1. HOME
  2. ブログ
  3. 保険請求
  4. 鍼灸の同意書について

BLOG

よくある質問・ブログ

保険請求

鍼灸の同意書について

治療の幅を広げる目的で、柔道整復師がはり師・きゅう師の国家資格も取得する人が増えています。
鍼灸の保険請求をするために不可欠な医師の同意書について説明します。

鍼灸師の施術で保険適用となる疾患は

①神経痛(坐骨神経痛など)
②リウマチ
③腰痛症
④五十肩
⑤頚腕症候群
⑥頚椎捻挫後遺症
⑦その他(慢性的な疼痛を主症とするもの)

鍼灸の同意書について

保険請求をする際は、同意書の原本を添付するの?

必ず原本を添付してください。

保険証変更の際は同意書(写)の添付を

患者の保険証に変更があり、申請する保険者が変わる場合は、変更後のレセプトに同意書の写しを添付する必要があります。受領委任の取扱規定で施術管理者が申請の際に添付することと定められていますので、添付モレがあれば返戻になります。
保険証変更の際は、必ず同意書の写しを添付してください。

同意書を書いてくれた医師にお礼状を出したほうがいい?

同意書を書いてくれた医師にお礼状を出したほうが、医師に「ここの鍼灸院は信頼できる」という印象を与えられ、医師との信頼関係を築くことができますので、お礼状を出すことをオススメします。

医師と信頼関係を築くことが大切

最近、医師があまり同意書を発行しないと傾向がありますが、鍼灸師が医師と交流をもって信頼関係を築くのが最も重要です。

この記事は参考になりましたか?

入会・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
お問い合わせ

入会案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ(組合員)

関連記事

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
読まれている記事新着の記事

決済手数料が有料化したあとのQR決済のメリットは?

【質問】大手QR決済の決済手数料が有料化されますが、この先、QR決済を導入するメリットはありますか? 患者に選ばれる理由になる QR決済を含めたキャッシュレス決済は、新型コロナウイルス感染拡大とも相まって急速に広がり、接...

レセプト提出についてのお願い

目次1 レセプトは7日必着2 レセプトの提出先は大阪事務所へ3 発送は荷物の追跡ができるレターパックプラスで!4 レセプト並び替えについて5 お手元のUSBメモリについて レセプトは7日必着 審査会(柔整・鍼灸マ)に間に...

柔整・鍼灸マの施術所はこれまで通り“保険証”が必要です

目次1 これまで通り「保険証」を持ってきてもらう2 患者さんにしっかりアナウンスを!3 早ければ令和4年からスタート これまで通り「保険証」を持ってきてもらう 令和3年10月20日※から、医療機関(医科・歯科)や薬局では...
backspace
caps lock enter
shift shift
Virtual keyboard by Loderi.com   « » { } ~