【告知】6/16~全5回 臨床神経科学の未来 治療家が用いる神経科学的なケアアプローチ

全5回 臨床神経科学の未来
治療家が用いる神経科学的なケアアプローチ

生活を営む上で重要な機能の一つである姿勢、歩行、バランスに対する運動機能回復のための治療と検査法を神経学、運動生理学、運動力学、生体力学の応用を用いて学びます。これらの神経障害などに対して治療家が行う短期的なアプローチと長期的なケアについて復習も含めてお話しします。

講師 : 儀同昭人 DACNB アメリカンカイロプラクティック神経学認定医
機能神経学のアプローチは機能回復に必要な治療と発表(SCAT3・SCAT5)され、運動機能の働きかけが必要と言う認識が世界中に広まっています。その最先端が機能神経学のアプローチの治療です。脳について勉強することは世界が認める治療の常識を知ることにもつながり、治療プランの広がりにもなるでしょう。

2019gido.PNG
2019gido2.PNG

会 場   全柔協東北事務所(福島県)
中 継   全柔協大阪/全柔協広島/全柔協福岡
対 象   組合員・関係者・医療従事者
受講料   全日程申込者限定割引価格24,000円(税込25,920円)、各日6,000円(税込6,480円) 、
9/29のみ3,000円(税込3,240円) 、10/27のみ6,000円(税込6,600円※見込み) 
定 員   30名(各会場)
締 切   各開催10日前
キャンセル締切  各開催3日前17:00以降は受講料をいただきます
申 込 方 法 申し込みフォーム
TEL06-6315-5530/FAX06-6315-5560
お 問 合 せ 全国柔整鍼灸協同組合 企画係 TEL06-6315-5530


全柔協ブログ一覧

アーカイブ