【東北】北海道・東北支部会開催報告

北海道・東北支部会を9月17日(日)~18日(月・祝)に

宮城県仙台市「ホテルニュー水戸屋」で開催しました。

一泊での北海道・東北支部会は、約2年ぶり・・・

組合員のご家族・スタッフの皆様にも多数ご参加いただき、とても賑やかな支部会・懇親会となりました!


20180917-1.PNG


































2日目の講習会では、

高野台マツモトクリニック院長 松本不二生先生を講師とし、3時間の講習会【ASTR~手技療法の評価と治療(筋膜リリース・SNAGを含めて)】が行われました。


初めに【イントロダクション】で

これから説明するのは、ひとつの方法であること、治療には様々な種類があるので、ひとつの知識として聞いて欲しいとの説明がありました。


座学では、

【筋膜リリース】

手技だけではない、患者の筋力強化や再発防止(セルフトレーニング)の重要性

【評価方法】

患者が痛みを訴える部位だけではなく、患者の年齢や特徴を考慮し、手の温度・脈の速さ・熱なども見落とさない、的確な評価方法についてを学びました。


実技では、松本先生が受講者に、実際にASTRと筋膜リリースを行い、組織へのアプローチ方法と筋膜の深層部の圧迫方法のポイントを説明。

受講者は松本先生の手元・指の動きに見入り、解説を聞き逃さないよう、真剣に学んでいました。


20170917-2.PNG






















その後、受講者は2人1組になり、ASTRと筋膜リリースの実技を行います。

20170917-3.PNG


















実技は「テニス肘→頚椎→腰痛」の順に行われ、

頚椎と腰痛では【タオルSNAG】を使ったストレッチ方法も併せて教えていただきました。

20170917-4.PNG




















講習会終了後のアンケートでは

「明日から使える!」「あいまいだった評価の指標を知れた」

「痛みの原因に対する考えを、もっと追求しなければと感じ刺激になった」

などの声をいただきました。


ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!


ASTR・・・

筋内の短縮・硬結した部位を手指で圧迫固定しながら、自動・他動のストレッチを行う方法。


筋膜リリース・・・

筋内の短縮・硬結を手指などで圧迫をかけたまま、ゆっくりと伸長する方法。


―――――――――――――――――――――――――――――――――

◆◇◆◇◆お問い合わせ◆◇◆◇◆

全柔協 東北事務所

住 所:福島県郡山市大町1-14-3   
TEL:024-991-0032

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



アーカイブ