1. HOME
  2. ブログ
  3. 接骨院経営
  4. 災害に備えよう!接骨院の浸水被害・対策

BLOG

よくある質問・ブログ

接骨院経営

災害に備えよう!接骨院の浸水被害・対策

床上・床下浸水は施術所にも大きな被害をもたらします。

近年、大雨・洪水・台風による被害のニュースが増えています。過去に施術所でおこった浸水被害には以下のような事例がありました。

  1. レセコンを床に置いていたら浸水によりデータ破損
  2. 高価な医療機器が濡れて壊れてしまった
  3. カーペットや壁紙が濡れてしまい取替えが必要になった
  4. 床に置いていた医療用品が濡れて使えなくなった

施術所が低地に建っている場合は少しの雨でも浸水する可能性があります。各々の土地柄にあった対策や備えが必要です。
また、浸水だけでなく雨漏りや排水溝の逆流なども考慮に入れて、定期的に水周りや屋根などのチェックをすることも大切です。

レセコンのバックアップを! 重要

ハザードマップを確認!
・自治体などが公開しているハザードマップを確認
・どこで浸水や土砂災害の危険性が高いのか、河川が増水した場合に安全に橋を渡ることができるのかをイメージしておきましょう
・事前に安全な避難経路を確認

万一、浸水や破損などが発生してしまったら、片付けをする前に必ず被害状況が確認できる写真を撮って残しておきましょう!
火災保険のお問い合わせはお電話で
セラピ株式会社 06-6312-1077

入会・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
東北事務所 TEL 024-991-0032
東京事務所 TEL 03-5745-9030
大阪事務所 TEL 06-6315-5550
広島事務所 TEL 082-236-9696
福岡事務所 TEL 092-418-2200

入会案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ

関連記事

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
読まれている記事新着の記事

プレスリリース)日本最大の業団が主導する医接連携システムが提携医療機関を募集

全国4,000名の柔道整復が所属する全国柔整鍼灸協同組合では、2019年に組合員の施術所と医療機関が連携し、患者に最適な地域医療を提供することを目的とした医接連携システム・「全柔協 チーム医療」をスタートさせました。 現...

柔道整復師 施術管理者研修開催について

柔道整復施術療養費の受領委任の取扱いを管理する「施術管理者」になるための要件のひとつである「柔道整復師 施術管理者研修」(実施:柔道整復研修試験財団)の開催についてお知らせします。 柔道整復師 施術管理者研修は、これから...

【鍼灸柔整新聞】コロナで柔整師団体が支援の動き 全柔協「4億円投じ支援」

2020年6月10日号の鍼灸柔整新聞に、全柔協の組合員への新型コロナ支援「会費免除」の記事が掲載されました。 コロナで柔整師団体が支援の動き(鍼灸柔整新聞) コロナで柔整師団体が支援の動き 全柔協「4億円投じ支援」 新型...