11月13日(日)に「秋の整骨院 開業セミナー」を

TKPガーデンシティ仙台(AER30階)

にて開催致しました。


1 最新の保険請求事情・患者さんに選ばれる施術所創り

2 開業までの注意点

  全国柔整鍼灸協同組合 東北事務所 所長代理 伊藤

20161113 (1).jpg














3 資金調達のポイント

      日本政策金融公庫 東北ビジネスサポートプラザ 営業担当者


20161113 (2).jpg














4 医療機器説明体験コーナー

メーカー4社の担当者にご協力をいただきました。

(伊藤超短波、オージー技研、日本メディックス、ミナト医科学)

20161113-1.PNG



















医療機器体験コーナーでは、全ての最新医療機器を実際に体験し、

効果や特徴などについて担当者から説明がありました。


セミナー終了後、受講者から

「参加して良かった」

「説明を聞いて、事業計画を1から立て直そうと思った」

などの声をいただきました。


ご参加をしていただきました皆様、本当にありがとうございました。

―――――――――――――――――――――――――――――――――

◆◇◆◇◆お問い合わせ◆◇◆◇◆

全柔協 東北事務所

住 所:福島県郡山市大町1-14-3   
TEL:024-991-0032

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆





 平成28年10月23日(日)

「猪苗代湖ハーフマラソン2016」にて

今回で活動4年目となるボランティア活動!


活動には、福島県内外の全柔協組合員の施術所の先生と

福島医療専門学校の教員・スタッフ・学生・施術所スタッフ

全柔協スタッフ、総勢30名が参加しました。


4440 1.jpg


体育館内に設置した「メディカルチェックトレーナーズブース」は

ランナーが早くから並んだため、予定時刻を15分早めて開始。


ベッド16台(うち4~5台鍼灸)はすぐに満床になり
ストレッチやテーピング、はり・灸など

症状に応じた施術を行いました。


DSCN4429 1.jpg


大会は部門別(ハーフ、男女別10キロ、中学・小学男女、親子)

に行われ、時間差でスタート・フィニッシュする沢山のランナーに

次々と対応しました。


DSCN4467.jpg


DSCN4411.jpg

ブースはレース前後の施術を受ける方達で大賑わい

イスを急遽増やすほどで、なかには捻挫をしたりレース後

気分が悪くなった方も訪れていました。

また、今年は昨年よりも施術を受ける小中学生の姿が目立ち

施術は子ども達にも好評でした☆


DSCN4442.jpg

DSCN4416.jpg


年齢や症状が違うランナー一人一人に

とても丁寧に接していた先生方の姿と、施術後の

ランナーの嬉しそうな笑顔が印象的でした。


4452 1.jpg


DSCN4475.jpg


施術数は昨年よりも20名ほど多く
レース前92名、レース後210名、合計302名(柔整248・鍼灸54)

となりました!(マラソン参加者2,456名)


皆様、大変お疲れさまでした!!


※『猪苗代湖ハーフマラソン』・・・福島県を代表する磐梯山や猪苗代湖を

            望むことができる今年6回目の人気のある大会。


―――――――――――――――――――――――――――――――――

◆◇◆◇◆お問い合わせ◆◇◆◇◆

全柔協 東北事務所

 福島県郡山市大町1-14-3   
TEL024-991-0032

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆






日(10(日)に開催された

OXFAM TRAIL WALKER 東北2016 』にて

医療ボランティア活動を行いました。

OXFAM TRAIL WALKER・・とは、、 

4人1組のチームで参加する世界的に行われている

トレイルウォーキング&ランニング・イベントです


20160715-1.png













今回の『東北2016』のコースは、

24時間以内にフィニッシュする50kmコースと

48時間以内に100kmのコース。


コース内に設置されたチェックポイントで

「福島医療専門学校」のボランティア参加者と共に

福島県内の組合員及び施術所スタッフ(11名)にご協力いただき

医療ボランティア活動を行いました。


20160715-2.PNG




















選手がチェックポイントに到着する時間は様々・・・

疲労や体力消耗の激しい選手へのケアは

昼夜を問わず48時間体制をとりました。


メニューは、ケガ予防のテーピング、疲労のケア

キズやマメの処置、鍼による施術等です。


20160715-3.PNG























今回治療を受けた方は2日間で、約250名


寒暖差の激しい中、長距離を移動する選手達。

治療前は痛みで歩くこともままならない

治療後には満面の笑みを浮かべ

「とても楽になりました」「ありがとう」の言葉を残し

再出発する姿が、とても印象的でした。


選手の皆様、ボランティアにご協力いただいた皆様

本当にお疲れ様でした!


