健康ニュースアンケート結果について

  • Pocket

クリックまたはタップで大きくなります

健康ニュースの活用方法について(その他)

待合の壁と外の壁に貼っている。
ケアマネに営業に行くときに渡している
自営している友人の店や近隣の店にお願いして置いてもらっている。
看板に取りつけて、興味のある方は取れるようにしている。(4人)
地域のイベント等に参加させてもらった時に渡したりしている。
老人会の人に少量渡している。訪問施術に行った時に渡している。
患者さんへ送付
玄関の外にチラシ入れを置いて、自由にとれるようにしている。協力施設の受付に置かせてもらっている。
院内に掲示
新患に渡している(3人)
院前に設置スペースを作って置いている。(3人)
訪問施設への配布。院外に置いている。
ビニールパックして外の通りにぶら下げています。
新患へのDM
町会の回覧板の中に入れてもらっている。
掲示板
近隣のカフェに置かせていただいています。
いなかのおばあちゃんに送ってます(いつも喜んでくれています)。
拡大コピーして待合スペースの壁に貼っています。
近所の商店に置いている。
希望者に郵送
店舗外壁において誰でも取っていけるようにしている。
ホームページのお知らせの欄に内容を記入させていただいてます。
スポーツジムのスペース
入口のドアに表に見えるように貼っている。
ホームページに掲載している。
近隣の来ていない患者宅にポスティングしている。

健康ニュースについてのご要望(自由記入)

