求められた場合は、速やかに応じること。」
<新設>(柔道整復師の施術に係る算定基準の実施上の留意事項)

(解説)
通院の履歴が分かる資料といえば施術録だが、ここでは領収証の発行履歴や来院簿にとどまっており、実際に提示を求められると対応も必要になる。しかし審査会自体は各都道府県で構成や審査基準に大きな格差があり、権限だけが一律に強化されることは大いに問題がある。

厚労省より通知された領収証の発行履歴とは?

②個別指導の選定と監査方法
 「柔道整復療養費審査委員会又は保険者から、不正又は著しい不当の事実が認められた請求として、客観的な証拠があるものが複数患者分あるもの、あるいは、患者調査等の結果、不正請求の疑いが強いものが複数患者分(概ね10人の患者分あることが望ましい)あるものの情報提供があった柔道整復師を優先的に選定する。」<新設>
 「地方厚生(支)局長及び都道府県知事は、次の①から③に該当する場合は、当該柔道整復師に対し、監査を実施する。なお、①又は③に該当する場合は、4(3)(注:個別指導のこと)を省略して差し支えない。

①柔道整復師による療養費の請求内容が不正又は著しい不当なものであるとの疑義を認める場合。
②(略)
③柔道整復療養費審査委員会又は保険者から、不正又は著しい不当の事実が認められた請求として、客観的な証拠があるものが複数患者分の情報提供があり、証拠がそろっている場合。」
(柔道整復師の施術に係る療養費の指導監査要綱)

③重点審査項目に「部位転がし」追加
 「(前略)施術所ごと又は請求団体ごとに3部位以上の施術、3ケ月を超える施術、月10回以上の施術、同一施術所における同一患者の負傷と治癒等を繰り返す施術、いわゆる「部位転がし」等の傾向があるものを分析するなど、重点的に審査するものとする。」
「なお、審査は、以下の審査を組み合わせて行うこととする。」

 (1)形式審査:記載内容に関する事項
     (支給申請書の記載誤り等)
 (2)内容審査:施術内容に関する事項
     (支給対象者の具体的な負傷名、近接部位の考え方等)
 (3)傾向審査・縦覧点検:同一施術所における施術傾向
     (多部位・長期・頻回施術の傾向、いわゆる「部位転がし」の傾向、同一施術所における同一患者の通算受療期間の傾向等)」
(柔道整復療養費審査委員会の審査要項)

④広告・紹介料
 「(前略)健康保険事業の健全な運営を損なうおそれのある経済上の利益の提供又は違法な広告により、患者が自己の施術所において施術を受けるように誘引してはならないこと。
 さらに、施術所が、集合住宅・施設の事業者等に対して金品(いわゆる紹介料)を提供し、患者の紹介を受け、その結果なされた施術については、療養費支給の対象外とすること。

整骨院の広告作成で気を付けること

⑤施術録の記載
 「開設者及び施術管理者は、受領委任に係る施術に関する施術録をその他の施術録と区別して整理し、施術管理者及び勤務する柔道整復師が患者に施術を行った場合は、当該施術に関し、必要な事項を受領委任に係る施術に関する施術録に遅滞なく記載させるとともに、施術が完結した日から5年間保存すること。」(④⑤は受領委任の取扱規程)

(解説)
「患者に施術を行った場合」がわざわざ追加されており、実体の伴わない施術録は無効であるということを改めて強調する内容になっている。

カルテの記載・整備事項

また通知の別箇所では保険者に対しても、調査の結果不支給にするのであれば、患者に不支給決定通知をするなど適正な処理を求めている。
全柔協が大阪市を相手に勝訴した相殺処理問題が通知にも反映されているようである。
(全柔協事務局だより304号より)


