1. HOME
  2. ブログ
  3. 柔整・鍼灸保険請求
  4. 【整骨院】領収証はなぜ発行しなければならないのか?

BLOG

よくある質問・ブログ

柔整・鍼灸保険請求

【整骨院】領収証はなぜ発行しなければならないのか?

領収証の交付は義務化

平成22年9月以降の施術分から、柔道整復師の施術に係る療養費の一部負担金等の費用の支払いを受ける際は領収証の交付が義務付けられました。
窓口で一部負担金を徴収する際は施術所住所・施術所名・先生名・印鑑のある領収証を必ず発行します

また、領収証は「保険分合計及び一部負担金並びに保険外の金額の内訳が分かるものとする」となっているので、保険外(自費施術)の施術を行った際は、必ず区別が分かるよう記載しなければなりません。
保険外施術を行う場合は患者さんにきちんと説明してから施術を行わなければトラブルの原因になりますので、患者さんに納得してもらえるようきちんと説明しましょう。

(例)窓口で500円徴収した場合
保険分470円の場合、保険外として30円の差額がでます。この保険外30円が何の金額なのかを説明できなければいけません。
また、説明できたとしても、患者が納得しなければいけません。安易なワンコイン500円徴収は、命取りになりかねませんので注意しください。

1ヶ月まとめて領収証を発行した場合は、保険分が3万円を超えたとしても収入印紙の貼付の必要はありません。
ただし、保険外分が3万円を超えた場合は必要です。

再発行について

医療費控除を受けられる方が領収証を紛失したため再発行を求められた場合、病院等と同じで領収証は再発行できません
必要に迫られ患者さんに領収証の再発行を求められた場合、領収証明書を発行してください。

明細書について

患者から明細書の発行を求められた場合には、発行しなければなりません。
療養費の算定項目が分かるものであることとなっているので、下記の様式を参照してください。
なお、明細書発行の費用は実費として徴収は可能です。
費用は、社会的に妥当適切な範囲でいただくことが常識であり、明細の入手を妨げるような高額な料金を設定してはならないものとされているので、発行が手間だからといって高額な金額を請求しないようにしてください。

★領収証の様式

★明細書の様式

まとめ

領収証発行のポイント

・必ず発行する
患者に「領収証不要」と言われた場合は、その旨をカルテに記載しましょう。
・再発行しない(再発行が必要な場合は領収証明書を発行)
・保険分、保険外をきちんとわかるように分ける
・領収証には施術所住所・施術所名・先生名・印鑑の押印が必須

明細書のポイント

・患者から発行依頼があったら必ず発行する
・高額な発行手数料を請求しない

入会・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
東北事務所 TEL 024-991-0032
東京事務所 TEL 03-5745-9030
大阪事務所 TEL 06-6315-5550
広島事務所 TEL 082-236-9696
福岡事務所 TEL 092-418-2200

入会案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ

関連記事