偶数月号の表面を新しい記事にして欲しい。
 →活用いただきありがとうございます。オリジナルの原稿を活用いただいている先生もいらっしゃるため、写真のみの変更としております。
毎回楽しみにしている患者様が何人もいます。自費治療を増したせいか少し余るようになった。
両面を1枚に大きく拡大して壁に貼っています。壁に貼る用のポスターみたいな感じなのはできませんか。きれいし、見やすいのでいいな!と思います。
これからもよろしくお願いいたします。
患者さんからの評判も良く、最近は情報番組も多く大変だと思いますが、毎号楽しみにしているのでこれからも頑張ってください。
いつもありがとうございます。
偶数月号があることを知らなかった。(2人)
いつもありがとうございます。大変助かっております。
患者のほとんどが高齢者で、少し字が小さいので読みにくいと声をいただいています。
 →ありがとうございます。できる限り大きくなるように調整します。
ダウンロードはいらない。院内配布専用に戻してほしい。
 →ご迷惑をおかけしています。お申込みいただければ2ヶ月に1回は無料で50枚を印刷してお送りしています。ダウンロードは組合員全員のサービスです。
いつもとても役立ってます。
原稿を書く時間の余裕がありません。
院の外のブラックボードに設置
イラストを自由にダウンロードして、院に応じた作品として手を加えたい。
 →過去に健康ニュースで使用したイラストや写真は可能な限りダウンロードできるようになっています。ご活用ください(健康ニュース素材サイト
発行は「全柔協」と記載した方が良いような気がします。
 →ありがとうございます。健康ニュースはあくまで接骨院発行で患者さん向けのフリーペーパーという趣旨のサービスです。
こちらで編集できる部分や大きな枠の編集を増やしてほしい。
 →オリジナルの原稿は表面のほぼすべての部分に掲載可能ですが、枠の大きさは変更できません。ご了承ください。
2カ月に一度では少ないので偶数月号を利用していますが、ぜひとも表の記事もやはり毎月変えてほしいです(表面だけみて「またおなじか?」と言われてしまうこともあります)。とても役立っています。患者さんからも楽しみにしてもらっています。
 →活用いただきありがとうございます。オリジナルの原稿を活用いただいている先生もいらっしゃるため、写真のみの変更としております。
いつもありがとうございます。患者様が喜ばれています。
大変便利に利用させていただいています。
東洋医学視点からみた食べ物についての記事が載るとうれしいです。むくみや肝疲労など
 →できる限り希望に沿った記事作成を心がけます。オリジナルの原稿掲載もご検討いただければ幸いです。
いつもためになる新聞をありがとうございます。患者さんも毎回楽しみにしてくださっています。これからもよろしくお願いいたします。
院名の表記(2院同時表記する際)において、本院、分院をバランスよく表記できるようにしていただければうれしく思います。
偶数月号の意味がわかりません。
全柔協への情報の仕方がわからないので出しておりません。勉強して掲載してもらうようにします。
ちょうどいい感じの話題、ニュースを載せていただいて、大変好評です。
紙面の都合もあるでしょうが、大きな字にしてほしいと思います。
 →ありがとうございます。できる限り対応いたします。
思い立った時は、締切が過ぎていることが多く、なかなか載せられないのが現状です。早めに予定を立てていきます。新聞を楽しみにされている患者さんもおられます。
フェイスブックに載せたいが、やり方がわからないので、教えていただければ助かります。
 →大変申し訳ございません。個別の活用方法についてはお答えしかねます。テキスト版のダウンロードや素材サイト等をご活用いただきたく思います。
健康ニュースの体操、セルフ整体など各先生のオリジナルのものを応募できると面白いのでは?
 →ありがとうございます。記事のネタのリクエストはいつでも受付しています。必ず掲載されるという保証はできません。
各保険者からの封書等が届いた場合、必ず連絡をくださいというような旨の事を載せていただければ……
 →少し前までは掲載しておりましたが、様々なご意見をいただいたため現在は掲載していません。希望が多いようですので再検討いたします。
いつも原稿の横にイラストを入れていただいています。ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。
すばらしいサービスです。このサービスで全柔協を選んでいます。ダウンロードできるのも良いです。今後とも集客に活用させていただきます。
 →ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。
昔からの患者さんから、ボリュームが? 小さくなったのがさびしいといわれましたが内容は濃いと思います。
院長からのお知らせ欄のところに、たまに患者照会等の事を書いていただけたら。
 →少し前までは掲載しておりましたが、様々なご意見をいただいたため現在は掲載していません。希望が多いようですので再検討いたします。
患者さんの「ウケ」はとてもいいです。
大きい方がよい。
院長からのお知らせをなくしたいです。
 →大変申し訳ございません。接骨院から患者さんへのフリーペーパーとして発行していますので、なくすことはできません。ご了承ください。
会員全員にイラストを使えるようにしてほしい。
 →申し訳ございません。素材サイトについては、印刷サービスをご利用いただかない代わりの特典としての意味合いがあります。ご了承ください。
原稿内容は良いときと悪いときがある。
 →ありがとうございます。今後もできるだけ全ての組合員のみなさんに喜んでいただけるような内容を検討していきます。
ストレッチなど患者さんの評判が大変よいです。
いつも素敵な記事を提供して下さりありがとうございます。喜んでおられる患者さんもいます。今後とも楽しみにしています。
印刷してもらった物を送ってもらっていますが、患者さんにもすごく喜んでもらえているので、すごく助かっています。カラーのプリンターがないので重宝しています。
ぜひ続けていただきたいサービスの一つです。
患者さんから好評です。これからも継続をよろしくお願いいたします。
楽しみにしています。
毎月無料分がでればありがたいです。
現状の50部無料配布はありがたいので続けて欲しいです。
お手数ですが患者さんに喜んで頂いております。永く継続して頂ければ幸いです。
薬や漢方について載せて欲しいです。いつもありがとうございます。
