1. HOME
  2. ブログ
  3. 保険請求
  4. 【接骨院】署名が書けない患者さんのサインはどうしたらいい?

BLOG

よくある質問・ブログ

保険請求

【接骨院】署名が書けない患者さんのサインはどうしたらいい?

≪この記事は柔道整復師、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師向けです≫

署名が書けない患者さんのサインはどうしたらいい?

患者さんが利き手を負傷されているときや、小さいお子さんで署名ができないときがあります。
そのようなときは柔道整復師が代筆することが可能です。

代筆可能なのは柔道整復師のみ

無資格者のスタッフや受付の方は代筆できません。患者の家族(保護者)もできません。

また、代筆の署名を誤ってしまった場合、二重線で訂正してください。

患者のぼ印が必要

柔道整復師が代筆するには療養費支給申請書(レセプト用紙)に患者のぼ印が必要です。
患者のぼ印があれば保険者は柔整師の代筆とみなします。

ただし、やむ負えない場合を除き代筆署名は行わないようにしましょう。
基本的には患者さんの自筆署名をもらうことが必須です。

療養費の支給基準(抜粋)

受取代理人への委任の欄
患者から受領委任を受けた場合は、「受取代理人への委任」欄に患者の自筆により被保険者の住所、氏名、委任年月日の記入を受けること。利き手を負傷しているなど患者が記入することができないやむを得ない理由がある場合には、柔道整復師が自筆により代理記入し患者からぼ印を受けること。
なお、委任年月日については、予め、機械打ち出しすることは差し支えないこと。

この記事は参考になりましたか?

入会・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
お問い合わせ

入会案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ(組合員)

関連記事

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
Search in posts
Search in pages
読まれている記事新着の記事

「ながら聞き!全柔協トークTube」配信中

「ながら聞き!全柔協トークTube」は、全柔協のYouTubeチャンネルで配信する、音声のみの情報発信プログラムです。 フリー素材キャラクター「つくよみちゃん」と柔道整復・はり・きゅう・あん摩マッサージ指圧の業界情報、経...

【告知】R4.7.31 元阪神タイガーストレーナーによるトレーニング法~体幹編~ 大阪

工夫次第でいつでもどこでも実践可能! 【治療院内で効果的に行うトレーニング法とは?】 ★ 体幹の機能解剖と役割、インナーマッスルの理解 ★ 前・後体幹筋、インナーマッスルのトレーニング ★ 限られたスペース・時間・器具の...

音声で楽しむ!「全柔協ラジオ」続々配信!

東洋医学や柔道整復をもっと広め様々なシーンで接骨院を活用してもらうラジオ番組です。 全柔協の組合員(柔道整復師)がパーソナリティとなり、接骨院の施術現場の“生の声”を伝えることで東洋医学や柔道整復、接骨院をさらに身近に感...