1. HOME
  2. ブログ
  3. 保険請求
  4. 【接骨院保険請求】オーバーユースの支給対象の可否について

BLOG

よくある質問・ブログ

保険請求

【接骨院保険請求】オーバーユースの支給対象の可否について

≪この記事は柔道整復師、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師向けです≫

2019年1月20日に開催された日本個人契約柔整師連盟(会長:岸野雅方)の「柔整療養費適正化講習会」の席上で、厚生労働省保険局医療課療養指導専門官の都竹克宜氏が受講者からの「オーバーユースに関する質問」の見解を示しました。

Q:「亜急性」の文言が削除されたが、オーバーユースは引き続き認められるのか?

A:これまで通り、支給対象の範囲に変更はない。
オーバーユース、いわゆる「反復、酷使」といったものについても支給対象として何ら変わりない。

上記のとおり負傷原因が伴う「反復、酷使」した負傷の捻挫、打撲、挫傷は、今まで通り支給の対象となります。

この記事は参考になりましたか?

入会・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
お問い合わせ

入会案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ(組合員)

関連記事

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Post Type Selectors
Search in posts
Search in pages
読まれている記事新着の記事

音声で楽しむ!「全柔協ラジオ」続々配信!

東洋医学や柔道整復をもっと広め様々なシーンで接骨院を活用してもらうラジオ番組です。 全柔協の組合員(柔道整復師)がパーソナリティとなり、接骨院の施術現場の“生の声”を伝えることで東洋医学や柔道整復、接骨院をさらに身近に感...

後期高齢者の負担割合変更方法を教えてください。

この記事は参考になりましたか? はい いいえこの記事は組合員限定コンテンツです。 ログイン後に続きが表示されます。組合員限定コンテンツについて ログインできない場合は、ご覧いただいているアプリを一度閉じてから、Googl...

【東京都】青梅市の義務教育就学時医療費助成制度について

東京都青梅市より「義務教育就学児医療助成制度における窓口負担金の撤廃について」が届きました。 令和4年10月1日から、外来通院1回あたりの一部負担金200円を無料とするとのことです。 詳細は以下をご確認ください。 ≫義務...