1. HOME
  2. ブログ
  3. よくある質問
  4. 柔道整復
  5. 保健所・厚生局への届出
  6. 施術所の移転
  7. 施術所を移転する場合、どのような手続きが必要ですか?

BLOG

よくある質問・ブログ

施術所の移転

施術所を移転する場合、どのような手続きが必要ですか?

≪この記事は柔道整復師、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師向けです≫

保健所、地方厚生(支)局等各機関へ届出が必要です。
書類を送付しますので、組合員は会務部までご連絡ください。
会務部:06-6315-5550(メニュー番号1番)

※一定の条件に満たない場合、実務経験(1~3年)と施術管理者研修の受講が必要です。

【一定の条件とは】
①患者の引継ぎを行う(継続通院)
②施術所の名称、開設者が移転前と同じ
③廃止日と開設日が連続しており空白期間がない
(例)廃止日9/30 → 開設日10/1、廃止日4/15 → 開設日4/16など

保健所への手続きは旧施術所の廃止届と新施術所の開設届の提出が必要です。
この際、廃止日と開設日に1日でも空白期間があると実務経験、施術管理者研修の修了証なしに受領委任契約が結べず保険請求できない期間が発生しますのでご注意ください。

■県をまたぐ移転の場合の注意事項
県をまたいだ移転は患者の継続通院ができないとみなされるため施術所の移転とはならず、実務経験、施術管理者研修の修了証なしに受領委任契約が結べない場合があります。
組合員は、テナント契約をする前に会務部までご相談ください。
会務部:06-6315-5550(メニュー番号1番)

この記事は参考になりましたか?

入会・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
お問い合わせ

入会案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ(組合員)

関連記事

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
読まれている記事新着の記事

音声で楽しむ!「全柔協ラジオ」続々配信!

東洋医学や柔道整復をもっと広め様々なシーンで接骨院を活用してもらうラジオ番組です。 全柔協の組合員(柔道整復師)がパーソナリティとなり、接骨院の施術現場の“生の声”を伝えることで東洋医学や柔道整復、接骨院をさらに身近に感...

【新型コロナ】最大250万円給付の事業復活支援金

新たな経済対策の一つとして、12月20日に補正予算が成立し、正式に「事業復活支援金」の実施が決定しました。 事業復活支援金(PDF/中小企業庁) 2022年1月31日の週より申請受付開始予定 事前確認は1月24日以降 ※...

柔道整復師 施術管理者研修開催について

柔道整復施術療養費の受領委任の取扱いを管理する「施術管理者」になるための要件のひとつである「柔道整復師 施術管理者研修」(実施:柔道整復研修試験財団)の開催についてお知らせします。 研修はこれから接骨院を開業する方だけで...
backspace
caps lock enter
shift shift
Virtual keyboard by Loderi.com   « » { } ~