全国柔整鍼灸協同組合
9月16日(土)、奈良県橿原文化会館にて、奈良県橿原市が強引な返戻を繰り返す問題について、橿原市内の接骨院を対象に対策説明会を行いました。

1004.JPG
当日はまず理事長の岸野から返戻および他人の療養費で相殺することの問題点について解説しました。
専務理事の上田からは橿原市の強引な返戻に対しこれまで行なってきた活動についての報告、また事務局長土江から橿原市がモデル事業の一環で行ってきた看板修正や点検業者を使った調査についての報告、柔整保険局長からは、患者とコミュニケーションをしっかりと取りカルテに残しておく、しっかりと自分を主張することが大切といった話がありました。

最後に会場の参加者から質疑応答があり、「今後も不当な返戻については、皆で一丸となって抗議していきましょう」と参加者全員が意思統一を図って、説明会は終了しました。

関連記事
9月頃よりauの携帯電話(メールアドレスがezweb.ne.jp)での情報配信メールが受信しづらくなっているようです。
お手数ですがここしばらく情報配信メールが届かなくなっている方は、迷惑メール設定の見直していただき、下記の配信元メールアドレスを受信できるようにお願いいたします。

配信元メールアドレス:zenmaga@jusei.gr.jp
※このアドレスは送信専用です

機種によって設定の方法が異なります。設定が難しい場合は携帯電話ショップ(auショップ等)へお問い合わせください。

また登録されているメールアドレスを変更された場合は、必ずご連絡ください。
連絡なき場合は全柔協より再設定の連絡をいたします。
よろしくお願いいたします。

お問い合わせ先:広報係 06-6315-5401
現在放送中のNHKスペシャル シリーズ 「人体 神秘の巨大ネットワーク」で、12月3日に『発見! "骨"が若さを呼び覚ます』と題して「骨」の特集が放送されます。

NHKスペシャル シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク
NHKで2017年10月1日から2018年3月25日まで半年に渡って放送される新たな医学の潮流の全貌を全8回にわたってご紹介する大型シリーズ番組です。

第 3 集 発見! "骨"が若さを呼び覚ます
2017年12月3日(日) 21時 ~ (49分)
脳や体をいつまでも若々しく保ってくれる"秘密のメッセージ"が、なんとあなたの体を支える「骨」から全身に送られていた!カルシウムのかたまりに思える骨に秘められた、不思議なパワーを解き明かす。

nhk.JPG
番組司会は、タモリさんとノーベル医学・生理学賞を受賞した山中伸弥さんの二人。
山中さんも驚く最先端の医学の発見を、タモリさんの知的好奇心で楽しく探究していく。
二人の息の合った掛け合いは、必見です。

今後の放送予定
第2集 "脂肪と筋肉"の会話がメタボを治す
    放送日時:2017年11月5日放送予定

第3集 発見!"骨"が若さを呼び覚ます
    放送日時:2017年12月3日放送予定

第4集 アレルギーの鍵は"腸"にあり
    放送日時:2018年1月17日放送予定

第5集 徹底解剖!ひらめく"脳"の秘密
    放送日時:2018年2月4日放送予定

第6集 生命誕生・あなたを生んだミクロの会話
    放送日時:2018年3月18日放送予定

第7集 人体は謎に満ちている
    放送日時:2018年3月25日放送予定



【動画】 全国柔整鍼灸協同組合の専務理事 上田たかゆきのご紹介・インタビュー動画を公開しました。

・全国柔整鍼灸協同組合とは
・沿革
・上田孝之プロフィール
・上田孝之活動内容
・インタビュー
Q.保険者との折衝を中心に動いているなかで、最近特に難しくなってきていることとは何でしょうか?

Q.最近になって増えてきている対応は何ですか?

