鍼で長胸神経麻痺は生ずるか

読売巨人軍の澤村拓一投手が鍼治療で長胸神経麻痺を生じた可能性があるとして、球団側が本人に謝罪した問題に対し、鍼灸関連の9団体が9月21日付で質問状を巨人軍に送付して因果関係の是非を問うた。マスコミ報道により、鍼治療全般に対する不安が煽られており、業界にとっても大打撃だからだ。
未だ巨人軍からの回答は得られていないが、施術前から肩の違和感を訴えていたこともあり、プロの選手であればすでに損傷していた可能性も十分ありうる。また極細の鍼で果たして神経損傷が起きるのかという、医療過誤の世界でしばしば起こる議論だが立証は極めて困難だ。
(事務局だより305号より抜粋)

11月8日読売巨人軍回答
はり治療による長胸神経麻痺に関する報道についての照会に対する読売巨人軍の回答について 公益社団法人 全日本鍼灸学会
https://ssl.jsam.jp/contents.php/010000tuEC44/

全柔協ブログ一覧

アーカイブ