柔整・鍼灸業界情報の最近のブログ記事

鍼灸マッサージで来年度より受領委任払い制度の導入が検討されているが、保険者にも動きが出始めている。例えば、人材派遣健康保険組合が全柔協に文書通知してきた内容によると、9月施術分より償還払いから代理受領方式へ変更となっている。前倒しの運用開始をすることで受領委任導入時の混乱を回避し、被保険者を保護する見地からとのこと。

一方、健保連が健保組合に実施したアンケートでは、鍼灸マッサージに受領委任が導入された場合でも、償還払いを実施する方針の組合が48.1%と約半数。現在償還払いを行っている38.7%の組合数よりもかえって増加することになる。受領委任払い制度での不正請求を危惧する向きの表れである。

もし受領委任の取扱いがあくまで保険者の裁量にゆだねられてしまうのならば、受領委任払い・代理受領・償還払いのいずれにするか、保険者によって考え方はさまざまであり、来年見直しが行われる時に結局償還払いばかりになってしまえば、業界にとって決して有利な展開とは言えない。
(全柔協事務局だより304号より)
9月16日(土)、奈良県橿原文化会館にて、奈良県橿原市が強引な返戻を繰り返す問題について、橿原市内の接骨院を対象に対策説明会を行いました。

1004.JPG
当日はまず理事長の岸野から返戻および他人の療養費で相殺することの問題点について解説しました。
専務理事の上田からは橿原市の強引な返戻に対しこれまで行なってきた活動についての報告、また事務局長土江から橿原市がモデル事業の一環で行ってきた看板修正や点検業者を使った調査についての報告、柔整保険局長からは、患者とコミュニケーションをしっかりと取りカルテに残しておく、しっかりと自分を主張することが大切といった話がありました。

最後に会場の参加者から質疑応答があり、「今後も不当な返戻については、皆で一丸となって抗議していきましょう」と参加者全員が意思統一を図って、説明会は終了しました。

関連記事
7月22日(土)全柔協大阪事務所と各事務所をテレビ中継でつなぎ、鍼灸マッサージ保険講習会を開催しました。

h9.jpgこれは厚生労働省が6月26日付けで発出した、「『はり師、きゅう師及びあん摩・マッサージ・指圧師の施術に係る療養費の支給の留意事項について』の一部改正について」及びその取扱いに関する疑義解釈資料の内容を受けて、緊急に行ったものです。

通知の主な内容は2点
①複数の者が施術した場合、中心的に施術を行った者が施術証明欄に記載し、摘要欄に施術者名と施術日を記載する。

②1年以上・月16回以上の施術に継続理由・状態記入書を添付する)。
7月施術分より適用されています。

h92.png
当日は、まず事務局長の土江と勝浦保険局長(鍼灸マ)より疑義解釈資料の内容について解説。続いて塚原保険局長(柔整)より、柔整と鍼灸マッサージの併給について、協会けんぽ大阪支部での調査事例も交えて紹介しました。

その後理事長岸野より総括。
「中心的に施術を行った施術者が代表して記載するとなっているのは不正支給を防止する、お金を確実に返還させることが目的です。柔整と同じように鍼灸もカルテが重要な時代になる、これをしっかり書ける鍼灸師が生き残れます。」

そして上田専務理事より、今回の通知からみた今後の厚労省の動向について解説があり、最後に質疑応答が行われ終了しました。
質疑の詳細等は、事務局だより303号をご確認ください。

全国柔整鍼灸協同組合
9月4日に厚生労働省から柔道整復の施術に関する通知が発出されました。

・「柔道整復師の施術に係る療養費について」の一部改正について
・「柔道整復師の施術に係る療養費の算定基準の実施上の留意事項等について(通知)」の一部改正について
・「柔道整復師の施術に係る療養費に関する審査委員会の設置及び指導監査について(通知)」の一部改正について
・「柔道整復師の施術に係る療養費に関する審査委員会の設置及び指導監査について(通知)」の一部改正について

以上4点を組合員ひろばに掲載していますのでご覧ください。


上田たかゆきブログもご覧ください。

上田たかゆき公式サイト

第26回柔道整復師国家試験日程
平成30年3月4日(日曜日) 国試当日解答速報掲載予定

試験地
北海道、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県及び沖縄県

第26回はり師・きゅう師、あん摩マッサージ指圧師国家試験日程
平成30年2月25日(日曜日) 国試当日解答速報掲載予定

試験地
(1)晴眼者 北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、鹿児島県及び沖縄県
(2)視覚障害者 各都道府県

合格者の発表
平成30年3月28日(水曜日)午後2時

詳しくは厚生労働省HPをご覧ください。

kokushi17.jpg


H28年就業あはき師・柔整師数増加

☆H28年就業あはき師・柔整師数増加

厚労省が7月13日付で就業あはき師・柔道整復師数を公表しました。平成26年末の前回結果よりそれぞれ増加しています。

柔道整復師は6万8,120人(前回+4,247人)、
柔道整復の施術所数は4万8,024カ所(前回+2,452)でした。


全柔協ブログ一覧

アーカイブ