1. HOME
  2. ブログ
  3. 整骨院経営
  4. 整骨院で流すBGM(背景音楽)は著作権法にふれるの?

BLOG

よくある質問・ブログ

整骨院経営

整骨院で流すBGM(背景音楽)は著作権法にふれるの?

整骨院で流すBGMは、著作権にふれます!

待合室などでBGMを流している整骨院は多いと思います。
そのBGMがCDを使用したり、インターネットで取り込んだ楽曲を流す場合、著作権法に触れたとして使用料が請求される可能性があります。

このほど、JASRACの職員が約2年にわたって「主婦」と称して音楽教室に入会し潜入調査をしていたことがニュースになりました。
整骨院等でもこのようなことが行われていないとも限りません。
『普通に来院し、施術を受け、きちんと料金が支払われていて、実際にあったことを報告しているだけであれば潜入調査は違法ではない』とされています。
こういった場合、実際にJASRACと契約せずに院内で音楽をかけていると使用料を請求されても反論できなくなります。

著作権使用の対象とならない施設や場所

・教育機関での利用
・福祉・医療施設での利用
・事務所・工場等での主として従業員のみを対象とした利用
・露店等での短時間で軽微な利用
☆医療施設とは「病院・一般診療所・歯科診療所」を指しており、柔道整復および鍼灸あん摩マッサージを行うの施術所は該当しません。

著作権法にふれずにBGMを流すには

1.「JASRAC(一般社団法人日本音楽著作権協会」と契約を結ぶ(有料)
2.有線放送と契約する(有料)
3.ラジオ放送を使用する(無料)

BGMにお金をかけたくない方には、ラジオ放送がオススメです。
音楽だけではありませんが、雰囲気を変えるのにはいいですね♪
また、趣味で作詞作曲される方は、自作曲をかけてみてはいかがでしょうか?

入会・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
東北事務所 TEL 024-991-0032
東京事務所 TEL 03-5745-9030
大阪事務所 TEL 06-6315-5550
広島事務所 TEL 082-236-9696
福岡事務所 TEL 092-418-2200

入会案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ

関連記事