1. HOME
  2. ブログ
  3. 接骨院経営
  4. 接骨院にキャッシュレス決済を導入して差別化しよう!

BLOG

よくある質問・ブログ

接骨院経営

接骨院にキャッシュレス決済を導入して差別化しよう!

現在、政府はキャッシュレス化を推進するために本腰を入れています。
日本は2015年の時点でキャッシュレス決済比率(現金に対するクレジットカードや電子マネーの利用比率)が18%と他国に比べて低い値から、2019年には26.8%に上昇。韓国が89.1%でトップ。中国、イギリス、アメリカが40%~60%。
2021年の東京五輪をにらみ、コロナ禍や外国人でも使いやすいようキャッシュレス化を一気に進めたい考えです。

コロナ禍で接骨院のキャッシュレス決済が必須に!

コロナ禍ですでにキャッシュレス決済を希望する患者が多くいます。
接骨院・鍼灸院の数が増え、競争が激しさを増していくなか、キャッシュレスへの対応は必須となっていきます。
時代の流れに沿ってすばやく対応していけるかが、今後、接骨院・鍼灸院が生き残るためのカギになります。

接骨院で一部負担金はキャッシュレスで支払えるの?

一部負担金のクレジットカード・電子マネー等でのキャッシュレス決済は、支払いの利便性を向上させる目的であり、経済上の利益の提供に当たらないためやむを得ないものとして認められています。

接骨院で使用できる電子決済は?

一部負担金を現金以外で決済できる手段

  • クレジットカード
  • 現金チャージ、銀行口座、クレジットを経由した電子マネー(例:Edy、Suica、nanaco、auWALLET 等)
  • QRコード決済(Pay)
  • デビットカード

※回数券・プリペイドカードなど施術費用を先行しての決済は、大半の金融機関で取り扱いが出来ません。個別にご確認ください。

取り扱えないもの

  • ビットコインなどの仮想通貨
  • 付与したポイントでの決済(Tポイント、楽天ポイント、dポイント、Ponta など)
    ※ポイントは健康保険施術以外は可能。

キャッシュレスのメリット・デメリット

メリット

患者にとってのメリット

キャッシュレス決済は、患者にとっては、現金を持たずに通院が可能になることや、紛失等のリスクが現金に比べて少ないことがメリットです。

接骨院にとってのメリット

接骨院・接骨院・鍼灸院にとっては、現金管理コストの削減や他院との差別化・競争力強化など、様々なメリットが期待されます。
患者が治療に行きたいときに手持ちの現金では足りない場合、キャッシュレス決済が可能な接骨院や整体院、リラクゼーション店舗など他院に行ってしまう可能性を下げることができます。さらに、手持ちの現金を気にする必要がないため患者一人当たりの平均単価が上る可能性もあります。

また、訪日外国人旅行者へも対応することが可能です。
滞在中に予期せぬケガで施術を受けたものの、現金が足りずに未払いになるケースも発生しています。キャッシュレス決済できれば、訪日外国人旅行者も受け入れやすく、料金も未払いとならずに済む可能性が高くなります。

デメリット

デメリットは、キャッシュレス決済時の手数料です。決済手数料は3%程度が標準です。キャッシュレス決済が行われると決済手数料がかかり、接骨院・接骨院・鍼灸院の利益が減ります。
2020.3月現在、期間限定で決済手数料無料にしているサービスもあります。

接骨院・鍼灸院でのキャッシュレス導入

クレジットカード

病院でのクレジットカード決済導入は、総務省などの行政も推進しており、病院に加えて、接骨院・鍼灸院でも今後導入する院が増えていくと考えられます。
参考:カードによる医療費の支払方式の拡大(総務省行政評価局)

QRコード決済

QRコード決済とは、店舗での支払い時にスマートフォンのアプリなどでQRコードを表示、もしくは店舗にあるQRコードを顧客のスマートフォンで読み取ることによって、決済を行うサービスです。
QRコード決済は、スマートフォンやタブレットなどで簡単に導入が可能なため、導入コストがあまりかかりません。

さらに、QRコード決済では現在、一番の導入のネックとなる手数料を無料にしているサービスもあり、導入するなら早いほうが差別化できます。⇒PayPay(ペイペイ)、LINE Payなど

領収証は現金同様に発行義務があります

キャッシュレス決済も現金決済同様に接骨院に領収証発行義務があります。
例えば、PayPayでの決済ではPayPayからの領収証発行はありません。

領収証はなぜ発行しなければならないのか?

「キャッシュレスにどう対応していいかわからない」とお悩みの方へ

  • 何から始めていいのかわからない
  • 他院と差別化したい
  • 導入したいがお金はかけたくない
  • 感染症対策としてキャッシュレス決済を導入したい
  • 外国人旅行者に対応したい

PayPayなら、必要なのはスマホとバーコードだけ!!

お手持ちのスマホとバーコードをご用意いただくだけで、簡単にお会計をスムーズにすることができます。

3ステップ決済

PayPayは、患者さんがスマホアプリでお店のバーコードを読み取ることで、お会計が即完了する便利なお支払いサービスです。

0円で始められる!

PayPayなら、施術所側のご負担なく導入できます。
月額固定費・決済手数料・初期投資 0円!
すべて
PayPayなら無料!
※決済手数料は2021.9.30まで無料

入金手数料も0円!

導入の流れ

  1. お申込み(フォーム)
  2. PayPay担当者よりTEL ⇒ 訪問
  3. サービス開始 サービス開始には審査があります

サービスに関するご質問はPayPay担当者へ

今すぐ他院と差別化しましょう。早めの導入がオススメです!

全柔協では、QRコード決済サービス「PayPay」と提携しキャッシュレス決済の導入を推進しています。

PayPay導入検討フォーム

※商品券、プリペイドカード、回数券の販売にはPayPayを利用できません。

 

その他全柔協で取扱いのあるサービス楽天Pay

入会・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
東北事務所 TEL 024-991-0032
東京事務所 TEL 03-5745-9030
大阪事務所 TEL 06-6315-5550
広島事務所 TEL 082-236-9696
福岡事務所 TEL 092-418-2200

入会案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ

関連記事

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
読まれている記事新着の記事

長期施術理由や再請求理由は、どこへ記載すればよいですか?

摘要欄に収まらない場合は、裏面や別紙に記載してください。 その際は、『最終来院日・柔整師名・柔整師印』の記載・押印が必要です。 記載例   印刷する

サインの代筆を書き損じた際の訂正方法を教えてください。

【質問】 患者から依頼をうけてサインを代筆したが、漢字を誤って記載してしまいました。どのように訂正すればよいですか? レセプト訂正例     印刷する

患者がレセプトのサインを書き損じた場合、どうすればよいですか?

委任状欄は患者記入欄のため、柔整師印での訂正は不可です。 印刷する