【事務連絡】あはき受領委任の取扱い等に係る疑義解釈資料

2018年12月28日に厚労省のホームページに「はり師、きゅう師及びあん摩マッサージ指圧師の施術に係る療養費に関する受領委任の取扱いについて」の疑義解釈資料が出ました。


1月より、あはき受領委任制度がスタートしました!
協会けんぽは全て導入、後期高齢は17都道府県のみ、国保は6割ほどで、あとの4割は4~6月に開始の見込み。しかし健保組合は1,390組合中25組合のみで、ほとんどが償還払いのままという実態です。
また鍼灸およびマッサージのレセプト用紙が1月施術分より新様式に変わりましたので、お間違えのないようお願いします。

全国柔整鍼灸協同組合

全柔協ブログ一覧

アーカイブ