1. HOME
  2. お知らせ
  3. 【事務連絡】新型コロナの影響で中止になった施術管理者研修受講者への特例について

NEWS

お知らせ

業界情報

【事務連絡】新型コロナの影響で中止になった施術管理者研修受講者への特例について

厚生労働省より、新型コロナウイルス感染症の影響により中止になった施術管理者研修受講予定者への特例について、事務連絡が発出されました。

【開催中止】令和2年3月分

対象となる方

令和2年3月実施分の施術管理者研修受講を予定していた方

研修修了証の提出期限

令和3年2月1日に延長。

新規や施術管理者変更等の受領委任の登録または申出

令和2年3月19日から受領委任の登録の申出または届出ができる
※実務経験期間証明書の写し、確約書の提出、研修試験財団からの研修中止に関する連絡書類の提出が必要

【開催中止】令和2年4月分

対象となる方

令和2年4月実施分の施術管理者研修受講を予定していた方

研修修了証の提出期限

令和3年3月31日に延長。

新規や施術管理者変更等の受領委任の登録または申出

令和2年4月23日から受領委任の登録の申出または届出ができる(令和2年4月実施分の施術管理者研修受講を予定していた方)。
※実務経験期間証明書の写し、確約書の提出、研修試験財団からの研修中止に関する連絡書類の提出が必要

【開催中止】令和2年5月分

対象となる方

令和2年5月実施分の施術管理者研修受講を予定していた方

研修修了証の提出期限

令和3年6月30日に延長。

新規や施術管理者変更等の受領委任の登録または申出

令和2年5月28日から受領委任の登録の申出または届出ができる。
※実務経験期間証明書の写し、確約書の提出、研修試験財団からの研修中止に関する連絡書類の提出が必要

【開催中止】令和2年6月分

対象となる方

令和2年6月実施分の施術管理者研修受講を予定していた方

研修修了証の提出期限

令和3年6月30日に延長。

新規や施術管理者変更等の受領委任の登録または申出

令和2年6月18日から受領委任の登録の申出または届出ができる。
※実務経験期間証明書の写し、確約書の提出、研修試験財団からの研修中止に関する連絡書類の提出が必要

【申込中止】令和2年7月~9月開催予定分

対象となる方

令和2年7月から10月までに開業予定で、令和2年7月から9月実施分の施術管理者研修の申込を予定していた方

研修修了証の提出期限

受領委任の届出または申出から1年以内。

新規や施術管理者変更等の受領委任の登録または申出

令和2年7月1日から10月30日まで、受領委任の登録の申出または届出ができる。
※実務経験期間証明書の写し、確約書の提出が必要

中止になった施術管理者研修について

当初、令和2年6月から12月の間で代替開催を検討していたようですが、新型コロナウイルス感染症の収束の目途が立たないことから、3月開催分の申込者に、研修申込再開後には優先して申込を行えるようにする、との連絡があったようです。

公益財団法人 柔道整復研修試験財団

事務連絡本文

令和2年3月5日付け

令和2年3月27日付け

令和2年4月21日付け

入会・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
東北事務所 TEL 024-991-0032
東京事務所 TEL 03-5745-9030
大阪事務所 TEL 06-6315-5550
広島事務所 TEL 082-236-9696
福岡事務所 TEL 092-418-2200

入会案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ

最新記事

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
読まれている記事新着の記事

【優先度追加】2020年4月からの柔道整復師 施術管理者研修の申込方法変更について

2020年4月からの柔道整復師 施術管理者研修の申込方法の変更点は、現行の「先着順」から、予約申請された方のお申し込みを一旦受け付けた後、「優先度の高さ」 ※ などを考慮して受講者を決定し、受講のご案内を各申請者に通知す...

【接骨院】マスク着用でも好印象を与えるには?

人は眉と口元の動きを見て感情を読み取っているといわれています。 マスクで口元が隠れてしまうと感情が読み取れず、患者さんは不安や不信感を抱きやすくなります。 患者さんに不安を抱かせないためにも非言語コミュニケーションを活用...

身だしなみ、それでOK? 接骨院の第一印象アップ大作戦

柔整師・鍼灸師の方の中には「何よりも技術が大事。技術があれば患者さんが喜び、また来院してくれる」と考えて、ケガや痛みの改善のために技術の向上を目指し、患者さんのため日々邁進している方が多いのではないでしょうか。 目次1 ...