1. HOME
  2. お知らせ
  3. 年末年始に ①新規開業 ②施術管理者交代 ③移転等をお考えの方は12 /7までにご連絡ください

NEWS

お知らせ

組合員向け

年末年始に ①新規開業 ②施術管理者交代 ③移転等をお考えの方は12 /7までにご連絡ください

年末年始に ①新規開業 ②施術管理者交代 ③移転等をお考えの方へ

年末年始は行政機関が休業になります。

そのため、令和2年12月28 日(月)~令和3年1月4日(月)の期間に①開業、②施術管理者交代、③移転等を行う場合、通常よりも書類などの締切が早くなります。

つきましては上記①~③の予定がある場合は、12 月7日(月)までには全柔協会務部(06-6315-5550メニュー番号①)にご連絡ください。
新しい施術管理者で保険取扱いをお考えの方は、事前に入会講習(要予約)の受講が必要となります。

入会・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
東北事務所 TEL 024-991-0032
東京事務所 TEL 03-5745-9030
大阪事務所 TEL 06-6315-5550
広島事務所 TEL 082-236-9696
福岡事務所 TEL 092-418-2200

入会案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ

最新記事

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
読まれている記事新着の記事

長期施術理由や再請求理由は、どこへ記載すればよいですか?

摘要欄に収まらない場合は、裏面や別紙に記載してください。 その際は、『最終来院日・柔整師名・柔整師印』の記載・押印が必要です。 記載例   印刷する

サインの代筆を書き損じた際の訂正方法を教えてください。

【質問】 患者から依頼をうけてサインを代筆したが、漢字を誤って記載してしまいました。どのように訂正すればよいですか? レセプト訂正例     印刷する

患者がレセプトのサインを書き損じた場合、どうすればよいですか?

委任状欄は患者記入欄のため、柔整師印での訂正は不可です。 印刷する