【業界情報】佐賀国保が誤った照会文書送付 一部負担金欄に7割の金額記載

佐賀県国保連合会が大正オーディットに委託して行っている患者照会の書面(9/26付で3500名の被保険者に送付された「接骨院・整骨院の利用に関するアンケートへのご協力のお願い」)で、「自己負担額」の欄が患者の一部負担金額でなく、保険者の給付金額(7割分)になっていることが判明しました(県下の組合員にはすでにお知らせし、注意喚起を促しています)。

全柔協はこの情報を組合員から得た時点ですぐに佐賀国保連へ連絡し、厳重に抗議を行いました。近日中に被保険者へ修正文書とお詫び文を送るとの回答でしたが、すでに患者から施術所へ、過大請求しているのではないかとのクレームが多く来ており、柔整師への不信感を募らせるものとして非常に重大な問題であるため、さらなる対応を求めた所、各施術所および全柔協宛てにお詫び文書が届きました。
事務局だより317号

全柔協ブログ一覧

アーカイブ