1. HOME
  2. ブログ
  3. 接骨院経営
  4. 施術管理者が休職・退職する可能性がある場合はどうしたらいい?

BLOG

よくある質問・ブログ

接骨院経営

施術管理者が休職・退職する可能性がある場合はどうしたらいい?

日ごろから体調管理に気をつけていても病気やケガは突然やってきます。
施術管理者が長期入院や療養で休職、さらには退職することになった場合、特に注意するべき点があります。

  • 施術管理者不在の間、勤務する柔道整復師だけでは健康保険の取扱いができません。
  • (2018年4月~2022年4月は1年間、2022年4月~2024年4月は2年間、2024年4月からは3年間の)実務経験があり、施術管理者研修を修了している柔整師でなければ施術管理者になることができません。

すぐに後任を決めようと思っても、現在「柔道整復研修試験財団」の開催している施術管理者研修は優先度の高い方から順番に受講できるシステムになっています。
直近の申込日で予約できたとしても研修日はおよそ2カ月先となり、施術管理者研修を受講し「修了証」を手に入れるまでは施術管理者になることができません。

勤務する柔整師の方が受講する場合、現在の施術管理者が退職し勤務する柔整師が施術管理者になる予定があったとしても「人事異動」と見なされ優先度は最も低い④となります。
それでも受講できないと決まったわけではないので、施術管理者研修を申し込んでおくことをおすすめします(研修修了年月日から5年間有効)。
※すでに施術管理者が退職している場合、所定の書類をそろえることで優先度が2番目に高い②として申し込めます。

柔道整復師の方はご自身の体が資本です。
1年に1度健康診断を受診するなど、ご自身の健康管理にはくれぐれもお気をつけください。

組合員の方で施術管理者が休職・退職する可能性がある場合はすぐに全柔協にご連絡ください。

入会・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
東北事務所 TEL 024-991-0032
東京事務所 TEL 03-5745-9030
大阪事務所 TEL 06-6315-5550
広島事務所 TEL 082-236-9696
福岡事務所 TEL 092-418-2200

入会案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ

関連記事

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
読まれている記事新着の記事

【新型コロナ】家賃支援給付金

経済産業省は、新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた中小企業などの家賃負担を軽減するための「家賃支援給付金」の制度概要を公表しました。 申請の受け付けは7月中旬の見通しです。 ・中小企業などの法人には最大600万円 ...

【重要】レセプト提出7日必着・提出先は大阪事務所へ 2020年9月~

目次1 レセプト提出締切が毎月7日必着に!2 レセプトは大阪事務所へ送付!3 よくある質問 レセプト提出締切が毎月7日必着に! 現在、レセプトの提出期限を毎月5日(消印有効)としていますが、 2020年9月の提出分から7...

プレスリリース)日本最大の業団が主導する医接連携システムが提携医療機関を募集

全国4,000名の柔道整復が所属する全国柔整鍼灸協同組合では、2019年に組合員の施術所と医療機関が連携し、患者に最適な地域医療を提供することを目的とした医接連携システム・「全柔協 チーム医療」をスタートさせました。 現...