1. HOME
  2. お知らせ
  3. 全柔協が行う児童虐待防止の取り組みについて

NEWS

お知らせ

組合員向け

全柔協が行う児童虐待防止の取り組みについて

全柔協では地域に根差した活動を推進する一環で、次代を担う子どもたちを守る活動として、児童虐待防止の取り組みにご協力をお願いします。

みなさんにも虐待通告義務があります

児童虐待防止法6条1項に『児童虐待を受けたと思われる児童を発見した者は、速やかに福祉事務所もしくは児童相談所に通告しなければならない(抜粋)』と定められており、
児童虐待を受けたと思われる児童を発見した全ての方に通告義務があります。
また「受けたと思われる」とある通り、確信が持てない場合でも疑われる場合には通告義務があります。

・来院した児童の患者が虐待を受けたと疑われる。
・来院患者(保護者や祖父母など)から児童が虐待を受けているという話を聞いた。
・こども110番の家にかけこんできた。
(大阪府警察の事例より)

組合員の先生方には上記のような場合や、明らかに児童虐待を受けているという場合には、児童相談所対応ダイヤル『189(いちはやく)』(24時間対応・通話料無料)に通告をお願いします。

リーフレット・ポスター(厚生労働省作成)のダウンロード

全柔協の取り組みに厚生労働省から賛同をいただき、リーフレットとポスターのダウンロードができるようになりました。
ぜひ、ご活用ください。

リーフレット189leaflet_A4
ダウンロード(PDFファイル)
ポスター189poster_A3
ダウンロード(PDFファイル)

こども110番の家と併せてご協力お願いします。

この記事は参考になりましたか?

加入・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
お問い合わせ

加入案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ(組合員)

最新記事

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
Search in posts
Search in pages
読まれている記事新着の記事

【2022年11月末発送物同封】一部地域限定でレセコンバージョンアップがあります

今回のバージョンアップCDが送付される対象の方 ・三重県の方 ・鍼灸・マッサージの請求をされている方 バージョンアップCDを11月末発送物に同封しています。添付の手順に従って、必ずレセコンのバージョンアップを行ってくださ...

【明細書発行体制加算】各地方厚生局へ届出・必要な手続き

令和4年10月より柔道整復の施術において、明細書の発行が義務化されます。 これにあわせて「明細書発行体制加算」が創設されましたので、手続きをご案内します。 >> 「明細書発行の義務化」について詳しく見る 目次...

「明細書発行体制加算」の設定を行ってください!

令和4年10月より、明細書の義務化、および明細書発行体制加算の算定が適用されます。 「明細書発行体制加算」の設定を全柔協会員総合システムにて行ってください。 明細書発行体制加算を算定するには「明細書無償交付の実施施術所に...