全国柔整鍼灸協同組合のご紹介 職員インタビュー動画をyoutubeに公開しました。
全柔協のあゆみ、サービス紹介、職員インタビュー、事務所の紹介をしています。
ご覧ください。


 
7月22日(土)全柔協大阪事務所と各事務所をテレビ中継でつなぎ、鍼灸マッサージ保険講習会を開催しました。

h9.jpgこれは厚生労働省が6月26日付けで発出した、「『はり師、きゅう師及びあん摩・マッサージ・指圧師の施術に係る療養費の支給の留意事項について』の一部改正について」及びその取扱いに関する疑義解釈資料の内容を受けて、緊急に行ったものです。

通知の主な内容は2点
①複数の者が施術した場合、中心的に施術を行った者が施術証明欄に記載し、摘要欄に施術者名と施術日を記載する。

②1年以上・月16回以上の施術に継続理由・状態記入書を添付する)。
7月施術分より適用されています。

h92.png
当日は、まず事務局長の土江と勝浦保険局長(鍼灸マ)より疑義解釈資料の内容について解説。続いて塚原保険局長(柔整)より、柔整と鍼灸マッサージの併給について、協会けんぽ大阪支部での調査事例も交えて紹介しました。

その後理事長岸野より総括。
「中心的に施術を行った施術者が代表して記載するとなっているのは不正支給を防止する、お金を確実に返還させることが目的です。柔整と同じように鍼灸もカルテが重要な時代になる、これをしっかり書ける鍼灸師が生き残れます。」

そして上田専務理事より、今回の通知からみた今後の厚労省の動向について解説があり、最後に質疑応答が行われ終了しました。
質疑の詳細等は、事務局だより303号をご確認ください。

全国柔整鍼灸協同組合
平成30年4月から「施術管理者」になる場合は、「実務経験」と研修の受講が必要になる可能性があります。これまで「施術管理者」になるために必要なのは、柔道整復師の資格のみでした。


学生には経過措置が設けられる予定ですが、
受領委任の取り扱いをするには3年間の実務経験と、16時間以上2日間程度の職業倫理・適切な施術所管理・適切な保険請求・安全な臨床についての研修受講が必要になります。

厚生労働省の事務連絡によると「実務経験」の管理については、
①実務を経験した施術所又は保険医療機関の証明書
②地方厚生(支)局に届け出られた勤務する柔道整復師の情報

などで確認することが考えられます。

477561_150.png平成30年4月から上記事項が実施されたときに、
「求められる期間を満たすだけの間きちんと働いていたのに、届出がもれていたために実務経験が証明できない!」ということのないように、柔道整復師の雇用・退職は確実に届出をしておきましょう。
まずは、雇用・退職の予定が決まった段階で、すぐに全柔協会務係までお知らせください。

全柔協 会務係 TEL06-6315-5550

こちらも合わせてご覧ください

新規開業はH30年3月までに? 4月以降は実務経験と研修が必須に?!
全柔協では、入会講習にて健康保険、生活保護、労災、交通事故等の各種保険請求実務、レセプト作成方法、カルテの書き方、各種サービスのご案内などを行っています。 

10月
福島 20日(金)
東京 18日(水)
大阪 18日(水)
広島 18日(水)
福岡 19日(木)

11月
福島 17日(金)
東京 15日(水)
大阪 15日(水)
広島 15日(水)
福岡 16日(木)

時間 10:00~15:15(入会講習)15:30~17:00(鍼灸マッサージ保険講習会) 

入会講習はご入会いただく方が対象ですが、既存会員、スタッフの受講も承っております。 また、入会講習後に、鍼灸マッサージ保険講習会も行っています。受講希望の方は事前に全柔協会務係までご連絡ください。

☆施術所の届け出内容に変更(住所、施術所名称、施術時間、開設者など)がある場合は事前にご連絡ください。手続きが必要です。 
☆勤務する柔道整復師がいる場合は「勤務する他の柔道整復師」の届け出が必要です。
☆はり・きゅう・マッサージの保険請求をする場合は、事前に登録と講習会の受講が必要です。

▼入会のご案内
http://www.zenjukyo.gr.jp/post_13.html

29.9.15.gif
 koe_03.png

【開業のご相談・お問い合わせ・個別相談】
全国柔整鍼灸協同組合
東北事務所 TEL 024-991-0032
東京事務所 TEL 03-5745-9030
大阪事務所 TEL 06-6315-5550
広島事務所 TEL 082-236-9696
福岡事務所 TEL 092-418-2200

全柔協ブログ一覧

アーカイブ