1. HOME
  2. ブログ
  3. よくある質問
  4. 【交通事故】患者が加害者側とトラブルになった場合どこに相談したらいい?

BLOG

よくある質問・ブログ

よくある質問

【交通事故】患者が加害者側とトラブルになった場合どこに相談したらいい?

【質問】
患者が加害者(損保会社)側とトラブルになっている。このような場合、どこか公的な機関に相談ができるのか。

相談できる主な機関・窓口は4つあります。
下記を参照ください。

交通事故サポート弁護士ネットワーク

交通事故患者(被害者)と相手方(損保会社)との問題解決に向けた弁護士紹介サービスです。
全柔協を介して申し込みいただけます【全柔協組合員限定】。

公益財団法人 交通事故紛争処理センター

自動車事故に係る損害賠償問題の紛争解決を中立公正な立場から無料でお手伝いする公益財団法人です。
http://www.jcstad.or.jp/

損害保険相談・紛争解決サポートセンター(そんぽADRセンター)

日本損害保険協会が保険業法に基づく指定紛争解決機関として国の指定を受け、損害保険全般に関する苦情や紛争解決の申立を受け、中立・公正な立場から問題解決にあたっています。全国10か所に設置しています。
https://www.sonpo.or.jp/about/efforts/adr/index.html

公益財団法人 日弁連交通事故相談センター

弁護士が無料で公正・中立の立場で相談をうける公益財団法人です。センターは、自動車による交通事故の民事上の法律問題に関して 1:電話相談 2:面接相談 3:示談あっ旋・審査 の各事業を行っています。
https://n-tacc.or.jp/

入会・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
東北事務所 TEL 024-991-0032
東京事務所 TEL 03-5745-9030
大阪事務所 TEL 06-6315-5550
広島事務所 TEL 082-236-9696
福岡事務所 TEL 092-418-2200

入会案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ

関連記事

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
読まれている記事新着の記事

【確定申告】令和2年分 青色申告の特典が変更に

青色申告の特別控除制度が令和2年分の確定申告から変わります。 これまで65万円の特別控除を受けていた方は、新たな要件をクリアしていない場合55万円の特別控除となります。 これまで通り65万円の特別控除を受けるには これま...

【確定申告】全柔協からの入金がない保険請求分は申告しなくてもいい?

税務申告は「発生主義」が原則です。 例えば、令和2年 1月 1日~令和2年12月31日までに、実際に全柔協から入金があった金額についてのみ計上するのではなく、確定申告をする時点までに収入とする事実(権利)が発生したもの(...

かんぽの宿 宿泊利用について

全国柔整鍼灸協同組合では、日本郵政株式会社と宿泊施設の利用協定を結びました。 この協定により、組合員組合員限定コンテンツです。 組合員ひろばのユーザー名、パスワードでログインしてください。ログイン後に全文が表示されます。...