1. HOME
  2. ブログ
  3. 保険請求
  4. 【接骨院】特別材料費と包帯交換料の算定はどうするの?

BLOG

よくある質問・ブログ

保険請求

【接骨院】特別材料費と包帯交換料の算定はどうするの?

労災や交通事故の請求をするときに算定できる『特別材料費』と『包帯交換料』という項目があります。

特別材料費

特別材料費は、初検時に使用した副子固定部品(金属副子やプライトン又は副木なども含む)を用いたものに限るとなっています。 なお、特別材料費は負傷部位ごとに算定します。

包帯交換料

包帯交換料は特別材料費と同じく、負傷部位ごとに算定します。
包帯はもちろん、テーピングも消耗品ですので、交換料として算定は可能です。
包帯交換料は以下のタイミングで算定できます。
従って、このタイミングに応じて包帯(テープ)交換を行います。
もちろん、包帯交換を行った際は、その旨を施術録に記載しておきます。

包帯交換料の算定時期

① 初回の包帯交換(時期の指定なし)
② 初検日~1週間以内
③ 初検日から起算して1週間~2週間以内
④ 初検日から起算して2週間~3週間以内
⑤ 初検日から起算して3週間~4週間以内
⑥ 初検日から起算して4週間以降

★計6回まで算定できます。

包帯交換は最大で6回の算定になりますので、4日の包帯交換が最終になります。
4日以降に包帯交換を行っても算定はできませんのでご注意ください。

この記事は参考になりましたか?

入会・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
お問い合わせ

入会案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ(組合員)

関連記事

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
読まれている記事新着の記事

音声で楽しむ!「全柔協ラジオ」続々配信!

東洋医学や柔道整復をもっと広め様々なシーンで接骨院を活用してもらうラジオ番組です。 全柔協の組合員(柔道整復師)がパーソナリティとなり、接骨院の施術現場の“生の声”を伝えることで東洋医学や柔道整復、接骨院をさらに身近に感...

柔整・鍼灸マの施術所はこれまで通り“保険証”が必要です

目次1 これまで通り「保険証」を持ってきてもらう2 患者さんにしっかりアナウンスを!3 早ければ令和4年からスタート これまで通り「保険証」を持ってきてもらう 令和3年10月20日※から、医療機関(医科・歯科)や薬局では...

【東京都】江東区 被保険者調査の実施について

江東区生活支援部・医療保険課より、令和3年6月から8月施術分を対象に被保険者調査を実施するとの連絡が組合員限定コンテンツです。 旧組合員ひろばのユーザー名、パスワードでログインしてください。ログイン後に全文が表示されます...
backspace
caps lock enter
shift shift
Virtual keyboard by Loderi.com   « » { } ~