1. HOME
  2. ブログ
  3. 接骨院経営
  4. 【接骨院】署名欄の記入について~外国名の保険証だったら~

BLOG

よくある質問・ブログ

接骨院経営

【接骨院】署名欄の記入について~外国名の保険証だったら~

外国名の保険証のサインはどうしたらよい?

最近は外国の方が接骨院に来ることも増えてきました。その際、保険証をお持ちの方は姓名が英語かカタカナの表記になっているはずです。
そんなとき、療養費支給申請書(レセプト)のサインはどのように記入してもらったらよいのでしょうか。

基本的には保険証どおりにサインをいただくこと

署名する外国人保険証の登録通りにサインをいただいてください。
本人の直筆が困難であれば患者ぼ印を押印の上、柔整師が代筆してください。

もちろん英語やカタカナ表記の方も、保険証のとおりに記入していただくのが正しいサインの方法です。
しかし、筆記体などでさらさらっと記入されると署名が合ってるのか、合ってないのか分かりづらいことがあります。また、ミドルネームがある場合もあるので、保険証にはないものが記入されたり、保険証に記載があるのに記入されなかったりと判断が難しくなります。
最終的には保険者判断になりますが、レセコンに入力するときはサインにかかわらず、必ず保険証どおりに入力しましょう。

外国の方の保険証には様々なパターンがありますが、基本的には保険証どおりにサインをいただければ問題ありません。

この記事は参考になりましたか?

入会・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
お問い合わせ

入会案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ(組合員)

関連記事

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
読まれている記事新着の記事

【動画】マラソンランナーのためのテーピング法

マラソンランナーによく起こる症例に対するテーピング法を紹介します。 【講師】 村上征寛 村上鍼灸師圧組合員限定コンテンツです。 旧組合員ひろばのユーザー名、パスワードでログインしてください。ログイン後に全文が表示されます...

全柔協と大阪府警察との「安全・安心なまちづくり」に関する協定

全国柔整鍼灸協同組合(以下、全柔協)と大阪府警察は、相互に連携し、地域住民が安全で安心して暮らせるまちづくりを目指して、「安全・安心なまちづくりに関する協定」を締結しています。 全柔協と大阪府警察が締結した「安全・安心な...

全柔協と大阪府警察が「安全・安心なまちづくり」に関する協定締結

2021年10月12日、全国柔整鍼灸協同組合(以下、全柔協)と大阪府警察は、相互に連携し、地域住民が安全で安心して暮らせるまちづくりを目指して、「安全・安心なまちづくりに関する協定」を締結いたしました。   全...
backspace
caps lock enter
shift shift
Virtual keyboard by Loderi.com   « » { } ~