1. HOME
  2. お知らせ
  3. 【新型コロナウイルス対策】緊急事態宣言が継続 患者さんは接骨院を探している

NEWS

お知らせ

組合員向け

【新型コロナウイルス対策】緊急事態宣言が継続 患者さんは接骨院を探している

接骨院ネットワーク」は全柔協が運営する接骨院検索サイトで、月間約1万5,000ほどのアクセスがあります。
接骨院ネットワークの利用者は接骨院を探している一般の方、つまりこれから接骨院で施術を受けようと考えている見込み患者です。

接骨院は医療施設

まず、こちらのグラフをご覧ください。

これはインターネット上で接骨院ネットワーク(または掲載された接骨院)を検索した数の推移です。
色付きの部分は、新型コロナウイルス感染症拡大防止のために最初に緊急事態宣言が出された2020年4月7日から、延長される前の解除される前日だった5月6日までの期間です。

興味深いのは緊急事態宣言後も、接骨院を検索した数はあまり変わっていないこと。
これは接骨院に休業要請が出ていないことで「休業していない」と判断されたからだと思われます。
そして5月6日には、緊急事態宣言が出る前よりも検索数が伸びており、週末を挟んで高い検索数を維持しています。

なぜ緊急事態宣言後も、接骨院が検索されるのか

ではなぜ緊急事態宣言後も接骨院が検索されているのでしょうか。
理由は単純に「患者が緊急事態宣言解除を待ち望んでいたから」です。

待ち望んでいた理由はいろいろ考えられます。

例えば…
・外出自粛で通院できなかった
・外出自粛で痛みをガマンしていた
・リモートワーク、テレワークで痛みが出た など

患者は接骨院に通いたい

先程の検索数のグラフをもう一度見てみましょう。

この表から読み取れるのは、やはり「患者は接骨院に通いたい」ということです。

このデータは、全柔協の組合員施術所が掲載された「接骨院ネットワーク」のものです。組合員のみなさんの接骨院運営の参考になれば幸いです。

患者が遠のいて時間がある今だからできる!患者獲得への取り組み

今できる!接骨院の患者獲得方法

時間のある今、これからの接骨院経営のために“種まき”できることはたくさんあります。

接骨院ネットワークに自院の詳細(HP)を掲載する

DMで再来院してもらうキッカケを作りましょう

【動画:6つの新患獲得ツール】不況に負けない整骨院経営法
患者が遠のいて時間がある今だからできる集患の取り組み(組合員限定動画)

影響が少ない接骨院は予約を取っている

予約欄付き診察券を使って「予約率UP!」

入会・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
東北事務所 TEL 024-991-0032
東京事務所 TEL 03-5745-9030
大阪事務所 TEL 06-6315-5550
広島事務所 TEL 082-236-9696
福岡事務所 TEL 092-418-2200

入会案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ

最新記事

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
読まれている記事新着の記事

施術所を一時的に閉める場合は必ず全柔協にご連絡ください

組合員の方で、移転準備や病気療養、新型コロナ対策等の様々な理由により、施術所を一時的に閉められることもあるかと思います。 その際、全柔協からの送付物(支払明細書...

2020年度総代会・総会可決事項

2020年度総代会・総会では全ての議案が可決されました。 可決事項を組合員ひろばに掲載しました。 2020年度総代会・総会可決事項(組合員ひろば)  ...

必ずレセコンのバージョンアップを行ってください

同封のCDで必ずバージョンアップを行ってください 令和2年6月料金改定などに対応したバージョンアップCD を5 月末発送物に同封しています。 添付の手順に従って...