1. HOME
  2. お知らせ
  3. 【急募】日本生命の保険に入られている組合員の方へ

NEWS

お知らせ

組合員向け

【急募】日本生命の保険に入られている組合員の方へ

全柔協では、「日本生命保険相互会社」との団体契約を行っています。
日本生命とご契約中の方には、是非ご協力いただけますよう、宜しくお願いいたします。

日本生命の団体取り扱い変更のお願い

  1. 保険料のお支払い方法の変更
  2. 個人の銀行口座等からの自動引き落とし ⇒ 全柔協からの送金引落

【対象】
日本生命の保険を「個人」で契約されている方(組合員とそのご家族)
※全柔協の団体保険(疾病災害補償制度)は対象外です。
※団体扱いに変更できる保険が対象。ご加入中の保険が団体扱いに変更可能な保険かどうかは全柔協から保険会社へ確認させていただきます。

【目的】
保険料支払いに利用された銀行などの金融機関には、日本生命から保険料の数%の手数料(事務費)が振り込まれる仕組みとなっており、お支払いを全柔協からの送金引き落としに変更いただけますと、その手数料(事務費)が全柔協に支払われるようになります。
この手数料収入は、組合員皆様へのサービス充実を目的に全柔協の運営費に使用させていただきます。

【締切】
1次締切:1月29日(金)
2次締切:2月12日(金)

【お申し込み方法】
ご協力いただける方は本フォームから「証券番号」「被保険者名」のご連絡をお願いいたします。

申込フォーム

本取り組みは全柔協の運営・サービス向上の資金の一部に繋がりますので、安定的な運営のため、是非ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

全柔協 会務2係

入会・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
東北事務所 TEL 024-991-0032
東京事務所 TEL 03-5745-9030
大阪事務所 TEL 06-6315-5550
広島事務所 TEL 082-236-9696
福岡事務所 TEL 092-418-2200

入会案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ

最新記事

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
読まれている記事新着の記事

長期施術理由や再請求理由は、どこへ記載すればよいですか?

摘要欄に収まらない場合は、裏面や別紙に記載してください。 その際は、『最終来院日・柔整師名・柔整師印』の記載・押印が必要です。 記載例   印刷する

サインの代筆を書き損じた際の訂正方法を教えてください。

【質問】 患者から依頼をうけてサインを代筆したが、漢字を誤って記載してしまいました。どのように訂正すればよいですか? レセプト訂正例     印刷する

患者がレセプトのサインを書き損じた場合、どうすればよいですか?

委任状欄は患者記入欄のため、柔整師印での訂正は不可です。 印刷する