 →ありがとうございます。全ての組合員のみなさんが患者さんからの質問に答えられるように内容を検討しています。専門知識等はオリジナルの原稿をご活用いただければ幸いです。
三つ折りにしていただけると助かります。
 →ありがとうございます。サービスの特性上、特定の先生のみ特殊な対応を取るのが難しい状況です。ご了承ください。
患者様に好評にて継続お願いします。
現状で満足しております。
内容等すべていいです。患者さまも心待ちにしています。今後ともよろしくお願いいたします。
いつもありがたく頂戴しています。世の中のこと、健康に関することで楽しみにしている患者さんもたくさんいます。これからもよろしくお願いいたします。
柔道整復の成り立ち、ヒストリー、社会貢献などを掲載してほしい。
 →ありがとうございます。できるかぎり検討はいたしますが、各組合員のみなさんの社会貢献活動などを全て把握できません。ご了承ください。
バックナンバーのダウンロードができるようになってほしい。
過去1年分でもいいです。
 →ありがとうございます。検討いたします。
健康ニュースのバックナンバーの素材をダウンロードできるので、
自院作成のチラシに利用させていただいています。
できれば、もっと以前の素材のダウンロードも欲しいです。
保存してあるバックナンバーを見て素材を使おうと思っても、サイトにまだアップしてなくて、残念に思うことがたびたびありました。
手持ちのバックナンバーからスキャンしても画像がキレイに出ないので(汗)
 →ご迷惑をおかけしています。できる限り早くアップロードしていきます。
偶数月の分を毎回ダウンロードし忘れてしまいます。
過去数ヶ月分のバックナンバーをダウンロードできるようにしてもらえると助かります
 →ありがとうございます。ダウンロード開始日には毎月メルマガでご案内しています。バックナンバーについては検討いたします。
奇数、偶数で同じではなく、毎号違う内容だとうれしいです。
→活用いただきありがとうございます。オリジナルの原稿を活用いただいている先生もいらっしゃるため、写真のみの変更としております。
いつもありがとうございます。患者さんもとても楽しみにしておられます。記事を考えるのは大変だと思いますが、これからもお願いします。
偶数号も発行してほしい
 →ありがとうございます。偶数月号は有料となりますが発行しています。
折角のサービスなのでこれを機に色々利用したいと思います。
偶数月号があることを初めて知りました。
無料で50部助かってます
セルフストレッチのコラムを増やしてほしい。
 →ありがとうございます。検討してまいりますが、よろしければオリジナルの原稿もご活用ください。
毎回印刷物を送っていただ有難うございます。ストレッチとかトレーニングの記事に興味を持たれるようです。
 →ありがとうございます。参考にします。
自分で作ろうと思うと大変なので助かっている。
為になる記事が載っていて面白いと思う。
ありがたいです。これからもよろしくお願いいたします。
特にありません。いつもありがとうございます。
三つ折りにすると記事の表紙のところは丁度いい感じになるが、記事の真ん中が折り目になるので折り目通りに3つに分かれていたらいいと思いながらいつも折っている。
 →ご活用いただきありがとうございます。今後レイアウトの見直しなどを行う際に検討いたします。
いつも利用させていただいてます?
時々ブログのネタにさていただいてます。
来院されている患者さんからは、好評して頂いてます。以前のように大きな用紙サイズで毎月送付してもらえたら、ありがたいです。
 →ありがとうございます。今後の検討課題といたします。
整形外科には、ない伝統医療の素晴らしさをアピールする内容があればいいと思います、整形の医者の言うことは、聞く(信用)が柔整師の言うことは、いざとなると信用がないような感じになるので。
 →ありがとうございます。できる限り内容に反映させますが、現場の空気感はこちらではわからない部分も多いので、よろしければオリジナルの原稿もご活用ください。
患者様も喜んで持って帰ってくれて読んでくれています!
出来れば保険適用の範囲や保険外との違い(一般的な急性と慢性時の適用の有無など)を分かり易くして掲載していただければありがたいです!
 →ご活用いただきありがとうございます。保険適用と保険外等については健康ニュースとは別に患者向けリーフレットをご用意しています。「教えて!柔道整復師さん」(組合員ひろば)
偶数月号も①の文章と⑤の写真を新しく配信していただければありがたいと思います。
 →ありがとうございます。偶数月号は、現在⑤の写真のみ変更しています。①は内容に応じて適宜変更する場合もございます。
ポスティング利用のため、無料枚数を増やしてほしい。院のメニューを書きたいので、時々ホームページ用レイアウトもしてほしい。女性患者が興味を示すような内容も掲載してほしい。患者へのPRのため、例えば4コマ漫画などを描いてほしい。サイズは現行が良い。
 →ありがとうございます。希望される枚数がわかりませんが、新聞折込やポスティング利用のために2,000枚以上の追加については格安のプランも用意しています。なお、あくまで患者さん向けのフリーペーパーですので、WEB用の加工はしておりません。原稿内容についてはオリジナルの原稿掲載もできますので、ぜひご活用ください。
簡単な体操は患者さまからご好評をいただいております。身体にいい食材とレシピなども教えてもらいたいというお声をいただいておりますので、参考としていただけましたら光栄です。
 →ありがとうございます。参考にいたします。
評判がいいです。いつもありがとうございます!
いつも楽しく拝見させていただいております。
患者から文字が小さいといわれる。
 →ご迷惑をおかけしています。今後できる限り大きく掲載します。
患者さまから好評なので続けていただきたいです。
満足しています。毎月にしてほしいです。

お忙しい中、ご回答いただきありがとうございました。
ご要望の一部はオリジナルの原稿等として、すでに最新の健康ニュースに反映しています。また個人情報に関わる部分の掲載は控えていますのでご了承ください。

  • Pocket

オリジナルの原稿を掲載しませんか?

健康ニュースでは先生のオリジナルの原稿を掲載できます。
例えば、新年や新年度に合わせた挨拶や、自費メニューの紹介、新サービスの紹介など、患者さんとの距離をより一層縮められること間違いなし。

写真を変えるだけでも、印象が変わるのでオリジナル感を出すことができます。

オリジナルの原稿を掲載する

SNSでもご購読できます。