1. HOME
  2. ブログ
  3. 柔整・鍼灸保険請求
  4. 【整骨院】署名が書けない患者さんのサインはどうしたらいい?

BLOG

よくある質問・ブログ

柔整・鍼灸保険請求

【整骨院】署名が書けない患者さんのサインはどうしたらいい?

署名が書けない患者さんのサインはどうしたらいい?

患者さんが利き手を負傷されているときや、小さいお子さんで署名ができないときがあります。
そのようなときは柔道整復師が代筆することが可能です。

代筆可能なのは柔道整復師のみ

無資格者のスタッフや受付の方は代筆できません。患者の家族(保護者)もできません。

また代筆の署名を誤ってしまった場合、2本線を引いて柔道整復師の印鑑を押印のうえ訂正してください。

患者の印鑑か拇印が必要

柔道整復師が代筆するには療養費支給申請書(レセプト用紙)に患者の印鑑または、拇印の押印が必要です。

患者印があれば保険者は柔整師の代筆とみなします。やむ負えない場合を除き代筆署名は行わないようにしましょう。基本的には患者さんの自筆署名をもらうことが必須です。

療養費の支給基準(抜粋)

受取代理人への委任の欄
患者から受領委任を受けた場合は、「受取代理人への委任」欄に患者の自筆により被保険者の住所、氏名、委任年月日の記入を受けること。利き手を負傷しているなど患者が記入することができないやむを得ない理由がある場合には、柔道整復師が自筆により代理記入し患者から押印を受けること。(患者が印を有さず、やむを得ず患者のぼ印を受けることも差し支えないこと。)
なお、委任年月日については、予め、機械打ち出しすることは差し支えないこと。

入会・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
東北事務所 TEL 024-991-0032
東京事務所 TEL 03-5745-9030
大阪事務所 TEL 06-6315-5550
広島事務所 TEL 082-236-9696
福岡事務所 TEL 092-418-2200

入会案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ

関連記事