1. HOME
  2. ブログ
  3. よくある質問
  4. 柔道整復
  5. 保険請求
  6. 請求全般
  7. 長期・頻回
  8. 押印不要になったが、押印したら返戻になりますか?

BLOG

よくある質問・ブログ

長期・頻回

押印不要になったが、押印したら返戻になりますか?

返戻になりません。

令和3年3月24日付で厚生労働省より、柔道整復・鍼灸マッサージの施術に係る療養費に関する書類について押印廃止の通知が発出され、令和3年4月施術分から適用されています。
押印不要になりましたが、押印してしまっても返戻になりません。

令和3年4月施術分から押印不要になった書類

柔道整復
  • 療養費支給申請書(レセプト)本体・助成共通
    裏面に記載する再請求理由や長期施術継続理由なども含む
  • 施術情報提供紹介書

押印・ぼ印が必要な場合
・医療助成
医療助成に添付する用紙は押印が必要
・療養費支給申請書(レセプト)

利き手のケガなど患者が自筆で署名できない場合に、柔道整復師が被保険者の署名を代筆した場合、ぼ印が必要

鍼灸マッサージ
  • 療養費支給申請書(レセプト)本体・助成共通
  • 1年以上・月16回以上施術継続理由・状態記入書
  • 同意書
  • 診断書

押印が必要な場合
・医療助成
医療助成に添付する用紙は押印が必要
・療養費支給申請書(レセプト)
患者より依頼を受けた場合や当該患者が記入することができないやむを得ない理由があり、施術者等が署名を代筆した場合、押印が必要

労災
  • 業務災害用 <様式第7号(3)、様式第7号(4)>
  • 通勤災害用 <様式第16号の5(3)、様式第16号の5(4)>
  • 休業補償給付支給請求書 <様式第8号、様式第16号の6>
  • 診断書
  • 施術効果の評価表
生活保護(大阪市のみ)
  • 給付要否意見書
  • 施術券

療養費支給申請に関する書類(保険者に提出する書類)について押印が不要になったという通知ですので、領収証などはこれまで通り押印が必要です。

 

この記事は参考になりましたか?

入会・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
お問い合わせ

入会案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ(組合員)

関連記事

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
読まれている記事新着の記事

柔整・鍼灸マの施術所はこれまで通り“保険証”が必要です

目次1 これまで通り「保険証」を持ってきてもらう2 患者さんにしっかりアナウンスを!3 早ければ令和4年からスタート これまで通り「保険証」を持ってきてもらう 令和3年10月20日※から、医療機関(医科・歯科)や薬局では...

【接骨院】不適切と思われる患者照会に柔道整復師はどのように対応すればよいか?

【質問】健康保険組合等(保険者等)から、機械的に全ての患者に調査文書を送っていたり、「整骨院(柔道整復師)に相談せずにご記入ください」など、不適切と思われる患者照会が送られています。柔道整復師はどのように対応すればよいで...

10/28(木)【上田専務理事登壇】からだケアEXPO大阪

【上田専務理事登壇】からだケアEXPO大阪 10月27日(水)~29日(金)に開催される「からだケアEXPO大阪’21」の専門セミナー(28日)に全国柔整鍼灸協同組合 専務理事 上田孝之が登壇します。 組合員...
backspace
caps lock enter
shift shift
Virtual keyboard by Loderi.com   « » { } ~