1. HOME
  2. お知らせ
  3. 【報告】6/16~臨床神経科学の未来「治療家が用いる神経科学的なケアアプローチ」

NEWS

お知らせ

セミナー・イベント

【報告】6/16~臨床神経科学の未来「治療家が用いる神経科学的なケアアプローチ」

第1回レポート「脳の機能と仕組みと体の関係、自律神経疾患、栄養学」

アメリカンカイロプラクティック神経学認定医の儀同先生による全5回の講習の1回目を開催しました。

東北

講師と受講者が患者の様々な症状に、今どのようなアプローチをしているのか、それによってどのような変化が起きているのかなどをディスカッションしている姿が見られ、学びたいという熱意を感じました。
また、会場がリラックスした雰囲気だったためか、受講者から積極的に質問や意見があがっていました。

大阪

全5回の初回の冒頭、局長がこの検査法、アプローチが今後のスタンダードになっていくことを挨拶で話されました。
柔道整復師が外傷を観ていく中で、発生原因を神経科学的に解明し、外傷が偶然ではなく、必然的に起こることを理解しなければ効率的な治療や予防ができないと話されました。

「先生方は勉強熱心なので心配していませんが、周りの仲間も巻き込んで共に勉強しましょう」と話をされました。

広島

受講者の多くが柔整と鍼灸の免許を持たれており、「自律神経疾患による悩みを抱えている患者がよく来られるから今回受講しようと思った」と言われていました。

ペンライトや聴診器など接骨院・鍼灸院では、あまりなじみがないものを使ってのケアアプローチの紹介があり、難易度が高い印象がありました。

福岡

講師から「とにかく試してみる、そして患者の反応を見ながら反応のいい治療をやっていくことが重要です」と話されました。

少人数ではありましたが、どの受講者も熱心に講義を聞いていました。ある受講者は自分の書籍を持参して講義中に確認をしたり、真剣さが伝わりました。受講者の中には、脳神経学については学校の授業で聞いた程度で、授業の内容を思い出しながら受講しているとのことでした。

第2回レポート「末梢神経障害(ヘルニア、坐骨神経痛、テニス肘など)、運動機能障害(ALS、パーキンソン病、脳梗塞など) 」

東北

受講者が、ペルニアや坐骨神経痛患者の症状に対してどのようなアプローチを行ったのか、それによりどのくらいの期間でどのように改善されていったのかなど、討論を行う姿が見られ、講習会で学んだことを活かされていました。

大阪

儀同先生による講習の第2回目は前回の復習から始まりました。新たに今回から参加される先生にも理解してもらえるよう、前回のパワーポイントを使いながらの復習だったため、本編の理解度も高かったように感じました。

今回の講習会は神経機能観察についての座学がメインでしたが、講師より「例えばこういった症状の場合、皆さんならどうアプローチをしますか?近くの人と話し合ってください」など、受講者が主体的になって考える時間が多く、また受講者同士の交流も盛んに行われました。
脳の構造や神経の機能に関する難しい講習でしたが、資料に載りきらない具体的な事例や検査法を含めて講義してくださるため、受講者が大きく頷く様子やメモを取る姿がとても多く見受けられました。

広島

受講された先生方は熱心に講師の話に耳を傾けていました。動画や実践を交えた講義内容で会場の反応も良かったように思います。

福岡

最初は、前回の復習が行われました。次にケーススタディを1つ紹介。詳細な聞き取り内容をもとに検査、そして治療と移り最後にエクササイズという流れで解説されました。「治療で必要なのは同じ治療を続けず変化を加えていくことである」と強調されました。

午後の講義に入り、椎間関節症候群についての治療プランについて各会場でミーティングを行い意見を出し合いました。各受講者とも真剣に講義を聞き実技も楽しみつつ一生懸命取り組んでいました。特に今回より受講する方は必死に講義についていっているという印象でした。また先生の言葉を聞き逃すまいとする積極的な姿勢が見られました。

第3回レポート「運動選手のパフォーマンスの向上、イップス、震え、バランス機能」

東北

講習会で教わったことを日々実践している受講者がおられ、どのように患者へアプローチをしたのか、どのように治療をしたのか、また治療後の変化などについて受講者同士で質疑応答する姿が見られ、受講者のレベルが上がっていると感じました。
実際の治療状況を撮影したものを全員で見て、意見交換をするなど“臨床講習会”になっていると感じました。

大阪

儀同先生による自律神経の正常・異常、前頭葉の働きについての説明、三半規管の動きを確認するゲイズホールディングテストのデモンストレーションがあり、その後、全員で練習を行いました。中継先の儀同先生から立ち位置やテンションをかける方向などの修正の動きの確認をしながら練習をされていました。
午後からは、プロ選手のイップスについて動画を見ながら説明がありました。

広島

受講された先生方は熱心に講師の話に耳を傾けていました。講師がこれまでの復習も入れながら進めてくださっているので、受講者は、積極的に講師に質問をされていました。
分かるからないものを分からないままにしない、明日に活かせるように真剣に参加されていたように感じました。
前半から実技の紹介も多かったので、受講者のモチベーションも上がったのではと感じました。

現在参加可能です!

内容

入会・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
東北事務所 TEL 024-991-0032
東京事務所 TEL 03-5745-9030
大阪事務所 TEL 06-6315-5550
広島事務所 TEL 082-236-9696
福岡事務所 TEL 092-418-2200

入会案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ

最新記事

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
読まれている記事新着の記事

施術管理者研修(柔道整復研修試験財団実施)開催について

柔道整復施術療養費の受領委任の取扱いを管理する「施術管理者」になるための要件のひとつである「柔道整復師 施術管理者研修」(実施:柔道整復研修試験財団)の開催についてお知らせします。 【申込先】公益財団法人 柔道整復研修試...
コメントなし

【告知】11/17(日)関東・甲信越支部会 申込10/28(月)まで

関東・甲信越支部会では、毎回、大好評の業界最新情報や、支部会に参加しなくては聞くことのできない情報をお伝えしますが、それに先立ち講演会も予定しております。お呼びする講師は非常に多くのメディア出演や著書出版で知られる「さか...
コメントなし

【事務連絡】台風19号の被災者の被保険者証等の提示について

保険証がなくても「一部負担金で施術を受けられる柔整の施術所、受領委任制度が開始されたはり、きゅう、あん摩マッサージの施術所」の施術を受けられます 10月12日付で台風19号に伴う災害の被災に伴い、厚生労働省より事務連絡「...
コメントなし