【業界情報】第1回あはき師及び柔道整復師等の広告に関する検討会が開催されました

2018年5/10(木)に厚生労働省は、第1回 あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師及び柔道整復師等の広告に関する検討会を開催した。

当日は広告の現状について各都道府県から集められた具体事例と指導例が報告され、無資格者も含めてどこまでの範囲を規制対象とするか意見交換がなされた。自治体によって正反対の指導をしている例も見受けられるため、今後5回の開催をふまえて具体的な内容を詰めていき、30年度末を目途にガイドライン案をとりまとめ、31年度より施行することとなった。
しかし検討会の構成員には業界代表以外にも、その厳格な指導が問題になった奈良県橿原市健康部が含まれており、今後波乱が予想される。

医科では6月より改正医療法の適用で、ホームページなどネット上の宣伝も広告とみなされ規制の対象となったが、今回の柔整鍼灸マの検討会ではそこまで踏み込まず、まずは看板やチラシから取りかかり、文言や表現内容の広告可能事項を決めていく予定だ。



kiin.png


全柔協ブログ一覧

アーカイブ