1. HOME
  2. ブログ
  3. 保険請求
  4. 【接骨院保険請求】骨折・不全骨折・脱臼に係る柔道整復運動後療料が新設されました

BLOG

よくある質問・ブログ

保険請求

【接骨院保険請求】骨折・不全骨折・脱臼に係る柔道整復運動後療料が新設されました

骨折・不全骨折・脱臼に係る柔道整復運動後療料が新設

2018年6月柔道整復療養費の料金改定に伴い、骨折・不全骨折・脱臼に係る柔道整復運動後療料が新設されました。
以前は、労災や交通事故の請求をする時のみ運動療法料の請求ができましたが、骨折・不全骨折・脱臼による負傷のみ、保険請求でも後療から算定できることになりました。

算定の条件

算定できる条件として1回20分程度、柔道整復の一環としての運動療法を行ったときに請求できます。
負傷の日から15日間を除き1週間に1回程度、1カ月(歴月)に5回を限度とし、後療料の加算として算定できます。治療初月または最終月が15日以前の場合は、その月に限り2回を限度に算定できます。
ただし「ストレッチ」は運動後療料には該当しません。
※赤字部分は労災の算定と異なります。

金額・回数など

金額は最新の早見表等をご確認ください。部位・回数は関係ありません。
運動療法を行うのは1回につき20分程度となっています。負傷度が重い患者には負荷が高くなるので、その患者にあった運動プランをたてましょう。

この記事は参考になりましたか?

入会・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
お問い合わせ

入会案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ(組合員)

関連記事

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
読まれている記事新着の記事

決済手数料が有料化したあとのQR決済のメリットは?

【質問】大手QR決済の決済手数料が有料化されますが、この先、QR決済を導入するメリットはありますか? 患者に選ばれる理由になる QR決済を含めたキャッシュレス決済は、新型コロナウイルス感染拡大とも相まって急速に広がり、接...

レセプト提出についてのお願い

目次1 レセプトは7日必着2 レセプトの提出先は大阪事務所へ3 発送は荷物の追跡ができるレターパックプラスで!4 レセプト並び替えについて5 お手元のUSBメモリについて レセプトは7日必着 審査会(柔整・鍼灸マ)に間に...

柔整・鍼灸マの施術所はこれまで通り“保険証”が必要です

目次1 これまで通り「保険証」を持ってきてもらう2 患者さんにしっかりアナウンスを!3 早ければ令和4年からスタート これまで通り「保険証」を持ってきてもらう 令和3年10月20日※から、医療機関(医科・歯科)や薬局では...
backspace
caps lock enter
shift shift
Virtual keyboard by Loderi.com   « » { } ~