1. HOME
  2. ブログ
  3. 接骨院経営
  4. 災害に備えよう!接骨院の浸水被害・対策

BLOG

よくある質問・ブログ

接骨院経営

災害に備えよう!接骨院の浸水被害・対策

床上・床下浸水は施術所にも大きな被害をもたらします。

近年、大雨・洪水・台風による被害のニュースが増えています。過去に施術所でおこった浸水被害には以下のような事例がありました。

  1. レセコンを床に置いていたら浸水によりデータ破損
  2. 高価な医療機器が濡れて壊れてしまった
  3. カーペットや壁紙が濡れてしまい取替えが必要になった
  4. 床に置いていた医療用品が濡れて使えなくなった

施術所が低地に建っている場合は少しの雨でも浸水する可能性があります。各々の土地柄にあった対策や備えが必要です。
また、浸水だけでなく雨漏りや排水溝の逆流なども考慮に入れて、定期的に水周りや屋根などのチェックをすることも大切です。

レセコンのバックアップを! 重要

ハザードマップを確認!
・自治体などが公開しているハザードマップを確認
・どこで浸水や土砂災害の危険性が高いのか、河川が増水した場合に安全に橋を渡ることができるのかをイメージしておきましょう
・事前に安全な避難経路を確認

万一、浸水や破損などが発生してしまったら、片付けをする前に必ず被害状況が確認できる写真を撮って残しておきましょう!
火災保険のお問い合わせはお電話で
セラピ株式会社 06-6312-1077

この記事は参考になりましたか?

入会・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
お問い合わせ

入会案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ(組合員)

関連記事

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
読まれている記事新着の記事

柔整・鍼灸マの施術所はこれまで通り“保険証”が必要です

目次1 これまで通り「保険証」を持ってきてもらう2 患者さんにしっかりアナウンスを!3 早ければ令和4年からスタート これまで通り「保険証」を持ってきてもらう 令和3年10月20日※から、医療機関(医科・歯科)や薬局では...

【接骨院】不適切と思われる患者照会に柔道整復師はどのように対応すればよいか?

【質問】健康保険組合等(保険者等)から、機械的に全ての患者に調査文書を送っていたり、「整骨院(柔道整復師)に相談せずにご記入ください」など、不適切と思われる患者照会が送られています。柔道整復師はどのように対応すればよいで...

10/28(木)【上田専務理事登壇】からだケアEXPO大阪

【上田専務理事登壇】からだケアEXPO大阪 10月27日(水)~29日(金)に開催される「からだケアEXPO大阪’21」の専門セミナー(28日)に全国柔整鍼灸協同組合 専務理事 上田孝之が登壇します。 組合員...
backspace
caps lock enter
shift shift
Virtual keyboard by Loderi.com   « » { } ~