1. HOME
  2. ブログ
  3. 保険請求
  4. 【接骨院】骨折時に医師の同意は必要?

BLOG

よくある質問・ブログ

保険請求

【接骨院】骨折時に医師の同意は必要?

骨折診断をした医師の同意が必要

骨折・脱臼の応急手当をする場合、同意は不要ですが、応急手当後の施術は医師の同意が必要です。
医師はレントゲン撮影など科学的な検査で骨折・脱臼と診断しますが、柔道整復師は徒手による判断になり、その診断には限界があります。
そのため、骨折の後療には骨折診断をした医師の同意が必要です。

同意内容を申請書にも記載

同意の方法で一番良いのは書面です。しかし、必ず書面でいただけるとは限りません。
患者さん自らの口頭で医師の同意をいただいても構いません。また、柔道整復師が骨折診断をした医師に電話で同意を求めることも可能です。
同意を得られたら、施術録に同意を得た旨を記載し、申請書の摘要欄にも毎月記載する必要があります。
同意年月日・病院名・担当医師名の項目の記載が義務付けらていますので必ず記載しましょう。

骨折の後療の同意は、健康保険の取扱に関わらず労災・自費(トレーナー活動等)・交通事故の施術でも必要です。
これは、柔道整復師法第17条(施術の制限)『柔道整復師は、医師の同意を得た場合のほか、脱臼又は骨折の患部に施術してはならない』と定められているからです。そのため、自費施術でも医師の同意なしでは骨折・脱臼の後療施術はできませんのでご注意ください。

この記事は参考になりましたか?

入会・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
お問い合わせ

入会案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ(組合員)

関連記事

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
読まれている記事新着の記事

【動画】マラソンランナーのためのテーピング法

マラソンランナーによく起こる症例に対するテーピング法を紹介します。 【講師】 村上征寛 村上鍼灸師圧組合員限定コンテンツです。 旧組合員ひろばのユーザー名、パスワードでログインしてください。ログイン後に全文が表示されます...

全柔協と大阪府警察との「安全・安心なまちづくり」に関する協定

全国柔整鍼灸協同組合(以下、全柔協)と大阪府警察は、相互に連携し、地域住民が安全で安心して暮らせるまちづくりを目指して、「安全・安心なまちづくりに関する協定」を締結しています。 全柔協と大阪府警察が締結した「安全・安心な...

全柔協と大阪府警察が「安全・安心なまちづくり」に関する協定締結

2021年10月12日、全国柔整鍼灸協同組合(以下、全柔協)と大阪府警察は、相互に連携し、地域住民が安全で安心して暮らせるまちづくりを目指して、「安全・安心なまちづくりに関する協定」を締結いたしました。   全...
backspace
caps lock enter
shift shift
Virtual keyboard by Loderi.com   « » { } ~