1. HOME
  2. ブログ
  3. 保険請求
  4. 施術管理者が休職・退職する可能性がある場合はどうしたらいい?

BLOG

よくある質問・ブログ

保険請求

施術管理者が休職・退職する可能性がある場合はどうしたらいい?

日ごろから体調管理に気をつけていても病気やケガは突然やってきます。
施術管理者が長期入院や療養で休職、さらには退職することになった場合、特に注意するべき点があります。

  • 施術管理者が退職等で不在になり次の方が施術管理者になるまでの間、勤務する柔道整復師だけでは健康保険の取扱いができません。
  • (2018年4月~2022年4月は1年間、2022年4月~2024年4月は2年間、2024年4月からは3年間の)実務経験があり、施術管理者研修を修了している柔整師でなければ施術管理者になることができません。

現在「柔道整復研修試験財団」の開催している施術管理者研修は優先度の高い方から順番に受講できるシステムになっています。
直近の申込日で予約できたとしても研修日はおよそ2カ月先となり、施術管理者研修を受講し「修了証」を手に入れるまでは施術管理者になることができません。

勤務する柔整師の方が受講する場合、現在の施術管理者が退職することが証明できれば優先度は④となりますが、退職の予定がない場合、優先度は最も低い⑤となります。
それでも受講できないと決まったわけではありません。
不慮の事故や急病などで、施術管理者が不在にならないためにも施術管理者研修を申し込んでおくことをおすすめします(研修修了年月日から5年間有効)。
※すでに施術管理者が退職している場合、所定の書類をそろえることで優先度が2番目に高い②として申し込めます。

柔道整復師の方はご自身の体が資本です。
1年に1度健康診断を受診するなど、ご自身の健康管理にはくれぐれもお気をつけください。

組合員の方で施術管理者が長期入院等で休職、さらに退職することになった場合はすぐに全柔協にご連絡ください。

入会・開業に関するお問い合わせ、ご相談等、お気軽にどうぞ
全国柔整鍼灸協同組合
東北事務所 TEL 024-991-0032
東京事務所 TEL 03-5745-9030
大阪事務所 TEL 06-6315-5550
広島事務所 TEL 082-236-9696
福岡事務所 TEL 092-418-2200

入会案内資料請求

無料セミナー・相談

お問い合わせ

関連記事

Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
読まれている記事新着の記事

【新型コロナ】緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金の申請について

目次1 接骨院・鍼灸院も一時支援金の対象2 給付対象3 給付額4 申請受付期間5 申請手続き6 緊急事態宣言が出なかった地域について7 一時支援金事務局 お問い合わせ先 接骨院・鍼灸院も一時支援金の対象 2月16日に要望...

レセコン 月報の出力方法を教えてください

組合員限定コンテンツです。 組合員ひろばのユーザー名、パスワードでログインしてください。ログイン後に全文が表示されます。組合員限定コンテンツについて既存ユーザのログインユーザー名パスワード ログイン状態を保存す...

4月から「総額表示」義務化 税込価格を表示しましょう

4月からは税込価格で表示を 2013年10月に施行された、条件付きで税抜き価格での表示を認める特別措置法がことし3月で失効し、4月1日からは本体価格に消費税分を加えた「総額表示」が義務づけられます。 それに伴い、自費施術...