―――――――――――――――――――――――――――――――――

◆◇◆◇◆お問い合わせ◆◇◆◇◆

全柔協 東北事務所

住 所:福島県郡山市大町1-14-3   
TEL:024-991-0032

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆





6月19日(日)

保険講習会~カルテの道も一歩から~が

開催されました!


全柔協 柔整保険局長 塚原康夫先生を講師とし、

3時間の保険講習会が行われました。


今回は『分からないことがあれば、すぐに気軽に質問』

のオープンキャンパススタイル。

塚原先生ならではのユーモアを交えた自己紹介で

会場から笑みがこぼれ、和やかなムードで講習会が始まりました。


まず初めに「不正とは何か」

過去に実際に起こった事件の話と合わせて

「知らなかった・・・」では済まされない

不当請求→不正請求のメカニズムを学び、


次に、問診の方法。

患者さんが施術者に伝えたいことは

身体の痛みのことだけ・・・とは限りません。

精神的な要因を『苦』、物理的要因を『痛』として

講師の体験談を基に、患者に寄り添い『苦痛』を取り除く方法を習得!


20160619-1.JPG














また、『疼痛反応と耐性限界(痛い限界のライン)』について

グラフでの説明の後、

亜急性の概念についてを教えていただきました。


続いて、問診の実践では、

①施術者

②医師により『ヘルニア』と診断をされた患者さん

③第三者(問診の要点をチェック)

の3人1組になり、ディスカッション。

20160619-4.jpg


20160619-5.jpg
























20160619-3.jpg














最後に質問タイム。

20160619-6.jpg














患者照会においての具体的な対応方法や

実際に受講者の施術所で起こっている問題についての質問に、

講師の実体験を基にした解答がありました。


すぐに改善できるものはもちろん、

長期的に改善を考えなければならない問題についても

具体的な説明やアドバイスをいただき、


受講者からは

今までよく分かっていなかった保険請求について、問診について理解できた

塚原先生の問診方法、治療方法が垣間見えた」

等の声があがりました。


ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!


―――――――――――――――――――――――――――――――――

◆◇◆◇◆お問い合わせ◆◇◆◇◆

全柔協 東北事務所

住 所:福島県郡山市大町1-14-3   
TEL:024-991-0032

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆




5月15日(日)

郡山市民文化センターにて「北海道・東北支部会」を開催しました!


今年度の北海道・東北支部会は、福島県「郡山市民文化センター」で開催しました。


20160515-1.PNG































20160515-2.PNG


























短い時間でしたが、柔整・鍼灸業界の

今後のことを、とことん考えることのできる2時間となりました!


ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました!


―――――――――――――――――――――――――――――――――

◆◇◆◇◆お問い合わせ◆◇◆◇◆

全柔協 東北事務所

住 所:福島県郡山市大町1-14-3   
TEL:024-991-0032

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆






3月27日(日)に「春の整骨院 開業セミナー」を

TKPガーデンシティ仙台(AER21階)

にて開催致しました。



1  柔整師の保険請求事情・開業を成功させるポイント

全国柔整鍼灸協同組合 会務部 部長 上田


20160331-1.PNG



2 開業までの注意点


20160331-2.PNG













3 資金調達のポイント

   日本政策金融公庫 東北広域営業推進室 松宮室長代理


20160331-3.PNG













4 医療機器説明体験コーナー

メーカー4社の担当者にご協力をいただきました。

(伊藤超短波、オージー技研、日本メディックス、ミナト医科学)

20160331-4.PNG



















医療機器体験コーナーでは、全ての最新医療機器を実際に体験し、

効果や特徴などについて担当者から説明がありました。


受講者の皆様は最後まで熱心に説明を聞いておられました。

ご参加をしていただきました皆様、本当にありがとうございました。

-----------------------------------------------------------------


今回受講できなかった方も、

無料個別相談(要予約)を東北事務所にて受付しておりますので

お気軽にお問合せください!


―――――――――――――――――――――――――――――――――

◆◇◆◇◆お問い合わせ◆◇◆◇◆

全柔協 東北事務所

住 所:福島県郡山市大町1-14-3   
TEL:024-991-0032

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆






「秋の開業セミナー」をハーネル仙台で開催致しました。


1  柔整業界の保険請求事情

選ばれる治療院創りとは

全国柔整鍼灸協同組合 会務部 上田部長


20151108-1.PNG













2 開業までのスケジュール

株式会社グローバー 小飛山専務


20151108-2.PNG













3 知って得する資金調達

日本政策金融公庫 仙台支店 松宮室長代理


20151108-3.PNG













4 医療機器体験コーナー

メーカー4社の担当者にご協力をいただきました。

(伊藤超短波、オージー技研、日本メディックス、ミナト医科学)


