1. HOME
  2. ブログ
  3. 保険請求
  4. 接骨院「外傷性が明らかな」ものとは?

BLOG

よくある質問・ブログ

保険請求

接骨院「外傷性が明らかな」ものとは?

2018年、6月1日に療養費の改定の中で、接骨院の保険取扱いの基本となる「施術に係る留意事項」が大幅に変更されています。

変更された内容は以下のものです。

改定前は、「亜急性」という文言が記されていましたが、改定後は削除されています。

そして、改定後には「外傷性が明らかな」ものという文言に改正されています。

これらの文言の違いにより、療養費(保険)の取扱いが異なるのでしょうか?

疑義解釈

この疑問に対して、2018年8月9日付で厚労省より疑義解釈が発出されています。

留意事項通知関係

(問15) 「亜急性」の文言が整理されたが、療養費の支給対象の範囲が変更になったのか。
(答) 療養費の支給対象の範囲の変更はない。

(問16) 「介達外力による筋、腱の断裂」という記載について、「外傷性が明らかな」と言う記載がないが、これは「外傷性であることが明らかな介達外力による筋、腱の断裂」という解釈をしてよろしいか。
(答) そのとおり。

(問17) 支給対象となる負傷について、「外傷性が明らかな」ものとされたが、どのような取り扱いとなるか。
(答) 負傷の原因について、いつ、どこで、どうして負傷したかを施術録に記録しなければならないものである。

基本的に今までの取扱いと異なることはありません。ただし負傷原因を施術録に記載することと明記されました。

この記事は参考になりましたか?

入会・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
お問い合わせ

入会案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ(組合員)

関連記事

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
読まれている記事新着の記事

柔整・鍼灸マの施術所はこれまで通り“保険証”が必要です

目次1 これまで通り「保険証」を持ってきてもらう2 患者さんにしっかりアナウンスを!3 早ければ令和4年からスタート これまで通り「保険証」を持ってきてもらう 令和3年10月20日※から、医療機関(医科・歯科)や薬局では...

【接骨院】不適切と思われる患者照会に柔道整復師はどのように対応すればよいか?

【質問】健康保険組合等(保険者等)から、機械的に全ての患者に調査文書を送っていたり、「整骨院(柔道整復師)に相談せずにご記入ください」など、不適切と思われる患者照会が送られています。柔道整復師はどのように対応すればよいで...

10/28(木)【上田専務理事登壇】からだケアEXPO大阪

【上田専務理事登壇】からだケアEXPO大阪 10月27日(水)~29日(金)に開催される「からだケアEXPO大阪’21」の専門セミナー(28日)に全国柔整鍼灸協同組合 専務理事 上田孝之が登壇します。 組合員...
backspace
caps lock enter
shift shift
Virtual keyboard by Loderi.com   « » { } ~