1. HOME
  2. ブログ
  3. 接骨院経営
  4. 【接骨院開業】個人開業と法人開業の違いとは?

BLOG

よくある質問・ブログ

接骨院経営

【接骨院開業】個人開業と法人開業の違いとは?

接骨院を開業するときに個人で開業するか?法人を設立して開業するか?「違いがよくわからない」という声もよく聞かれます。個人と法人とでは一体何が違うのでしょうか。

個人開業と法人開業の比較早見表

個人 法人
開業・設立手続き 開業届提出(0円) 定款作成・登記必要(10~30万)
事業の廃止 廃業届け提出 解散登記(数十万)
税金 所得税(累進課税) 法人税(一律)
経費 経費の範囲狭い 経費の範囲広い(経営者への給料や保険料等)
赤字繰越 3年 9年
信用 低い 高い
会計 個人で簡単な確定申告 法人決算書・申告(税理士に依頼)
生命保険 所得控除 全額経費
社会保険 なし あり

では、具体的に開業されている方がどうしているのでしょうか。

全柔協の組合員の皆様の多くは、まず開業当初は費用が少なくてすむ個人事業主として開業し、事業拡大に伴い法人化されるケースが多いです。また、その切り替えの目安となるタイミング(売上)は大きく分けて2回あります。

①売上が500万円を超えたら

個人の場合、所得税率が上がるためです。

②売上が1,000万円を超えたら

個人の場合、消費税納税の必要性が出てくるため。

※①②とも健康保険の売上は除外。

他にも従業員が5人以上になったら等、判断基準は人それぞれですが、目安として参考にしていただければと思います。

今回はごく簡単に法人化について紹介していますが、実際はより複雑で専門的な知識が必要になります。また、法人化は個人ではできませんので、お近くの税理士や行政書士に必ず相談してください。

この記事は参考になりましたか?

入会・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
お問い合わせ

入会案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ(組合員)

関連記事

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
読まれている記事新着の記事

柔整・鍼灸マの施術所はこれまで通り“保険証”が必要です

目次1 これまで通り「保険証」を持ってきてもらう2 患者さんにしっかりアナウンスを!3 早ければ令和4年からスタート これまで通り「保険証」を持ってきてもらう 令和3年10月20日※から、医療機関(医科・歯科)や薬局では...

【接骨院】不適切と思われる患者照会に柔道整復師はどのように対応すればよいか?

【質問】健康保険組合等(保険者等)から、機械的に全ての患者に調査文書を送っていたり、「整骨院(柔道整復師)に相談せずにご記入ください」など、不適切と思われる患者照会が送られています。柔道整復師はどのように対応すればよいで...

10/28(木)【上田専務理事登壇】からだケアEXPO大阪

【上田専務理事登壇】からだケアEXPO大阪 10月27日(水)~29日(金)に開催される「からだケアEXPO大阪’21」の専門セミナー(28日)に全国柔整鍼灸協同組合 専務理事 上田孝之が登壇します。 組合員...
backspace
caps lock enter
shift shift
Virtual keyboard by Loderi.com   « » { } ~