1. HOME
  2. ブログ
  3. 接骨院経営
  4. 【接骨院経営】独自性(コンセプト)を考える際の3つのポイント

BLOG

よくある質問・ブログ

接骨院経営

【接骨院経営】独自性(コンセプト)を考える際の3つのポイント

コンセプトの重要性

これまでは誰にでも受け入れられ「保険で痛みが楽になる施術」が接骨院の在り方としては無難でした。しかし最近は、健康保険の取扱が厳しさを増し自費施術を導入しなければ経営的に成り立たない業界に変化してきています。
これから接骨院を開業をされる方や現在接骨院の経営に不安がある方は、その点をしっかり認識する必要があります。

そしてさらに進むであろう競争の激化に生き残るために、他院との差別化はとても重要です。競合ひしめき合うエリアに割って入り、開業し経営していくなら、他にはない独自性(コンセプト)が求められます。

コンセプトを考える際の3つのポイント

他院との差別化


・内外装で差別化を図る(女性が入りやすい院づくりなど)
・設備やメニューで差別化を図る(スポーツ外傷・障害に効果効能の高い機器の導入など)
医療用品・店舗設計

ターゲットとする患者層を明確にする

「体の痛み・違和感ガマンしていませんか?」という漠然としたものから
「特につらい腰の痛み、ぎっくり腰なら当院にお任せください」
「スポーツのケガ、スポーツ障害ならご相談ください」

などの専門性を打ち出し、ターゲットとする患者層を明確にしたうえで、ターゲット層に合わせた自費メニューなどを決め新しく導入する医療機器を決定します。
それをもとに院内掲示物、リーフレット、ホームページ、SNSを展開していきましょう。
接骨院のおすすめ集患ツール

結果を出しているところに依頼する

患者さんの満足度や治療効果の高いメニュー作りや機器を熟知している接骨院開業のプロがいます。そのような接骨院の開業支援・開業実績の豊富なところにまずは相談してみましょう。
接骨院開業支援
全柔協では先生も患者さんも笑顔があふれる施術所づくりをお手伝いしています。

この記事は参考になりましたか?

入会・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
お問い合わせ

入会案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ(組合員)

関連記事

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
読まれている記事新着の記事

【動画】マラソンランナーのためのテーピング法

マラソンランナーによく起こる症例に対するテーピング法を紹介します。 【講師】 村上征寛 村上鍼灸師圧組合員限定コンテンツです。 旧組合員ひろばのユーザー名、パスワードでログインしてください。ログイン後に全文が表示されます...

全柔協と大阪府警察との「安全・安心なまちづくり」に関する協定

全国柔整鍼灸協同組合(以下、全柔協)と大阪府警察は、相互に連携し、地域住民が安全で安心して暮らせるまちづくりを目指して、「安全・安心なまちづくりに関する協定」を締結しています。 全柔協と大阪府警察が締結した「安全・安心な...

全柔協と大阪府警察が「安全・安心なまちづくり」に関する協定締結

2021年10月12日、全国柔整鍼灸協同組合(以下、全柔協)と大阪府警察は、相互に連携し、地域住民が安全で安心して暮らせるまちづくりを目指して、「安全・安心なまちづくりに関する協定」を締結いたしました。   全...
backspace
caps lock enter
shift shift
Virtual keyboard by Loderi.com   « » { } ~