20151108-4.PNG

受講者は開業に向けてメモを取ったり真剣に耳を傾けていました。

また個別相談をする姿も見られました。

医療機器体験コーナーでは、全ての最新医療機器を実際に体験し、

効果や特徴などについて担当者から説明がありました。


ご参加をしていただきました皆様、本当にありがとうございました。


―――――――――――――――――――――――――――――――――

◆◇◆◇◆お問い合わせ◆◇◆◇◆

全柔協 東北事務所

 福島県郡山市大町1-14-3   
TEL024-991-0032

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆







10月25日(日)に開催された

『猪苗代湖ハーフマラソン2015』にて、

今年で3回目となる医療ボランティア活動を行いました。


活動には、福島県内の全柔協組合員のうち7つ施術所の先生11名と、

「福島医療専門学校」の教員9名の有資格者、そのほかに専門学校の学生、

施術所・専門学校・全柔協のスタッフ、総勢33名が参加しました。


201510251.png
















メニューは、ランナーのレース前後のメディカルチェックや

ケガ予防のテーピング、疲労のケア、鍼による施術となり、

17台のベッドはフル稼働。

午前8時前から始まって午後1時すぎの終了時間までの施術人数は、

合計281名(柔整234名・鍼灸47名)となりました!


以前よりも、スタート前の早い時間から

ボランティアブースに足を運ぶ方が増え、

この活動が年々ランナーの皆様に浸透してきたように感じられました。



201510252.PNG























強風の吹く寒い一日でしたが、

晩秋の空のもとマラソンに挑んだランナーの姿は

とても力強く、そしてそんな皆様のサポートをすることができた事は

私達の励みになりました。

 

ボランティア活動に参加してくださった皆様、大変お疲れさまでした!



※『猪苗代湖ハーフマラソン』・・・福島県を代表する磐梯山や猪苗代湖を

                望むことができる人気のある大会。


―――――――――――――――――――――――――――――――――

◆◇◆◇◆お問い合わせ◆◇◆◇◆

全柔協 東北事務所

 福島県郡山市大町1-14-3   
TEL024-991-0032

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆







今年度の北海道・東北支部会は、

札幌市の「札幌サンプラザホテル」で開催されました。


初の北海道での開催・・・ということもあり、

初対面の方との新しい交流ができ、

一層絆の深まる支部会・懇親会となりました!


271008sibukai2.png








































271008konnsinn.png

































        



2日目の講習会では、

一般財団法人日本ペップトーク普及協会会長 岩崎由純先生を講師とし、

3時間にわたり講習会が行われました。

前半は、「短くて」・「わかりやすく」

・「肯定的な」・「魂を揺さぶる」激励の言葉『ペップトーク』。


実際の映像や映画の中のワンシーンを紹介しながら、

感動的な「ペップトーク」を伝え、

熱く、時に笑いを交えながらの講習が進みました。


後半は「テーピング」。リンパ・ファン型テープの実習の他、

受講者からの質問に答えながら、

様々なテーピング方法を教えていただきました。


271008kousyuu.png

























































受講者は岩﨑先生の解説を交えながら行う

スピーディーで正確な動きに見入り、

また、とても真剣な様子で学んでいました。


ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!


来年の支部会でまたお会い出来ることを職員一同たのしみにしております!


―――――――――――――――――――――――――――――――――

◆◇◆◇◆お問い合わせ◆◇◆◇◆

全柔協 東北事務所

 福島県郡山市大町1-14-3   
TEL024-991-0032

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆






全柔協主催の「春の開業セミナー」を3月22日(日)

全柔協東北事務所にて開催いたしました。


1.最新の保険情報  全柔協東北事務所

20150322-1.png















2.開業のタイムスケジュール 

  セラピ株式会社 福島営業所


3.講演:創業計画のつくり方 

  日本政策金融公庫 郡山支店 小林課長

20150322-2.png















4.医療器機体験コーナー

  今回はメーカー3社の担当者にご協力いただきました。

20150322-4.png






















今年の【春の開業セミナー】は独立開業という同じ目標をもつ受講者同士

悩みや相談などで話しが弾み、とても活気に満ちていました!


ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。


全柔協ではこの後も、全国カ所で【春の開業セミナー】を開催いたします
開業準備から保険請求まで、わかりやすくお伝えしますので

ぜひ、お越しください。

皆様のご参加を心よりお待ちしております!


―――――――――――――――――――――――――――――――――

◆◇◆◇◆お問い合わせ◆◇◆◇◆

全柔協 東北事務所

住 所:福島県郡山市大町1-14-3   
TEL:024-991-0032

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆



アーカイブ