1. HOME
  2. お知らせ
  3. 【報告】6/16臨床神経科学の未来「治療家が用いる神経科学的なケアアプローチ」

NEWS

お知らせ

セミナー・イベント

【報告】6/16臨床神経科学の未来「治療家が用いる神経科学的なケアアプローチ」

第1回レポート「脳の機能と仕組みと体の関係、自律神経疾患、栄養学」

アメリカンカイロプラクティック神経学認定医の儀同先生による全5回の講習の1回目を開催しました。

東北

講師と受講者が患者の様々な症状に、今どのようなアプローチをしているのか、それによってどのような変化が起きているのかなどをディスカッションしている姿が見られ、学びたいという熱意を感じました。
また、会場がリラックスした雰囲気だったためか、受講者から積極的に質問や意見があがっていました。

大阪

全5回の初回の冒頭、局長がこの検査法、アプローチが今後のスタンダードになっていくことを挨拶で話されました。
柔道整復師が外傷を観ていく中で、発生原因を神経科学的に解明し、外傷が偶然ではなく、必然的に起こることを理解しなければ効率的な治療や予防ができないと話されました。

「先生方は勉強熱心なので心配していませんが、周りの仲間も巻き込んで共に勉強しましょう」と話をされました。

広島

受講者の多くが柔整と鍼灸の免許を持たれており、「自律神経疾患による悩みを抱えている患者がよく来られるから今回受講しようと思った」と言われていました。

ペンライトや聴診器など接骨院・鍼灸院では、あまりなじみがないものを使ってのケアアプローチの紹介があり、難易度が高い印象がありました。

福岡

講師から「とにかく試してみる、そして患者の反応を見ながら反応のいい治療をやっていくことが重要です」と話されました。

少人数ではありましたが、どの受講者も熱心に講義を聞いていました。ある受講者は自分の書籍を持参して講義中に確認をしたり、真剣さが伝わりました。受講者の中には、脳神経学については学校の授業で聞いた程度で、授業の内容を思い出しながら受講しているとのことでした。

8月以降現在参加可能です!

内容

 

 

入会・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
東北事務所 TEL 024-991-0032
東京事務所 TEL 03-5745-9030
大阪事務所 TEL 06-6315-5550
広島事務所 TEL 082-236-9696
福岡事務所 TEL 092-418-2200

入会案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ

最新記事

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
読まれている記事新着の記事

柔整審査会の面接確認 活発化

平成30年12月17日の厚生労働省が出した事務連絡により、各地の審査会の権限強化として、柔道整復師への面接確認ができるようになったことはすでにお伝えしましたが、各審査会が審査委員を指名し面接確認委員会を設置して、いよいよ...
コメントなし

医療ボランティア報告 福岡トライアスロンin志賀島

福岡トライアスロンin 志賀島 7/12 医療ボランティアが250名でメディカルチームとともに同じチームとして柔整師、鍼灸師が活躍できる貴重な大会です。 柔整師、鍼灸師の資格を持つ院長クラスの実力を有する者のみの参加にし...
コメントなし

健康ニュース9.10月号がダウンロードできるようになりました

9.10月号の印刷サービスをご入用の先生は申し込みフォームよりお申込みください。 印刷サービスについて 目次1 9.10月号のつくり2 ダウンロードはこちらから3 健康ニュース素材サイト 9.10月号のつくり 全柔協作成...
コメントなし