1. HOME
  2. ブログ
  3. 保険請求
  4. 【接骨院】生活保護受給者に施術を行うには

BLOG

よくある質問・ブログ

保険請求

【接骨院】生活保護受給者に施術を行うには

施術者は「指定施術機関」として指定を受ける

生活保護受給者の方は健康保険証を持っておらず、代わりに受給者証を窓口で提示されますが、健康保険証とは取扱いが異なります。

施術者が行う準備

まず、柔道整復師・はり師・きゅう師・あん摩マッサージ師は「指定施術機関」として生活保護法による指定を受ける必要があります。
指定を受けるには、指定を行う自治体へ申請書とその他必要書類を提出します。どのような書類が必要か事前に自治体へ確認しましょう。

患者さんには、担当のケースワーカーに接骨院にかかる旨を申し出て、必要な手続きを行っていただくよう伝えます。

患者さんが行う準備

患者さんは、担当のケースワーカーに接骨院にかかる旨を申し出て、ケースワーカーに施術の承認を得られるよう手続きを行ってもらいます。
承認を得ると施術券が発行されますので、ここで初めて生活保護受給者が施術を受けることができるようになります。

参考資料

◆受給者証(長崎県)

◆大阪市HP

生活保護法等による指定医療機関等に関する手続き

生活保護法等とは
生活保護法による指定を受けた医療機関等については、「中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立の支援に関する法律」による指定が自動的になされます。

この記事は参考になりましたか?

入会・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
お問い合わせ

入会案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ(組合員)

関連記事

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
読まれている記事新着の記事

音声で楽しむ!「全柔協ラジオ」続々配信!

東洋医学や柔道整復をもっと広め様々なシーンで接骨院を活用してもらうラジオ番組です。 全柔協の組合員(柔道整復師)がパーソナリティとなり、接骨院の施術現場の“生の声”を伝えることで東洋医学や柔道整復、接骨院をさらに身近に感...

柔整・鍼灸マの施術所はこれまで通り“保険証”が必要です

目次1 これまで通り「保険証」を持ってきてもらう2 患者さんにしっかりアナウンスを!3 早ければ令和4年からスタート これまで通り「保険証」を持ってきてもらう 令和3年10月20日※から、医療機関(医科・歯科)や薬局では...

【東京都】江東区 被保険者調査の実施について

江東区生活支援部・医療保険課より、令和3年6月から8月施術分を対象に被保険者調査を実施するとの連絡が組合員限定コンテンツです。 旧組合員ひろばのユーザー名、パスワードでログインしてください。ログイン後に全文が表示されます...
backspace
caps lock enter
shift shift
Virtual keyboard by Loderi.com   « » { } ~