【報告】医療ボランティア活動-大阪マラソン2018

医療ボランティア活動-大阪マラソン2018
11月25日(日)「大阪マラソン2018」のケアステーションブースでランナーへの医療ボランティア活動を行いました!
例年同様、ゴールとなるインテックス大阪6号館3Fに全柔協のブースを設け、有志の柔道整復師・理学療法士の方と、スタッフ・学生あわせて37名が参加し、約400名の方に施術を行いました。

大阪マラソンにはおよそ3万2千人のランナーが参加し、このうち海外からは韓国や台湾、香港、タイ、シンガポールなどから多くの人が参加したことから、今年も語学対応の問診票で受付を行いました。

施術の目標は「自分で歩いて帰れる」
早々にゴールしたランナーは、アイシングやストレッチなどアフターケアとしてブースを利用されていましたが、すぐにベッド22台がいっぱいになり、時間がたつにつれ、膝や大腿部、腰部等、各部位に痛みを伴うランナーが続々と来場し、40分待ちの長蛇の列となりました。
一人ひとりに声をかけ丁寧に施術する先生の姿や、ランナーの笑顔が印象的でした。

施術を受けたランナーからは「ありがとうございました」「楽になりました」などの言葉をたくさんいただきました。

ご協力いただきました医療ボランティアスタッフのみなさま、当日大阪マラソンに参加されたランナー、ボランティアのみなさま本当にお疲れ様でした!

P1020472.jpg

DSC_0816.jpg

P1020235.jpg

P1020404.jpg


P1020160.jpg

DSC_0787.jpg

P1020342.jpg

P1020163.jpg

P1020487.jpg

DSC_0823.jpg

P1020086.jpg

主催:一般社団法人 日本健康創造協会

全柔協ブログ一覧

アーカイブ