1. HOME
  2. ブログ
  3. よくある質問
  4. 柔道整復
  5. 保険請求
  6. 交通事故
  7. 裁判所から接骨院に届いた「文書送付嘱託書」にどう対応したらよい?

BLOG

よくある質問・ブログ

交通事故

裁判所から接骨院に届いた「文書送付嘱託書」にどう対応したらよい?

≪この記事は柔道整復師、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師向けです≫

【質問】裁判所から接骨院に「文書送付嘱託書」が届きました。カルテ、問診票等の提出を求められています。これらに応じる必要はありますか?

はい、あります。
応じない場合、患者に不利益が生じる可能性があります。義務ではないですが、提出していただく事が望ましいです。

「文書送付嘱託書」の詳細は、担当弁護士 または 裁判所へお問合せください。

「文書送付嘱託書」とは

民事訴訟手続において、訴訟の当事者が裁判所を通じて文書の提出を求める制度です。

開示手数料について

提出に応じる場合、任意で開示手数料を設定することができます。
基本的には、開示のために準備した手間や時間に応じた金額と考えられます。

・コピーに要した実費のみ
・一カ月につき数千円  等

また、手数料の請求先は、文書送付嘱託申立の代理人(弁護士)です。
事前に金額の目安を弁護士事務所へ示しておくと円滑に請求できます。

他患者の個人情報について

提出物に「来院簿」など他の患者の情報が記載されているものがある場合、他の患者の部分は黒塗りにすることが望ましいと考えられます。
黒塗りの可否については、事前に裁判所へお問合わせください。

提出に関わる詳細は、担当弁護士 または 裁判所へお問合せください。

 

この記事は参考になりましたか?

入会・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
お問い合わせ

入会案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ(組合員)

関連記事

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
Search in posts
Search in pages
読まれている記事新着の記事

【2022年11月末発送物同封】一部地域限定でレセコンバージョンアップがあります

今回のバージョンアップCDが送付される対象の方 ・三重県の方 ・鍼灸・マッサージの請求をされている方 バージョンアップCDを11月末発送物に同封しています。添付の手順に従って、必ずレセコンのバージョンアップを行ってくださ...

【明細書発行体制加算】各地方厚生局へ届出・必要な手続き

令和4年10月より柔道整復の施術において、明細書の発行が義務化されます。 これにあわせて「明細書発行体制加算」が創設されましたので、手続きをご案内します。 >> 「明細書発行の義務化」について詳しく見る 目次...

「明細書発行体制加算」の設定を行ってください!

令和4年10月より、明細書の義務化、および明細書発行体制加算の算定が適用されます。 「明細書発行体制加算」の設定を全柔協会員総合システムにて行ってください。 明細書発行体制加算を算定するには「明細書無償交付の実施施術所に...