1. HOME
  2. ブログ
  3. 接骨院経営
  4. 【接骨院】署名欄の記入について~外国名の保険証だったら~

BLOG

よくある質問・ブログ

接骨院経営

【接骨院】署名欄の記入について~外国名の保険証だったら~

≪この記事は柔道整復師、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師向けです≫

外国名の保険証のサインはどうしたらよい?

最近は外国の方が接骨院に来ることも増えてきました。その際、保険証をお持ちの方は姓名が英語かカタカナの表記になっているはずです。
そんなとき、療養費支給申請書(レセプト)のサインはどのように記入してもらったらよいのでしょうか。

基本的には保険証どおりにサインをいただくこと

署名する外国人保険証の登録通りにサインをいただいてください。
本人の直筆が困難であれば患者ぼ印を押印の上、柔整師が代筆してください。

もちろん英語やカタカナ表記の方も、保険証のとおりに記入していただくのが正しいサインの方法です。
しかし、筆記体などでさらさらっと記入されると署名が合ってるのか、合ってないのか分かりづらいことがあります。また、ミドルネームがある場合もあるので、保険証にはないものが記入されたり、保険証に記載があるのに記入されなかったりと判断が難しくなります。
最終的には保険者判断になりますが、レセコンに入力するときはサインにかかわらず、必ず保険証どおりに入力しましょう。

外国の方の保険証には様々なパターンがありますが、基本的には保険証どおりにサインをいただければ問題ありません。

この記事は参考になりましたか?

入会・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
お問い合わせ

入会案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ(組合員)

関連記事

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
Search in posts
Search in pages
読まれている記事新着の記事

全柔協講習会Web会員数(累計)が2022年9月末時点で1301人になりました

全柔協講習会Web会員とは 講習会を割引価格で受講できます。 最新の業界情報等をメールで配信します。 求人募集サイト(治療院ジョブ)へ無料登録できます。 講習会を割引価格で受講できる 全柔協が主催・紹介している講習会をW...

レセプト提出についてのお願い

目次1 レセプトは7日 大阪事務所必着2 レセプトはレターパックプラス(赤色)で早めにお送りください3 「追跡番号等」で到着確認してください4 大阪事務所へレセプトをお持ちいただく方へ5 レセプト並び替えについて6 お手...

10月のお知らせ

最新情報を「メール」でGET! >> 全柔協情報配信システム(メールマガジン)が届かない方へ レセプト提出締切は 毎月7日 営業時間内 大阪事務所必着(土日祝でも)です! >>レセプト提出について...