1. HOME
  2. お知らせ
  3. 「やめよう!ワクチン差別」啓発ポスターダウンロード

NEWS

お知らせ

プレスリリース

「やめよう!ワクチン差別」啓発ポスターダウンロード

新型コロナのワクチン接種に関する人権配慮について

新型コロナウイルスのワクチン接種は、任意であり、本人の健康状態など様々な事情を考慮し、ご自身で判断するものです。
ワクチン接種の有無を問いただしたり、接種されていない方に対する不利益な扱いや差別的な扱いは許されません。

全柔協では接骨院に来院される患者に対して、新型コロナウイルスのワクチン接種について
・院長、施術所スタッフが人権配慮を行っている
・患者自身にも人権配慮をお願いする
という目的のため、啓発ポスターを作成しました。

大阪府と連携して「やめよう!ワクチン差別」啓発ポスターを制作

新型コロナウイルスのワクチン接種の有無による差別と偏見をなくすため、大阪府と連携して「やめよう!ワクチン差別」啓発ポスターを作成しました。ぜひご利用ください。

(大阪府連携)ワクチン差別啓発ポスター

「No!ワクチンハラスメント宣言」ポスター

全柔協では来院される患者に対して、新型コロナウイルスのワクチン接種について
・院長、施術所スタッフが人権配慮を行っている
・患者自身にも人権配慮をお願いする
という目的のため、啓発ポスターを作成しました。

No!ワクチンハラスメント宣言ポスター

どなたでもダウンロードできます。ぜひご利用ください。

シトラスリボンプロジェクトについて

シトラスリボンプロジェクトは、新型コロナウイルスに感染されている方やすでに感染から回復された方、家族、医療従事者などへの差別や偏見をなくすための思いを広めようと、愛媛県から広まっている取り組みです。

シンボルのシトラスリボンは、「地域」「家庭」「職場(学校)」を表す3つの緑色の輪からできており、新型コロナウイルスの感染から回復された方が差別や偏見なく社会に受け入れられることを目的に、賛同者にリボンを身に着けてもらうなどして啓発しています。
「ただいま」「おかえり」と言い合える地域、受け止める空気であれば、感染後の的確な対応ができ、みんなが心から暮らしやすいまちになります。

地域に根差し、地域医療の一端を担う接骨院から、普段どおりの生活が送れるような優しいまちづくりを進めるため、取り組みを広げていきましょう。

この記事は参考になりましたか?

入会・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
お問い合わせ

入会案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ(組合員)

最新記事

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
読まれている記事新着の記事

柔整・鍼灸マの施術所はこれまで通り“保険証”が必要です

目次1 これまで通り「保険証」を持ってきてもらう2 患者さんにしっかりアナウンスを!3 早ければ令和4年からスタート これまで通り「保険証」を持ってきてもらう 令和3年10月20日※から、医療機関(医科・歯科)や薬局では...

【接骨院】不適切と思われる患者照会に柔道整復師はどのように対応すればよいか?

【質問】健康保険組合等(保険者等)から、機械的に全ての患者に調査文書を送っていたり、「整骨院(柔道整復師)に相談せずにご記入ください」など、不適切と思われる患者照会が送られています。柔道整復師はどのように対応すればよいで...

10/28(木)【上田専務理事登壇】からだケアEXPO大阪

【上田専務理事登壇】からだケアEXPO大阪 10月27日(水)~29日(金)に開催される「からだケアEXPO大阪’21」の専門セミナー(28日)に全国柔整鍼灸協同組合 専務理事 上田孝之が登壇します。 組合員...
backspace
caps lock enter
shift shift
Virtual keyboard by Loderi.com   « » { } ~