1. HOME
  2. お知らせ
  3. 【新型コロナ対策】接骨院の患者減少対策のカギは「安心感」

NEWS

お知らせ

組合員向け

【新型コロナ対策】接骨院の患者減少対策のカギは「安心感」

なかなか下火にならない「新型コロナウイルス感染症」。
ここまで長引くと、感染対策や予約施術の導入だけでは患者さんは減っている…という声もお聞きします。
そんな中、患者が増えている施術所もあります。

目で見てわかることが安心感につながる

患者を増やしている施術所には「患者に安心感を与える」という共通点があります。
では、どのようにすれば安心感を与えられるのでしょうか。

ポスターで“見せる”

全柔協では2020年7月から国の基準に準じたガイドラインをHPで公表していたので、その時点から対策を取られていた方も多かったと思います。
しかし、ただガイドラインを守っているだけでは患者は安心しません。安心感を与えるにはポスターも一緒に活用し、行っている対策が「目で見てわかる」という視覚化が必要です。

ポスターを掲示している施術所では
「ホームページやポスターで、しっかり対策がとれているのが確認できたので安心した」
という患者さんの声があったそうです。安心して患者さんに来院してもらうには、対策が「目に見える」=視覚化することがとても大切です。

検査の結果を“見せる”

当初は態勢が整っていなかったこともあり、なかなか受けられなかったPCR検査・抗体検査ですが、今では検査を受けることのハードルがずいぶん下がりました。

スタッフ全員が検査を定期的に受け、その結果を院内に掲示することで、患者さんに安心を与えるだけでなく、しっかりした対応に信頼感も増します。

ただ検査を受けているだけでなく、「目で見てわかる」ことがとても大事です。

ポイント! 行っている対策を行動で“見せる”

患者は、新型コロナのために施術所が行っている対策が見えることで安心できます。
例えば、

・タオルを交換する
・手やベッド、機器類を都度消毒する
・窓を少し大きく開ける
・換気をするときは「換気しますね」と声に出す

など普段見せないことを、あえて患者に見せることが安心感につながります。

関連記事

この記事は参考になりましたか?

入会・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
お問い合わせ

入会案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ(組合員)

最新記事

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
読まれている記事新着の記事

音声で楽しむ!「全柔協ラジオ」続々配信!

東洋医学や柔道整復をもっと広め様々なシーンで接骨院を活用してもらうラジオ番組です。 全柔協の組合員(柔道整復師)がパーソナリティとなり、接骨院の施術現場の“生の声”を伝えることで東洋医学や柔道整復、接骨院をさらに身近に感...

柔整・鍼灸マの施術所はこれまで通り“保険証”が必要です

目次1 これまで通り「保険証」を持ってきてもらう2 患者さんにしっかりアナウンスを!3 早ければ令和4年からスタート これまで通り「保険証」を持ってきてもらう 令和3年10月20日※から、医療機関(医科・歯科)や薬局では...

【東京都】江東区 被保険者調査の実施について

江東区生活支援部・医療保険課より、令和3年6月から8月施術分を対象に被保険者調査を実施するとの連絡が ……組合員限定コンテンツです。 旧組合員ひろばのユーザー名、パスワードでログインしてください。ログイン後に全文が表示さ...
backspace
caps lock enter
shift shift
Virtual keyboard by Loderi.com   « » { } ~